2016年10月14日(金)放送、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」
13時55分~15時50分


高畑裕太を嵌めた被害女性が「文春の記事に反論」とミヤネ屋が報じ、話題になっている。




高畑裕太をはめた被害女性「ひとみ」は文春によって正体を暴かれ、被害女性と知人男性の正体が明かされているのも関わらず、今でも被害者の立場で高畑裕太の弁護士の発表したFAX内容にクレームを入れているようだ。



週刊現代が高畑裕太による行為の被害者の告白掲載内容は「文春の記事はすべて嘘」といった内容。示談の内容が不明だが、記事掲載や加害者弁護士によるコメント発表が示談書の示談成立後は「お互いの金銭支払い義務がないことを確認」し、異議を申し立てないのが前提になる。


示談する時に「示談後はこの件についてお互いにマスコミその他には何も言わない。」という約束は、必ずしているはず。




何のため1500万の示談金なのか?



なので、この被害女性は、この示談書の内容の違反に接触する可能性が高い。



高畑側の弁護士が出したマスコミにファックス内容、文春の記事、女性セブンの記事、フライデー記事、月刊『創』編集長・篠田博之の記事では、被害女性が虚偽の「歯ブラシ」を指摘しているため、被害女性の嘘は確定している。

2a213d18



なぜ、被害女性とかたるこの女性は今更反論したのか?


被害女性が今になって、又お金取ろうと言う考えの可能性が高い。これは暴力団の関係者のTからの入れ知恵の可能性もあるだろう。


d621bd4f




・週刊文春が報じた知人男性は元暴力団の44歳。

その人物は、日本3大反社会勢力○川会・前○一家のTという人物の可能性が高い情報が確定している。当サイトに寄せられた情報では、高畑裕太が泊まったビジネスホテルが、風営法の届けを出しており、ラ○ホテル営業の許可も得いていることがわかったこと。地元の群馬では、Tが犯人だと確定してる情報だった。






高畑裕太が泊まった前橋のホテルは、風営法の届けを出していて、無店舗型デリバリーサービスの指定ホテルに登録されている。
そして、2chなどの過去の書き込みで無店舗型のサービスを使用していた客が、サービスをうけた女性との会話中で「ビジネスホテルで働いてる」という証言を聞いていたという書き込みがあった。




要するに高畑裕太は、被害女性という名の商売の女性に手を出してしまい、ホテルぐるみでまんまと蜘蛛の巣にハマった被害者だったことになる。



Cs14Bi-VMAAk2zX




・被害女性の素性



当サイトにコメントで寄せられた情報によると、ヤフー知恵袋に常駐していたこちらの人物

アカウント名
hitomi123454321123454321

このアカウントが本物の被害女性に「とてもよく似ている」。当サイトでも確認してみたが、本物の被害女性と類似する点、一致する情報が多数確認できた。

c4246f02



http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_quedetail.php?writer=hitomi123454321123454321&page=6&flg=3&sort=2




・このひとみという人物が本物の被害女性?


・被害女性の住まいと同じ埼玉県在住(競艇の埼玉県戸田に行ける距離に住んでいる)

・44歳の既婚者で子持ち(週刊文春による情報で一致)

・浮気願望が強い書き込みが多数

・旦那とは夜の生活が久しくなく、若いイケメンと関係を持ちたいという多数の書き込みがあった

・鎖骨の上の凹みに「ワインを入れて飲んで貰っている」という書き込み。(誰に飲んで貰ってる?旦那?彼氏?客? )

・8月23日の高畑裕太の事件以降、書き込みがない


・専業主婦になりたいとぼやいている

。ひとみの自撮り写真の一枚にビジネスホテル制服ぽい黒シャツが映っている。

・何らかの資格の勉強をしているようで、仕事中に朝の6時まで勉強という書き込みがあったことから「時間に余裕がある」仕事をしている。(ホテルの夜勤務?)

・「私が計画立案、実証。成功したらその都度、金銭が貰える」という書き込み(ハニートラップ計画?)

・8月23日の事件後、8月26日退社。9月から保育士。



「ひとみ」というこの人物は、自分の体に自信があるようで、多数の胸を露わにした写真を公開している。2016年1月18日の投稿で「雪が積もっている」という朝の5時に投稿がされているが、高畑裕太の被害のあった群馬県前橋のホテルの朝の天気は雪。



yahoo知恵袋で書き込みをしていたひとみという人物が被害女性に限りなく近い。そして、このホテルに呼べる無店舗型デリバリーサービスに「瞳」という人物がいる。(瞳とhitomiも関東南部在住や重なるが同一人物かはまだ確証が出来ない)




・被害女性ひとみの虚偽の記事


週刊文春は他の新聞社・出版社、マスコミとは全く違い、独自の情報網を持っている。警察の隠ぺいや汚職を記事にするため、警察は文春とフォーカスだけは記者クラブに入れてもらえていない。それだけ、真相を記事にする雑誌のため、国家権力から疎まれている。


文春の文藝春秋社は、紀尾井町本社屋の家賃収入で資金的に潤ってるので、そういうのは気にする必要がない。文春の売り上げも好調で、アイドルから政治まで幅広く真相を追求でき、真相を暴く「正義の使者」として、根強い読者を獲得している。



今さら高畑裕太が一方的に襲って、恐怖を感じたと話しているが、これだけの虚偽の情報が出ている中、「エレベーターにも一緒に乗ってない」とだれが信じるのだろうか?。


被害女性が不満なら示談にしなければよかったはず。
暴力団のTを利用し、金を要求しといて今さら示談の公約を破り、さらに金を請求するために記事にしてもらったと考えられる。

1500万では満足できなくなっての反撃だろうが、この被害女性の行為は火に油。特定はさらに進むことだろう。



1:

1: