渡部  相手は誰 (3)


アンジャッシュ渡部建の記者会見について。

渡部建のしたことはあまり褒められたことではないが、凶悪犯罪者ではなく、それを煽るかのように誤った行動をしてしまった渡部をテレビでさらけものにしているようにしか見えない。



確かにあの会見は、今後も芸能界で仕事をしたいから自分で望んで開いた会見。

どうすれば復帰できるかを考え、また謝罪の効果を最大化し、自分のストレスや損失を最小化したいと狙ってやったもの。それだとしても、渡部だけを責めるのは問題である。




本来なら、相手の女性が身元不明のままだと信憑性も信頼性も無い不倫内容の情報なのだが、既に渡部が認めているので、不倫は事実。今回は渡部を売った相手は誰か、5chで特定できたようなので、5ch情報をまとめてみた。



■目次

渡部建の文春スキャンダルとは
渡部が相手の女性と行為をした場所は多目的トイレ
渡部の相手は誰?

渡部建の文春スキャンダルとは




渡部  相手は誰


記事内容

都内在住会社員の女性さんが「週刊文春」の取材に重い口を開く。
「たしかに私と渡部さんは、多いときには週2回ほど関係を持っていました。結婚後も別れることなく、トータルで30回は超えているかもしれません」  そのうち、渡部が密会場所として指定するようになったのが、東京都港区に聳える六本木ヒルズだった。



「彼は『地下駐車場に隣接した多目的トイレに来い』と言うのです。エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間に……。その後も彼はヒルズのトイレばかりを指定し、会える時刻を伝えると、地下2~4階にあるトイレを徘徊し、誰もいない階を確認した上で『地下○階ね。すぐ来て』と指示を出してくるようになったのです」(同前)




六本木ヒルズを管理する森ビルの担当者が困惑気味に話す。 「本来、多目的トイレは身体障害者の方などの利用を想定して設置されたもので(性的行為は)公序良俗に反する目的外使用に当たります。定期的に警備員が巡回を行っており、そうした行為を見つけた場合には、当然注意をしています」



前出・Xさんは渡部との逢瀬を振り返って言った。 
「彼は私のことを“性のはけ口”くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱って欲しかったと思います」  こうした複数の女性との不倫について取材を申し込んだところ、渡部は所属事務所を通じ、事実関係を認めた。 「ご指摘の女性と関係をもってしまったことは私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変反省しております。妻にも説明し、謝罪しました。誠に申し訳ありませんでした」 直撃取材にも応じた。




週刊文春









目次にもどる

渡部が相手の女性と行為をした場所は多目的トイレ




渡部  相手は誰 (2)

渡部が1万円を渡し、行為をした場所は六本木ヒルズにある多目的トイレ。





例えば、お金を支払い行為をする買春・売春なら、売春禁止法による「売春を助長する行為等を処罰する法律」の違反になる。しかし、二人の間で約束を交わした1万円で双方が納得して行われる「単純売春」は、取り締まりの対象にならない。




では、何が問題なのか?というと、多目的トイレに本来の使用目的以外で侵入しているので「建造物侵入罪」という立派な犯罪には該当する。





しかも、相手の女性は文春の取材に「一人の女性として見てほしかった」と証言しているので、双方が納得して行われた「単純売春」に該当しないことを主張している。だが、今回のこの渡部のケースのように、個人間で行うのは売春・買春も罰則がないので、犯罪なのに罰則がないところが渡部の小賢しいやり方が批判されている。










目次にもどる

渡部の相手は誰?





渡部のスキャンダルは犯罪行為ではあるものの罰則はない。


そもそも相手の女がリークしなければ誰も知らなかったこと。

しかも、渡部の不倫相手は不貞行為に加担したいわば加害者なのに、不倫相手も雑な扱いをされてかわいそうみたいな扱いはおかしい。文春に情報を売った時点で「怖くて断りきれなくて…」という感じではなさそうだし、5chでは渡部よりこの相手の3人人の女性たちに批判が集まっている。

渡部の相手は誰か5chが
渡部の相手は誰か5chが (2)
渡部の相手は誰か5chが (1)




渡部は相当なグルメ通だったので、そこから食通の社長や会長たちと仲良くなっていった。東スポによると、渡部はある会社経営者が主催する乱行パーティーに参加していたらしく、そこからこの遊び方の悪い趣向に走ったそうだ。なので、奥さんに飽きたから、ではなくて、自分がセレブだって勘違いしちゃってたのだろう。



世間に叩かれてるのは、佐々木希と結婚できたのにっていうのと、なんとなく遊び方に闇を感じて不潔、というのがあるのかもしれない。




そして、問題となる相手の女性は、最初からこの悪趣味な遊び方を知って近づいてきたのではないか?




文春の記事から察するに、この相手の女性の3人のうちの一人は、「妻の佐々木希と直接電話で話して裁判の話しをちらつかされて怖くなった」など、当事者しか分からない事を知人の話しとしてと書いてある。つまり、そんな事、簡単に他人に話す訳がないのだから、相手の女性本人がリークしたことだけは間違いない。





ちなみにこの相手の女性の一人A子さんは、30回以上渡部と会っている。

記事では「お前は特別だ」みたいなことを渡部が言ってたそうだし、そこから恋愛感情を持ったのかもしれないが、この女性は最初からトイレに呼び出されたわけでもなく、「そういった関係を望んで」この多目的トイレで待ち合わせするようになっている。



なので、「女性に対して失礼」というのはちょっとズレた意見。

現在、5ch情報では、複数の渡部の相手女性の名前が挙げられているが(特に1万円を渡されたという女性がYouTubeで動画で反論しているが、売名の可能性が高い)どれも決定的な情報に至らず、確定情報ではない。



奥さんの佐々木希はとっくに許してること、相方も受け入れモードで、不倫相手の女もただの共犯者。 スポンサー等への違約金も支払い済み、ビルの管理会社も不問としてること。実際に迷惑を被った多目的トイレの利用者もいない。



最後に残ったのが「半年も雲隠れして今さら会見を開いた」という、何とも薄味で根拠の乏しい批判だけ。



何より、1回1万円で数十回の関係をもちながら、その内容を雑誌社に暴露したA子さんについては、女性軽視と感じてる人が多いのが不思議でならない。小遣い稼ぎを繰り返してたA子さんは守られ、渡部だけ批難されるのは解せない。


本当に怒っている人なんて、ほとんどいないのかもしれないし、自分が何か被害を受けたわけでもなく、犯罪を犯したわけでもない。 皆が叩いてるから自分もそうしなきゃいけないと思ってる人達による偽の怒りだけなのかもしれない。







スポンサーサイト