志村けん 生きてる説 (2)
2020年12月28日(月) 放送、フジテレビ系「ドリフ・バカ殿・志村友達大集合SP」
18時30分~21時00分





新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさんと親交のあった豪華顔ぶれをゲストに迎え、特番を今夜放送。





志村けんのご遺族の話によれば、感染がわかって以降、見舞いにも行けず、亡くなった後でさえ、近づくこともできない。顔を見ることもできず、このまま火葬が行われるが火葬への立ち合いできなかったという。


コロナウイルスで亡くなった方、皆さんそうなのだろうとは思うが、防護服等の着用でそれらの業務に携わっている方もいるのになぜ立ち合いが許させなかったのか?





遺族は冷静にはいられないと考えられることから、思わぬ行動が、周囲への感染につながるようなことになるという懸念からだろうか?誰も志村けんが本当になくなったことを信じられず、5chでは生きている説が出回っている。





今回は、5chで噂になっている志村けん生きてる説についてまとめてみた。







■目次

志村けんのコロナ感染
志村けんのコロナ感染経路
志村けんは生きてる説
志村けん生きてる説はデマ?

志村けんのコロナ感染





志村けん 生きてる説 (4)




新型コロナウイルスに感染し、入院して治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが29日夜、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。




志村けんさんは3月17日にけん怠感などの症状が出たあと、東京都内の病院で重度の肺炎と診断されて入院し、25日に所属事務所が新型コロナウイルスへの感染を公表。 その後、治療が続けられていましたが、事務所によりますと、29日午後11時すぎ、新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で亡くなったということ。




志村さんは30日から放送が始まったNHKの連続テレビ小説「エール」では日本を代表する作曲家の役で出演することになっていて、今月6日にも収録に臨んでいました。 また、ことし12月に公開予定の山田洋次監督の映画「キネマの神様」では初めて主演を務めることになっていて来月から撮影が始まる予定でした。




しかし新型コロナウイルスへの感染を公表した翌日となる今月26日、所属事務所から出演を辞退することが発表。 このほか新型コロナウイルスの影響で延期されたこの夏の東京オリンピック・パラリンピックでは聖火ランナーに選ばれ、ことし7月に都内を走る予定でした。



志村さんは新型コロナウイルスによる肺炎のため、29日午後11時すぎ、東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。 発症から2週間ほどで亡くなる 新型コロナウイルスに感染した志村けんさんは、肺炎の治療を続けていましたが、病状は回復せず、発症から2週間ほどで亡くなりました。




所属事務所によりますと、志村さんは今月17日、けん怠感を訴え、自宅で静養を続けていました。 その後、19日になって、発熱や呼吸困難の症状が現れたため、翌日、東京都内の病院に搬送され、重度の肺炎と診断されて入院しました。 入院の3日後の23日に、検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が確認され、その後、人工心肺装置を使うなどして治療を続けていたということですが、29日夜遅く、都内の病院で亡くなりました。




JNN



今年2月に志村けん誕生パーティーしたとヨネスケが言っていたが、こういう集いが志村けんの感染につながったと否定できない。テレビは密室空間で感染者がいる事は間違いないが、志村けんと番組共演した芸能人濃厚接触者多数いることになる。




志村けんは3.17が発症日なので、3.15,16日は明確に感染力を持ったと言える。
NHKやNTVの収録に参加したのは3.5,6だったので大丈夫そうであるが、3.15,16日に志村けんと会話した人が感染した可能性は高い。報道によれば3.17以後は志村けんは動ける状態でなく、自宅で寝ていたそうだからその日以後は志村けんに関わった人は限られている。





志村けんは、感染前後の接触者は特定出来たが感染場所が不明のまま。感染後から数日は逆算で可能だか本人からの事情が詳しく聞けてないというこの事から、ある程度の関係者の濃厚接触者は絞り込めているのにも関わらず、発表はされて無い。




なぜ、発表しないのかについては、スポンサ-関係の問題、芸能関係者(所属事務所含む) TV各社の関係者や放送権の問題など様々。発表すると番組打ち切り、芸能人の仕事の影響などの処置が取られるのでスポンサ-への影響が一番と思える。









目次にもどる

志村けんのコロナ感染経路




日本でのコロナ感染者は、8割が無症状、あるいは軽い発熱だけでで完治する。
しかし、感染確認後の日数が空いても、まだ完治したと認められない。ウイルスが一時的に数を減らし症状が治まった状態で検査を受けると陰性とでることがあるが、その後身体が再度何らかの理由で免疫を落とせば再燃することもありえる。





要するに「感染はし、ウィルスが体内に入り込んだが、著しく増殖することができなかった。そのために発症はしない」。それは「病気になどなってない」ということ。体内で抗体産生が始まり、ウィルスはそのまま消滅。発症してもいずれ抗体産生が始まり、ウィルスは消滅する。




現在のところ、6-12日以内に抗体産生が始まるとウィルスはすぐに除去されるが、感染後消えるまでの中央値は20日、最長37日体内に残存した例が確認済みということ。




コロナは「治る」というより、いずれウィルスは体内で消滅するという解釈が正しい。




志村けんは、コロナ感染し「発症」した人だから、何かしら症状が現れ、検査をして「感染者」として認定された。たいていの人は、症状が現れるまでに「潜伏期間」があって感染していても無症状のままの時期がある。期間はざっくり言えば5日程度、長い人は二週間ぐらいある。




つまり、新型コロナは、感染しにくく罹っても欧米人より軽く済む可能性があるということ。
しかし、志村さんは50年にわたる暴飲暴煙生活(毎晩、六本木銀座のホステスの居る店で大酒を飲み、タバコは1日5箱100本吸う)から考えて、肺と肝臓と血管がズタズタだった。





年齢的なことと、「飲酒、ヘビースモーカー歴が長かったことが要因の一部かもれない」と言われているが、本当にそれが要因かどうか、それ以上のことは誰もわかっていない。





目次にもどる

志村けんは生きてる説





5chでは、志村けんの遺族も、そのご遺体を誰も確認していない状況から「志村けん 生きてる説」を信じる人が多い。


志村けん 生きてる説


新型コロナの死亡者は12月時点で3122人。
これは、2019年の交通事故死亡者3215人と同じ人数程度。コロナがここまでショボい毒性であることを考えると、志村けんが本当にコロナで死んだというのは考えづらい。


ちなみに日本でのコロナ重症者割合(%)は
10歳未満 0
10代 0
20代 0
30代 0.2
40代 0.8
50代 1.9
60代 8.0
70代 6.4
80代以上 2.4


交通事故死、毎年約4千人
窒息死、毎年約4千人(1月だけで約1300人=年寄りの餅が原因では?)
自殺者、毎年約2、4万人。


失業率や景気悪化で自殺者が増えるのは、この数値でわかっている。
インフルエンザによる死亡、毎年約1万人のうち、インフルエンザに感染した事で、持病が悪化して亡くなる人は約6千人。インフルエンザそのもので亡くなる人は約3千人~4千人。



なので、インフルエンザ系で亡くなる人は毎年約1万人。
メディアは、騒ぎまくった方が外出が減って視聴率が稼げる。なので、 煽れば煽るほど、テレビ出演できる専門家や医師は稼げる。煽られれば煽られるほど、マスク販売業者、医療用品メーカーは稼げる。アルコール製造会社だけでもさて、どのくらい利益を上げか、誰もがわかること。



そして、各国の製薬会社はワクチン開発で莫大な利益を上げる。
そういう奴らは、一時の利益欲しさに国が経済で追い込まれたら、ゆくゆくは自分に跳ね返ってくるとか、それは考えていない。 巨額の富を手にできたら、そんなことはもう自分には関係ない。



マスコミは毎日新型コロナの感染者数を報道し、交通事故を減らす為に自動車の販売規制をしろとは誰も言わない。


明らかに、コロナ自粛を完遂させるために「志村けんが利用された」としか思えない。 日本人の多くは、風邪なんか引いたら引いたでなんとかなるという考えの中で生きてるので、ウィルス系の脅威を植え付けるのはかなり大変。





そこで、志村けんは間違いなく利用された。
ならば、「志村けんまだ生きてる」という説が出てくるのも納得できる。事務所が発表しただけなので、本当にコロナ陽性だったか不明だし、別にコロナ以外でもただの肺炎だったとしても簡単に重症化の確率は極めて高い。




小池都知事も「志村さんの死からコロナの怖さ知ってくださいね」という発言もつまり、緊急事態宣言を出すキッカケに志村けんを利用した。

志村けん 生きてる説 (3)


つまり「志村けんはコロナプロパガンダのために消された」と思っている人が、5chを中心に、志村けん生きてる説を信じるようだ。




目次にもどる

志村けん生きてる説はデマ?




志村けん 生きてる説 (1)


著名人や芸能人には、死亡説や生きてる説はつきもの。

元ルナシーの河村隆一もバイク事故死説が流れたことがあったし、(東京女子医大にファンが殺到してマスコミも来て、ファンが詳細を話したためスポーツ新聞に載った)実際の本人は地方でレコーディング中だったらしい。



松坂慶子も20年以上前にクリネックスティッシュのCMに出て、その後、そのCMが都市伝説になり“出演してた赤鬼役の子が焼死し、松坂さんも精神を病んで亡くなった”と言われていた。もちろん、本人はお元気。





志村けん美談ばかりの中、批判承知で書かせてもらうと、3月は皆自粛してた時期。

志村けんの場合は、夜の繁華街で感染した可能性が大きいので、志村けんから他の芸能人等へ感染した可能性も否定できない。若者たちが街へ繰り出すと批判するのに志村けんならいいのか?首相や知事はトップとして様々な決断もするが、最終的に自分を守るのは自分自身。



業務中や通勤等普通の行動範囲の中でなら仕方ないけど、夜の繁華街で感染したとしたら完全自己責任。コロナがきっかけだけど、タバコにも原因にあるので、もう少し早めに吸ってなかったらまた違った結果だったかもしれない。
















スポンサーサイト