逃走中 やらせ 事故 (2)
2021年1月2日(土) 放送、フジテレビ系「逃走中×千鳥のクセがスゴいネタGP」合体5時間SP
18時30分~21時30分



『千鳥のクセがスゴいネタGP』と合体5時間SP。
2020年の逃走中でやらせ疑惑が浮上したEXIT兼近大樹が再び参戦。兼近は、前回の放送で、終盤に2回ハンターに追いかけられてたが、画面切り替わる直前になぜかハンターが減速。そして最後、ハンターに追いかけられてるとき3メートルぐらいまで接近されてたのに、画面が切り替わった途端まったくハンターの影すらなかった。


逃走中 やらせ 事故 (3)




兼近がいくら足が速いとはいえ、それを追うカメラマン、スタッフの3人は、ハンターを10メートル以上も引き離す脚力があるとは思えず、やらせ疑惑がネット上で話題になった。




他にも逃走成功した新庄は、最後の1分で、見つかった時など至近距離にまでハンターに追い付けられたけど、何故か視界から消え去った。動画で見る限り、あり得ない距離だったし、新庄自身、やっぱり走る速度は遅かったのにもかかわらず、逃走成功し、5chでは十中八九やらせと言われている。



逃走中 やらせ 事故 (6)

今回は、逃走中で兼近は本当にやらせがなかったのか?5chの情報をまとめてみた。




■目次

逃走中とは
逃走中は人気番組
逃走中やらせ証拠や放送事故
兼近の逃走中はやらせ?

逃走中とは









2004年(平成16年)からフジテレビ系列で不定期に放送されているサスペンス・ゲームバラエティ番組、通称『逃走中』。




早朝の街中や、番組が借り切ったテーマパークやショッピングセンター等を舞台にして大規模な鬼ごっこを行う。基本的に単発放送であるが、2007年4月-9月は『クロノス』にて計4回、同年10月-2008年3月は『ジャンプ!○○中』の1企画として計5回放送された(詳細はそれぞれの項目を参照)。



また、2012年からは派生ゲームとなる『battle for money 戦闘中』の放送が開始されており、時期によっては逃走中と並び2週連続で放送することもあった。 もともとは「結末のわからない構成の番組を作りたい」ことから始まり、そのフォーマットとして各種スポーツを参考にしており、リアルタイム風の演出として放送中はタイマーが常に表示されている。



参照wiki


今回の逃走中2020出演者は、 吉田沙保里  那須川天心  オカダ・カズチカ  伊沢拓司  菊田竜大(ハナコ)  エミリン  ひめちゃん  おうくん  杉野遥亮  目黒蓮(Snow Man)  高地優吾(SixTONES)  加藤史帆(日向坂46)  東村芽依(日向坂46)  兼近大樹(EXIT)  りんたろー。(EXIT)  長田庄平(チョコレートプラネット)  松尾駿(チョコレートプラネット) 柴田英嗣(アンタッチャブル)  中山秀征  キッズ逃走者





目次にもどる

逃走中は人気番組







1番多くの逃走中が放送された年は、2007年の年9回。
月1ペース(月2回でも24回)より少なく、不定期の放送が多い。視聴率もいいのに、なぜ放送ペースが遅いのか?というと、逃走中は、一回の放送で制作費約1億円を投じているため、頻繁に放送できない。



フジテレビも潤っていた頃は何度も放送できたが、最近ではフジテレビの業績悪化に伴い、製作費がかかる逃走中の放送頻度が少なくなっている。




「人気タレント」を起用すると、前述の通り、制作費(週刊誌情報では約1億円)だけでも莫大にかかるので、旬のタレントを呼び込めるほど金がないフジテレビでは、放送回数を増やすことが難しくなってしまった。



収録時間云々よりも準備の段階が必要で、その準備だけでも大変。
地方なら移動しセットを用意、東京近郊なら施設を借りると費用がかかりすぎる。街中は放送の時間帯は早朝明け方しかなく、あんまり長時間よりも1時間ぐらいじゃないと人が多くなる前に終了させないといけない。そういう環境下でたまにならともかく、人気のある人を毎回呼ぶの無理がある。




過去の深夜の1時間程度の逃走中でも、1年で12回以上逃走中をやっていたことなんてなかった。全盛期でも月1ペースですらない。一番多く逃走中をやった(前後半2週でわかれているものも併せて1回とする)年もクロノスやジャンプ〇〇中のあった2007年の年9回放送が最高なので、人気番組でもそういった裏事情があり、放送回数が増やせない。




ちなみに逃走中のハンターは、公式サイトで一般募集されており、ハンターになるには、まず条件がいくつかある。



逃走中の公式サイトでの不定期のハンター募集は、オーディションを受けて、そのオーデションに合格すると逃走中のハンターになれるが、出れたとしても大抵は30体とかの大量放出系のミッションにしか出れないようだ。






目次にもどる

逃走中やらせ証拠や放送事故









逃走中は放送されるたびに「やらせ」疑惑がネットで話題になる。


記事内容

1月5日に放送された特番『逃走中』(フジテレビ系)でハプニングが起こった。

視聴者はスタッフの失態だと指摘。この日の劇的な展開に「ハンターに指示を出したのでは」「ヤラセでは」などと呆れる声も続出している。 この日はHIKAKIN、藤田ニコルら常連メンバーに加えて、ラグビー日本代表の福岡堅樹選手ら計18人が参戦。東京の沿岸エリアにある巨大商業施設を舞台にハンターから逃げ回った。



番組では、健脚でならす福岡選手が残り2分になってハンター3体に囲まれる事態に。
最後の最後で捕まり、高額賞金の獲得を逃す劇的な展開となった。結果、お笑いコンビ『ミキ』の昴生1人が108万円を獲得した。 視聴者の間では、逃走中の福岡選手が打ち込んだ「暗証番号」が話題となっている。途中、パルクール場でハンターと1対1となり、1分間逃げ回れば暗証番号を得て、ハンター10体の放出を阻止できるという企画が用意された。




これに福岡選手は成功してモニターには暗証番号「896」が表示された。 福岡選手は暗証番号をテンキーに打ち込んだが、表示された数字は「869」。モニターに表示された画面と、福岡選手が打ち込んだと思われる番号が異なっていた。

逃走中 やらせ 事故 (4)



しかし「クリア」と表示され、結果的にハンターの放出を免れている。 「数字違くない?」「ヤラセ感半端ない」 暗証番号が異なるハプニングに「番組サイドのミスだ」と評する視聴者が続出した。



まいじつ



2020年8月30日放送の「逃走中〜真夏のハンターランド」でEXITの兼近が逃走成功した時もそうだったが、ハンターは逃走者本人が見えた時だけ追いかけるよう指示を受けている。逃走車の周りにいるカメラやスタッフが見えても、それは基本的に無視をする。でも実際にカメラが見えれば、その側にいる逃走者はどうしても見えてしまうので、その辺は空気を読んでハンターは行動している。




そのあたりがルールと言えるかどうか判らないが、演出とやらせのギリギリの所にある決まりとしては、最初の内は芸人やバラエティータレントを捕まえて、人気者の俳優や女優は出来るだけ長く逃げさせるように、最初の内は中々捕まえず、あと15分位になってからバタバタと捕まえるように演出(やらせ)されている見えた。



兼近が出演した回も、実際にハンター達は皆イヤホーンで動きを指示されているのでは無いかと思われる行動を取っているように見える。「誰誰が何処にいるからそろそろ捕まえろ」とか、「暫く泳がせろ」とか言われているように、兼近や新庄は発見されても逃げ切っている。


勿論、それだけでやらせの証拠が有る訳じゃ無いが、今までずっと見て来た中で、「ハンターが途中から画面が消える」ということは、「やらせがある」そう考えると納得出来る動きが多かった。







目次にもどる

兼近の逃走中はやらせ?







EXITの兼近は自身のTwitterで「逃走中はやらせではない」とツイートしていた。


しかし、上記にも記載した通り、ハンターが途中から消える演出やふわちゃんを20人ぐらいのハンターが一斉に追ってきたのはやらせを疑いたくなる。



逃走中での新庄の回も、すぐ捕まって復活させてもらってもミッションに参加せず。
最後のほうで、ハンターに見つかった時の走りはおじちゃん走りだったのにもかかわらず、足の速いはずのハンターが新庄捕まえることができず、見逃している。

逃走中 やらせ 事故 (6)

逃走中 やらせ 事故 (1)


特に新庄の時は「ハンターが急に止まった」ので、やらせというかゲームオーバーじゃ盛り上がらないから逃げ切らせるため、「見失った」ような演出にした可能性がある。




ちなみにハンター役の人は、エキストラの派遣事務所所属の人がほとんど。さらに言えば本当に身体能力の高い人ばかりを選んでいるとか。陸上系が多いようだが、人によって違うから様々な運動や球技をやっていたりしている。



実際ハンター役のオーデションを受けたりとか逃走中の番組スタッフでもないので詳しくは知らないが、5chで応募した人の書き込みでは、こういう条件があるらしい。

・50m走6秒5以下
・20mシャトルラン125回以上
・1500m走10分以下
・身長180前後(175以下NG)
・スピードを抑制できる
・喫煙者NG



元々運動神経のいい人で普段から体を鍛えている人であることなのは間違いない。なので、新庄に追いつかないということのほうが難しいこと。





やらせと過剰演出の違いがどこからか?という根本的な問題は置いておいて、所詮「バラエティ」。 大体あんなに一杯カメラマンや音声を引き連れているのに、演者だけ隠れてあんまり見つからないのは普通あり得えない。 ハンターがイヤモニ付けてるのも、当然何らかの指示を受ける為だし、こういったフィクションバラエティはそんなもんだと思って楽しむのが一番いいのだろう。









スポンサーサイト