E69CA8E69D91E68B93E59389-2
1月15日、日刊ゲンダイの「芸能記者稼業 血風録」の中で登場した、キムタクと交際のしていた「かおりん」が注目され、ネットで話題になっている。




元SMAPのキムタクは当時、人気絶頂だったのに堂々と彼女いることを公言し、かおりんはファンからの評価が良かった。一方、結婚した工藤静香といえば、キムタクとできちゃった婚であり、当時は大物芸能人とスキャンダルばかり報じられていて、元SMAP解散騒動では解散の元凶とバッシングの対象となった。



もし、キムタクがかおりんと結婚していたら、SMAPの未来は大きく変わっていたのではないか?





今回は、日刊ゲンダイの記事「芸能記者稼業 血風録」で語られたキムタクとかおりんの破局理由や現在の旦那についてまとめてみた。




■目次

キムタクとかおりん
かおりんとは
かおりんとキムタクの交際はジャニーズ事務所では異例だった
キムタクかおりんの破局理由とは
かおりんの現在と旦那のインスタ

キムタクとかおりん





記事内容



ジャニーズのスキャンダル対策の陣頭指揮を執ってきたのがメリー喜多川副社長だった。
タレントを「うちの子」と呼び、外敵(メディア)から徹底的に守ってきた。アイドル生命を左右する恋愛に関しては「恋愛を取れば人気も仕事もなくなるわよ」とタレントに諭していた。




それでもアイドルも男。年頃になれば好きな子ができるのが自然。
フォーリーブス時代から女性との話は染み出すように出てきていた。特に女性誌にとってアイドルの熱愛は売り上げにつながる目玉だ。力を入れるようになったが、確かな話を揃えなければ、「どこにそんな証拠があるの」とメリー氏に突っぱねられるのは目に見えている。



多忙極めるアイドルの行動把握は難しく、週刊誌も機動力があった時代ではない。ひとりでコツコツと地道な取材活動も少なくない。そう簡単に証拠は見つからない。


それを痛感したのが90年代、まことしやかに報じられていたというより噂ばかりが先行していた木村拓哉と通称“かおりん”と呼ばれる女性の交際だった。

 

SMAP人気が右肩上がりの時期、ファンから端を発したかおりんとの熱愛。日増しに信憑性は増し「結婚するのでは」という話まで出ていた。



ジャニーズのネタは意外とファンから入ることを実証した例でもあったが、具体的な交際実態もツーショット写真もあるわけではない。事務所も完全スルーしていた。それでも信憑性は増すばかり。「モデルの仕事をしていた」といった話を手掛かりに周辺を取材するとおぼろげながらかおりんの輪郭が見えてきた。



ツーショットチャンスを狙うより、彼女を直撃して真意を確かめるほうが早いと判断。接触の機会を探した。住まいもわからず杳として進まずにいたなか、ようやく直撃する貴重な機会があった。



ある秋の土曜日だった。原宿駅前の特設会場で開催されるモーターショーにかおりんがモデルとして出ると聞き現場に向かった。マツダのブースだったと記憶する。かおりんがいることを確認。遠目から見てもミニスカートから伸びた美脚と笑顔がすてきな美人だった。



直撃するタイミングを待った。夕方、ショーが終わり控室に戻るところを直撃した。すでに聞いていたフルネームで彼女であることを確認。「木村さんと付き合っていますよね」と聞くと、「えっ」と笑いを浮かべながら首を振り、足早に去って行った。取材にはならなかったが、ようやく噂のかおりんに当たっただけで満足するような貴重な体験だったと今も思う。



2人は9年近い交際だったというが、結婚には至らず破局を迎えていた。破局後のかおりんにもメディアは「なぜ、別れたのか」に関心を持ち、彼女を探す動きもあったが、やがてそれも沈静化していった。


木村はその後、工藤静香と2000年に電撃結婚。自ら囲み会見で結婚を報告し、大きなニュースとなった。それはジャニーズ内の恋愛・結婚に関する革命となっていった。
(二田一比古/ジャーナリスト)


日刊ゲンダイ





目次にもどる

かおりんとは


キムタク かおりん 破局理由 (5)

伊藤香里

愛称・かおりん
生年月日 1972年4月12日
出身 神奈川県
身長162cm
所属「スターダストプロモーション」





モデルとして活動していたが、1990年頃に木村拓哉と知り合い、交際に発展。その後まもなく二人は同棲。1994年に週刊誌にスクープされるが、木村拓哉は交際を隠すことなく、生放送でも「交際している人はいる」と堂々の交際宣言をしてファン公認のカップルだった。




当時の週刊誌でもキムタクとかおりんはよく二人で飼い犬を一緒に散歩する姿をスクープされており、SMAPで「最初の結婚するのは木村拓哉とかおりん」と言われていたほど仲が良かった。




実際に当時、アイドルの恋愛を許さないジャニーズ事務所でも、かおりんとキムタクの交際について、許容していた部分があったようで、明言こそしないものの「プライベートは本人に任せている」と回答していた。







目次にもどる

かおりんとキムタクの交際はジャニーズ事務所では異例だった







ジャニーズは、基本的に恋愛は容認しているが、誰でも結婚や交際をしていいわけではない。



特に素人の女性は、リベンジポルノで交際中の画像やネタをある事ない事を盛って週刊誌に売るので、「口の固い芸能事務所の芸能人でない」と交際を認めない。それも売名行為をするタレントなどは、絶対事務所は容認しない。



ジャニーズに恋愛禁止というルールは基本ないが、暗黙のルールとして禁止されている。例えば、jrの場合、熱愛報道をされることはないが、人気が出てくるまえに相手との関係を終わらせるように言われるそうだ。



「ONE OK ROCK」の森田貴寛は、ジャニーズjrの時に山下智久などとNEWSでデビューする時に付き合ってた彼女に「山Pとかとユニットを組んでビッグになる、俺の名前に傷が付くから別れてくれ」と言ったという。その言葉に元彼女が腹を立て、写真週刊誌にラ○ホでの記念写真(元カノはモザイク)を売られ、清純派を好むジャニオタの反感を買い、事実上の解雇になった。




恋愛禁止ではないが、アイドルとしてせっかくファンが増えたのに減る可能性があり、グループデビューできなくなるので、「ファンが減るとメデイアに出る機会が少なくなり、ジャニーズjrとして活動ができなくなってしまう」 という意識を持たせるために、「ジャニーズjr=恋愛禁止」という暗黙のルールがあると広まった。





そして、デビューしているメンバーはほぼ未成者というと、デビューしたてのグループは人気を上げたいので基本スキャンダルを出してはいけない。



その二つから、「未成年者=恋愛禁止」という意識が定着した。

実際、デビューしてしまえば、ジャニーズは恋愛に関してそこまで厳しくないのだろう。キムタク、赤西仁、風間俊介、TOKIOなどもデビューしてから結婚している。




要するに禁止かどうかはその人によるということ。
AKB48は、それを売り文句的にしてるだけだが、それでも人気絶頂だった当時、キムタクがかおりんと交際を公言することは異例だった。






目次にもどる

キムタクかおりんの破局理由とは






日刊ゲンダイにはキムタクとかおりんの破局理由が詳しくは書かれていないが、キムタクとかおりんは、1999年に破局している。




現在では考えられないかもしれないが、マスコミ各社に破局に至ったことをFAXでコメントし「今年の初め(1999年)くらいから、二人で話し合い、結論をだしました。一個人として、彼女には大変感謝しています。そして幸せになってほしいと、願っています。」と、かおりんと別れを告げたことを発表した。




破局に関する真実の情報は無いので「ジャニーズ事務所が圧力をかけた」と噂になったが、実際はジャニーズは交際を認めていた。




この破局がきっかけで、2000年にSMAPが出した曲「オレンジ」を好きな木村拓哉は、この元カノのかおりんのために「歌詞を変更した」といわれている。


キムタク かおりん 破局理由 (6)



「オレンジ」が発売になった年は、木村拓哉が元カノ「かおりん」と別れた翌年に発売されたもの。「オレンジ」は、a面の「らいおんハート」よりもファン人気が高い。キムタクは、最後の歌詞を「さようなら」から「ありがとう」の変えたという話は有名で、この変更は「かおりん」への思いから変更したのではないか?と都市伝説として語られている。




キムタクにとって、「オレンジ」は大きな曲になっており、カオリンはSMAPメンバーやファンも応援されていた、貴重な「キムタクの彼女だった」ということがわかる。

かおりんとキムタクの交際は、ファンが離れるどころか、SMAP人気に大きく貢献した。
そんなかおりんと破局してしまった理由が、工藤静香と言われている。


キムタク かおりん 破局理由 (3)


かおりんと破局してから翌年の2000年12月5日、木村拓哉と工藤静香は出来ちゃった結婚(当時妊娠4ヶ月)している。当時、工藤静香もアーティストとして全盛期で、週刊誌なのどゴシップの標的となっていた。



工藤静香の男性遍歴は「次々と男を変える」イメージが定着し、おニャン子時代の後藤次利を筆頭に、田原俊彦(親友の中山美穂から略奪)、石橋貴明、諸星和己、的場浩司、yoshikiまで交際の噂があり、そしてキムタクと出来ちゃった婚をしている。


工藤静香は芸能界で「立ち回り」が上手く、芸能大手事務所バーニングの重鎮・周防郁雄とも仲が良かったという。その関係から、ジャニーズの女帝・メリー喜多川と仲良くなったり、芸能界の大物に気に入られていた。



そこら辺がかおりんとは大きく違い、キムタクと「別れさせられた」わけではないが、キムタクを略奪できたといえる。




元々キムタクが、工藤静香のファンだったそうで、まだそれほど売れていないSMAPも先輩グループのバックダンサーで紅白に出演し、工藤静香にキムタクが声をかけたのがきっかけ。その後、SMAPが大ブレイクし、キムタクも工藤静香からキムタクに接触し、「サーフィンを教えてほしい」と誘ったことから、交友関係が始まった。


キムタク かおりん 破局理由 (4)



工藤静香は当時、酒井法子に紹介されたプロサーファー・ヨシキと付き合っていたが、
日本に帰って来てキムタクとかおりんが別れてすぐに、その相手をあっさり捨てキムタクと交際。キムタクも工藤静香が好きだったこともあってか、一気に距離が縮まったそうだ。






工藤静香は最初からキムタクを狙っていたのだろう。

工藤静香の男性遍歴を見るだけでも、大物転がして「自分の思い通りにする」手腕に長けてる。工藤静香がかおりんから奪ったかどうかは不明だが、時期的にみると、どうしても工藤静香が関係しているとしか思えない状況があるようだ。







目次にもどる

かおりんの現在と旦那のインスタ






5ch情報では、かおりんこと伊藤香里さんはキムタクと破局後、キムタクと別れる時に手切れ金を渡され、そのお金で「海外にバーのようなお店を開いた」と噂になっていた。



実際は破局後、日本に生活していたようで、ヨガインストラクターをしている柳本和也さんと結婚し、子供たちと仲良く暮らしているそうだ。

キムタク かおりん 破局理由 (1)





当時のファンは、「なんで長い間付き合った彼女のかおりんをそんなに簡単に捨てられるのか」と疑問に思った人が多かったそうだ。 特にキムタクファンじゃない人でも、かおりんという人の存在は知っていたぐらいだし、割と週刊誌などでも報じられていたから、今でも多くの人が知っているのだろう。



当時は、キムタクのドラマの放送時間は街中から年頃の女性が消える(皆キムタクを見るために家に帰るから)、なんてような事が言われてた程、あまりにも社会現象的に人気絶頂だった。



そんな人気絶頂のキムタクでも、ファンはかおりんなら結婚しても許す的な認識であったと記事などでよく目にした。(
しかし、直にそういう意見を聞いたことはないのでどこまで信頼できる内容かは不明)




ただ、工藤静香との結婚は、人気が衰えることのない時期だったこともあり、ファン以外は驚きでしかなく相手がどうこうということはなかったのは確か。今では嫌われ者の代表的な存在になっている工藤静香だが、キムタクと結婚する数年前までは80年代後半から90年代を代表する歌手。今では、毎日子供の画像をアップしてたり、デビューを高級ブランドの広告というプロデュース力、なにかを掴むことに物凄く長けてる。



かおりんの今も、旦那さんのインスタで見る限り、子供たちと幸せな家庭を築けている。
工藤静香はキムタクと結婚してから、注目されることが多くなり、前々から嫌ってた人の声が取り上げられるようになり、キムタクファンの人からも、新たに嫌われるようになったりと、どっちが本当に幸せなのかは、一目瞭然かもしれない。



スポンサーサイト