鮫島配信者死亡 (2)


ニコ生で人気配信者だった鮫島が死亡したのではないか?と5chで話題になっている。
鮫島の姉・のぞみさんもニコニコ動画で配信者として活動していたが病気のバセドウ病という不治の病で車椅子生活を送っていた。そんな辛い境遇の中でも鮫島はニコニコ動画で基本的に無償で視聴者を沢山楽しませていたので、今回の訃報は5chで多くの人から惜しまれている。




今回は、鮫島配信者死亡説の噂についてまとめてみた。





■目次

鮫島(さめじま)とは
鮫島配信者死亡説
鮫島配信者死亡は嘘の可能性
ヒカルと井川氏の逮捕
ヒカルと井川氏の逮捕

鮫島(さめじま)とは


鮫島配信者死亡 (1)



鮫島(さめじま)とは、インターネット上の配信者。
2008年~2013年にかけて11個以上のコミュニティを代えているため、今現在どこで配信しているか把握できていない人も多いが、ツイッターにて配信情報を知ることができる。長らくスティッカム、ニコニコ生放送で配信を行っていたが、2013年の終わりごろからFC2ライブでの配信がメインとなっている。



概要 非常に問題行動が多いことで知られ、彼を嫌う人間も数多く存在する。

簡単に言えば、鮫ジマシンガン、日本の最底辺等紹介するのも鬱陶しい程の数のリアルタグを持つ29歳新聞配達員の男である(声だけだと中学生と勘違いする人もいるが)。 雑談やゲーム実況が中心だが、他配信者と関わると徹底的に攻撃・粘着する。 個人情報晒し、ゲハ自宅にデリヘルを勝手に呼んだり、ウナちゃんマンの自宅にリア凸し落書き、渋谷のキング自宅に電凸等、イタズラ通報、脅迫、〇人予告など多数。




鮫島の名の由来はウルティマで鮫島を使っていたことから。 極端に早い脳の回転(悪い意味で)、相手の話なんぞ別次元に捕らえることの出来るスキルを所有している。過去にはzero、ガイル、生命体等とスカイプを通して口論をし多方面でトラブルを抱えていた。



2014年1月の時点では、FC2ライブで配信を行っている。



参照wiki


目次にもどる

鮫島配信者死亡説






鮫島は、気に入らない配信者の家のガスや電気を本人に成りすまして解約したり、頼んでもないデリヘルを配信者の家に呼んで警察沙汰なったり、火事でもないのに配信者宅へ消防車呼んだり、勝手に法事レベルの寿司を代引きで送りつけたりと過激なことやってきた現在で言う迷惑系YouTuber。



なぜ、このような行為に及んだか?というと、この人の目的は配信引退に追い込むことらしく、なかなか引退しない配信者にはこういった方法で相手の心を削っていくというものだった。ひどいときは両親の勤め先にまで行って迷惑行為をすることということまでしてたので、狙われるとやっかいな行為をしていただけに、一部の過激的な行為を好む視聴者から人気があったものの敵も多かった。












2020年1月23日、2020年になってから配信がめっきり減った鮫島だったが、一部の鮫島リスナーから近況報告がSNSで拡散され、1月16日に自〇をしたという噂が出回った。



5chでは、本当に自〇したのか、鮫島の家の近くの葬儀場に本名で問い合わせしたが扱っていないと対応されたが、従兄弟のユージさんがTwitterで「すべて事実です」と認めており、一部視聴者が確認に来ることから「家には来ないようにしてください 」と注意を呼び掛けている。すでに、火葬は終わっているようで、なぜ報告しなかったについては「皆様に知ってもらうことはない」とのこと。







従兄弟のユージさんが鮫島配信者の死亡を認めているので、5chでは確定情報として噂が広まっているようだ。





目次にもどる

鮫島配信者死亡は嘘の可能性



鮫島配信者死亡 (3)

映画化にもなる鮫島事件は都市伝説であり、架空の事件だが、この鮫島配信者は過去にリスカを行ったりと、視聴者を喜ばすためだったら過激な行為を平気で行ってきた本物の事件。




YouTubeなら今現在削除去れてないものがあるが、血は吹き出ましたが放送中にほぼ止まっている。(BANされた)コミュニティは数時間後自ら?か閉鎖したり、復活したりを繰り返し生きていた。




鮫島のように大手や中堅と言われる配信者は、ニコニコ動画時代から数年配信を続けている。一年ほぼ毎日配信をし、一日数時間しゃべっている。そうなると、流石に話内容が無くなり、ループトークになるのは仕方がないこと。ツイキャスでは爆発的に人気があるコレコレでさえループはあるし、雑談をしている配信者は必ずそうなる。




昔は面白かったのに今はつまらないと感じてしまうのは配信者がつまらなくなったのではなく、聞いている主の耳が肥え刺激に耐性がついたから。




一言で言えば配信に飽きたという事。

企画を考え外へ出たり中には過激になり警察芸をしたりと、配信者は飽きられないようあの手この手を考え、 飽きがきたリスナーを引き留めておく方法の一つに過激な行為を行っている。



過去、鮫島の犯罪行為は、偽計業務妨害と脅迫(殺害予告・自殺教唆)強要、住所特定、住居不法侵入、建造物損壊等有り、過去に飛び降りに切腹配信もやっているし、ほかにもっと酷い配信をしているので、今回も同様誰が見ても演出とみる人もいる。




しかし、真相を知っている従兄弟のユージさんが鮫島配信者が死亡を認めているので、これ以上の情報は出てこないだろうが、鮫島は平気で自分の死亡をネタにする人物だということは理解したほうがいいだろう。





スポンサーサイト