長浜市の元大学生が性的暴行

4人の女子高校生への性的暴行を行った長浜市の元大学生の男(20)が5chで話題になっている。



長浜市の元大学生の場合は、未成年での実刑の判決。判決時に未成年でありながら、5年の懲役刑は刑が確定したのに、実名が報道されないことで、ネットでは特定作業が行われている。





今回は、長浜市の元大学生は誰か5chの情報をまとめてみた。




■目次

長浜市の元大学生の性的暴行
未成年の実名報道
長浜市の元大学生で性的暴行した人物を5chが特定?

長浜市の元大学生の性的暴行





記事内容

4人の女子高校生への強制性交や強制性交未遂の罪に問われた長浜市の元大学生の男(20)に対する判決公判が25日、大津地裁であった。  



大森直子裁判長は「1人でいる女性に狙いを定めて犯行を繰り返しており、強い非難に値する」として懲役5年6カ月(求刑懲役6年)を言い渡した。  



判決などによると、男は2019年9月から20年9月にかけ、道路などを通行中だった当時15~16歳の4人に対し、「自転車がパンクしたので見てほしい」などとうそを言って人気のない場所に連れ込み、暴行を加えるなどした。  



この日までの公判で検察側は、男が「(少年法の対象となる)未成年のうちにレ〇プをいっぱいして20歳になったらやめようと思っていた」などと供述したと説明。計画的な犯行だと批判した。  


一方、弁護側は事実関係は争わず、男の父親が監督を誓約し、被害者と二度と接点を持たぬよう引っ越す予定だとして、量刑を考慮するよう訴えた。男も「4人の親切心を踏みにじってしまった」と謝罪した。  


大森裁判長は「被害者が心身に受けた苦痛は大きく、相当期間の実刑を免れない」と断じた。



朝日新聞





目次にもどる

未成年の実名報道



長浜市の元大学生が性的暴行 (1)


未成年の実名報道について、マスコミでは少年法という法律で、実名の報道が禁止されている訳だが、インターネットの実名報道は禁止されていない。



なので、実名を記載されたというだけでは違法ではない。


日本の少年法とは

・対象年齢は20歳未満
・刑事未成年は14歳未満(刑法41条の規定)
・故意の殺人は原則逆送致(第20条)
・成人なら実刑にならないケースでも保護処分(第24条)を受ける可能性大
・実名報道の規制(第61条)
・法律上18歳以上は死刑、14歳以上は無期懲役可能(第51条)
・不定期刑(第52条)



しかし、実名を記載する事により、何かしらの周囲からの誹謗中傷を受ける事になった場合、その加害者の名誉が毀損されているので、名誉毀損罪として警察に被害届を出したり、民事での損害賠償請求を行うことができる。




あくまでも実名を晒した事ではなくて、晒した事で発生する弊害に対する裁判になるので、だからニュースとしては単なる名誉毀損とかの裁判になってしまうので、実名報道をしないことで統一している。




実名か匿名かで大きく変わるのは、その親と家族。

犯罪者が成人なら、実名報道され、家族は世間のバッシングを受ける。でも、未成年犯罪の場合、より親として罪の重いその両親が匿名により、バッシングを受けずに済む。




因みに、未成年犯罪者は名前や顔を報道されても、名前を変えて普通に生活している人も多い。なので、未成年犯罪者の実名報道で、一生台無しにできるわけではないし、関係ない親や家族がバッシングを受けないためにも匿名は必要なのだろう。




目次にもどる

長浜市の元大学生で性的暴行した人物を5chが特定?


長浜市の元大学生が性的暴行 (2)




現在、5chでは長浜市の元大学生で性的暴行した人物の特定作業が行われている。



5年の実刑ではあるが、「少年法があるから何をしても許される」という発言があったことから、5chでは、もっと厳しい状態にしてやろうと特定作業が継続されているが、現時点では確定情報がない。






5chでは、長浜市の元大学生と思われる顔写真はいくつか特定されているものの、確証となる証拠がない。

こうなってしまう原因が少年法で実名が報道されていないことを批判している人もいるが、たとえ未成年でも少年法適用年齢で死刑に出来る。



あくまでも少年法は、非行を取締まる法律。
成人なら懲役3年以下で執行猶予などが付く、家出、喧嘩、イジメ、暴走族など非行少年を少年院で3年以下保護する法律で刑法で懲役3年以上の実刑を受けた少年は少年刑務所(成人も収監)、女子刑務所(成人と同じ)で受刑する。




刑事裁判に送られる凶悪少年は週刊新潮や週刊文春などが実名報道しているし、2000年の大坂高裁判決で少年法61条の実名報道禁止は道交法違反の暴走族やイジメ、喧嘩など成人なら刑務所に入らない家庭裁判所の少年審判の保護処分だけで、地裁に送られ刑事裁判になった凶悪少年事件は対象にしていないと言う判決が出ている。




なので、非行少年を補導して、少年院にブチ込める少年法は必要。

数人の凶悪殺人の新聞やTVの実名報道の為に1万人以上の暴走族や愚連隊など非行少年を少年院に叩きこめなくなる方が社会的不利益は大きい。実名や顔写真なら週刊誌やネットや5chを見ればある程度特定できる。



スピード違反など故意でやる道交違反は再犯率100%だからって、成人でも刑務所に叩き込む様になると、少年法廃止派の多くはスピード違反する短気な奴も多いから嫌がる。




今回の事件では、長浜市の元大学生ということまでわかっているので、5chでは特定は難しくはないようだが、誤報があるかもしれないので、ここでは顔写真を掲載しない。



長浜市の元大学生が実刑になったということは、女性側が後から強〇されたといっても拒否の意思表示がなければ、男性側が加害者にならない。 なので、容疑者を加害者として裁こうとしても無罪や不起訴になる。




長浜市の元大学生は被害者が4人いていろいろ証拠がでてきたので、事件として証明された。 つまり、事件化されなければ、似たようなことを繰り返したことは間違いないので、5chで確定情報となったらここでも掲載して、2度と同じ被害者を出さないよう願いたい。




スポンサーサイト