池田エライザ栗まんじゅう (5)
2月5日(金)放送、テレビ朝日系「ミュージックステーション」
21:00 〜 21:54



初登場の池田エライザが、ジョン・レノン「Imagine」を披露。



池田エライザといえばテレ東「みんなエスパーだよ」で、抜群のスタイルと整った顔立ちが注目され、同番組ではエライザのスタイルを活かしたシーンも多く、魅力的な女性として人気があった。 そんな中、2020年に大野ヨウとの行為中と思われる動画が流出し、現在でも一部サイトには動画のURLも記載されており、リベンジポルノ被害が継続している。 私




自分の名前が世間に流出され、一部の人間から体のことをとやかく言われ、一部の人間には性的欲求の為に利用されと最低な行為。 しかも最近の芸能界は、三浦春馬や芦名星の自〇など、輝かしい人たちがなくなっている悲しい出来事と表裏一体。



ただ一方で、純粋なファンである人たちの声援が、池田エライザを救えているのかは不明だが、現在では竹内涼真との交際をインスタで匂わせているので、今は精神的に安定しているのかもしれない。




今回は、池田エライザが水溜りボンド・カンタと破局と噂になっている大野ヨウ栗まんじゅう画像の騒動についてまとめてみた。





■目次

池田エライザの流出動画とは
池田エライザと大野ヨウの動画はディープフェイクだった?
エライザの栗まんじゅう画像を流出させた大野ヨウの現在

池田エライザの流出動画とは






2020年9月12日、SNSで池田エライザ流出動画といったトレンドワードが急上昇した。

しかし、翌日の13日にはそのトレンドワードは消え、流出させたSNSアカウントと池田エライザの流出動画ともに削除された。ネットでは、池田エライザの顔を似せたコラやフェイク動画だったのでは?と結論がつけられようとしていたが、5chでは「大野ヨウ」という元バンドマンが注目された。




その流出動画の中で、池田エライザと思われる人物が「ようくん」と呼んでいること。
この「ヨウ」という人物は、2015年に池田エライザと付き合ってた男で、大野ヨウと動画の中の男の右耳付近にあるホクロが一致。さらに、撮影に使われてるアプリは2015年に人気だったアプリで、ちょうど大野ヨウと交際していた時期と一致する。

池田エライザ栗まんじゅう (4)




そして、この流出したアカウントを公開したのと同時に、大野ヨウも急にSNSに鍵をかけ逃亡。この一連の騒動からみて、池田イライザの元カレだった大野ヨウとの行為中の動画だったのではないか?とネットで騒がれていた。


池田エライザ栗まんじゅう (1)



一方、池田エライザもインスタのコメント閉鎖。この騒動について、池田エライザ側もなんの反応がないため、この流出動画の真偽は不明のままとなっていた。



この騒動から約1か月後、池田エライザの所属事務所が公式にコメントを発表。
池田エライザ栗まんじゅう (3)


池田エライザがディープフェイク被害を受けていたし、警察に被害届を出していたことを報告している。






目次にもどる

池田エライザと大野ヨウの動画はディープフェイクだった?




池田エライザの所属事務所が、今回の流出動画は「ディープフェイク動画だ」として事務所の公式サイトにコメントを発表。その結果、ディープフェイクを作った犯人が捕まっている。なので、池田エライザの流出フル動画は、この容疑者のwebから流出したディープフェイク動画だったという可能性はある。


池田エライザ栗まんじゅう (2)




が、しかし、池田エライザの流出フル動画は、暗い背景、早い動きが多いなかで、編集個所(顔、首付近)に遅延やダブつきといった違和感がなかった。 さらに、ディープフェイク動画は編集を前提として動画を撮ってから、芸能人の顔を上書き編集するのが基本なのだが、今回の動画はあまりに自然だった。





つまり、ディープフェイクの可能性が低いと考えた場合、リベンジポルノ説が濃厚。

となると、リベンジポルノだとすれば流出させた加害者がいるということになる。もしくは、流出させたのは、行為をしている本人(大野ヨウ)なので、雲隠れしているのかもしれない。




そもそも、事務所が主張するディープフェイクだとするならば、行為の相手の男性が、過去に交際していた大野ヨウに特徴がそっくりなのも説明がつかない。





だが、リベンジポルノと認定されるには、「池田エライザの同意なく撮影された動画であるか」「池田エライザの同意があって撮影されたものの池田エライザの意思に反して大野ヨウが『故意に』(ここが大事)アップロードした動画であること」「池田エライザが被害を申告していること」が必要。



池田エライザ本人が何のコメントもしていない以上、リベンジポルノなど成立する要素は0%。仮に訴えたら動画は事実認定されるので、本物だった場合でも泣き寝入りするしかないから「スルーするしかない」というのが現状のようだ。



まとめると、池田エライザの流出フル動画は、たとえ大野ヨウが流出させたものであったとしても、逮捕されることはないということ。この問題は、事務所は解決したものとしているので、本人の口からも真相は語られることはもうないだろう。




だが、この騒動が原因なのか、熱愛報道があった水溜りボンド・カンタとの破局が噂されるようになった。








目次にもどる

エライザの栗まんじゅう画像を流出させた大野ヨウの現在






動画が本人か、どうかは別として、もしエライザが大野ヨウにリベンジポルノされたなど、悪意の有る無しに関わらず、たとえリベンジポルノが事実だったとしても、画像を拡散したり、エライザ本人と表現するのは名誉毀損になる可能性がある。一般人でも最大100万円。エライザは芸能人なので、本人及び所属事務所や関連企業全て企業に対する名誉毀損になるので、訴訟起こされたら絶対に勝てない。




しかし、そうすれば更に鎮火まで時間を要し、なんなら火種が大きくなる可能性すらある。センシティブな内容ということもあり、現在まで大野ヨウもなんら取り立たされていない。




勘違いしている人もいるが、「リベンジポルノ」と認定されるには、「池田エライザの同意なく撮影された動画であるか、池田エライザの同意があって撮影されたものの池田の意思に反して大野が『故意に』(ここが大事)アップロードした動画であること」「池田エライザが被害を申告していること」が必要。




池田エライザ本人が何のコメントもしていない以上、リベンジポルノなど成立する要素は0%。なので、大野ヨウが故意に流出させていたとしても、今後報道されることは一切ない。





ちなみに、2008年にミスユニバースのアニヤ・アヤン・チーさんのボーイフレンド、ウィヤット・ギャラリーが、似たような動画を流出。流出元もこの男性と決まったわけではないが、この時は本人や事務所が真っ向から否定している。普通はこういった対応を取るのに、ディープフェイク扱いとした。



現在、いろんな情報がスマホの普及によって、 いつでもどこでも手に入る時代になった。
今回の動画だって、興味があるなしにかかわらず、かなりの割合で見た人が多いはず。したがって、ひと昔前と違って、今はかなりハードなコンテンツに中高生の頃から触れてしまうような時代になったということ。そんな時代なので、 最近の10代~20代の若者は、性に対してオープンになっている。




大野ヨウ側が流出させたかはおいておいて、今の若者がそういう動画なり写真を撮って、自分で公開するリスキーなことをする時代。本当にネットリテラシーがない。ここ最近有名人の自〇といったことも多くメディアとの向き合い方に関心があったと思うが、結局何も変わっていないどころかそれ以上にひどいことが公然とされていてそれに対し誰も批判していない。




池田エライザのやられていることは、渋谷のスクランブル交差点で服を脱がされることの何倍もひどいこと。そんなことやったら一発で警察に捕まるのになぜこれが許されるのか理解できない。ただ、批判ばかりしても何も起きないので彼女の為にも、いま拡散させている画像を本人と”決め付け”ることも被害拡大しているネットリテラシーだと自覚しないといけない。






スポンサーサイト