イオンカート落下犯人特定 (3)

2021年2月9日、イオンのショッピングモールでエスカレーターにカートを落下させる動画をSNSに投稿され、イオン側が謝罪のコメントを発表し、ネットで話題になっている。




たしかにイオン側がきちんとエスカレーター付近にガードマンを配置していれば、こんな行為は起きなかった。しかし、動画を撮影し、カートを落下させた犯人は明らかに危険行為。


イオン側がきちんとガードマンを配置していればカートを落下させた人物が逮捕される事もなかったとはいえ、加害者が幼少期、加害者自身が周りに迷惑行為したって親から何も注意されないし、親は周りに謝罪なんかしていなかったのかもしれない。




つまり、叱らない子育てを誤って実践した末路が将来、質問文のように犯罪行為をする子供に成長した結果。




今回は、5chでカート落下の犯人が特定されているようなので、事件の概要についてまとめてみた。



■目次

イオンカート落下事件とは
イオンのカート落下でイオン側が謝罪
イオンのカート落下させた犯人を5chが特定?

イオンカート落下事件とは


イオンカート落下犯人特定 (1)





記事内容

SNSに投稿された危険行為が物議をかもしている。
2人の男性が大手スーパーでショッピングカートを持ち、エスカレーターに近づいた次の瞬間だった。 数人の女性客が利用している下りエスカレーターに、カートを横向きに置いて手を離した。 カートが落ちるところで動画は止まっている。 2人による危険な行為をもう1人が笑いながら撮影。



SNS上に投稿したとみられている。 この動画は1月6日、イオン都内店舗で撮影された。
さらに別の動画には、同一人物と思われる男性が「捕まる」とのタイトルで、カートを下りエスカレーターに放置。 カートが落ちた先には、慌てて逃げる人の姿があった。 タイミングが悪ければ人に当たり、大けがにつながる大変危険な行為だ。


イオンカート落下犯人特定 (2)



そして、カートを落下させた男性は「やばくない?」と笑いながら、現場から立ち去ろうとしている。 この店舗では危険行為を受け、1月6日当日に警察に相談。 巡回などの頻度を上げて注意喚起を行っていて、その後はこうした危険な行為は起きていないという。




この店舗を買い物で利用する人は… 買い物客A「危ないですよね。ましてや人が乗っているときにこういうことをしているのは危ないと思う」 買い物客B「小さいお子さん連れの方が多いので、危険性も考えてほしいと思う」 下りエスカレーターにカートを放置し、落下させるという危険な行為はどのような罪に問われるのか? 若狭勝弁護士「極めて悪質だと思います。


この行為は暴行罪。
そして相手、お客さんがけがをすれば傷害罪という罪になります。カートを使ってそうした力を加えた形でイオンの業務を妨害するということになりますと、場合によっては、威力業務妨害罪になる可能性は出てくると思います」 こちらの店舗では今回SNS上で動画が拡散したことを受け、警察に被害届を提出することにしている。



FNN





目次にもどる

イオンのカート落下でイオン側が謝罪




イオンカート落下犯人特定 (1)


イオン側が今回の騒動について、公式HPに謝罪文を掲載した。

イオンはエスカレーターという危険な場所で防犯対策を怠り、カートを故意に落下させる犯罪を誘発させた。



この事件は、ガードマンを配置していれば防げたので、落下させた側も買い物に来ていたお客様なわけだから、お客様に犯罪を起こさせない防犯対策が必要だった。



イオンでは、駐車場の所定場所のカートや放置カートの回収などスタッフを配置していたが、 今はコロナの影響で、回収したカートの持ち手を消毒しなければならなくなったり、人件費を削減している状態。




なので、イオンはガードマン配置する義務を怠ったことへの謝罪。 ガードマン配置しなかったからカートを落とす犯行を起こさせ、騒動を大きくしてしまったことへの謝罪となる。






目次にもどる

イオンのカート落下させた犯人を5chが特定?




イオンカート落下犯人特定 (1)


5chでは、イオンのエスカレーターから人が居るのにカートを落とした動画がニュースになる前から話題になっており、通報があったおかげで、犯人が捕まっている。





イオンからの被害届があったことから、容疑は器物損壊や業務妨害など。

犯人は未成年ということで、怪我人が出たわけではないから、被害届の取り下げと示談になる可能性が高い。 だいたい器物損壊だと家庭裁判所には行くので、未成年だと不起訴にして前科無しですむ。



しかし、それにはやはり示談が必要。今回の案件は拡散されてしまったから大事になっているが、本来であればそこまで騒ぐことでもなく、ことなく終わっている。




5chでは、すでに顔写真が特定されているが、ニュースでは、モザイクが掛かっていた。


イオンカート落下犯人特定 (3)

これはイタズラでは済まされないレベル。
エスカレーターに乗っていた人は見た限り逃げたのでケガはなかったそうだけど、これが小さい子供だったり老人だったり大けがは確実。それはもう、イタズラじゃなくて立派な犯罪行為。




しかし、被害届を取り下げれば警察は事件として扱えない。
これらの状況から考えると、警察は実際には犯人を捕まえておらず、単にみせしめ報道として、見かけの検挙率アップを狙っているだけと推測できる。




罪を繰り返す人なら未成年でも取り下げない勇気が必要なのだが、客商売であるイオンにとって、未成年を追い込むことは、マイナスになることも考えられる。






スポンサーサイト