奈良のシカ死なせた
2月7日、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」を死なせたとして、文化財保護法違反の疑いで逮捕された吉井勇人容疑者(23)がネットで話題になっている。








奈良公園の鹿は、飼ってるわけではなく、「人と共生している野生の鹿」。

国の文化財でもある奈良のシカを〇した吉井勇人の顔写真は何故出さないのか?5chでは、特定作業が行われている。


今回は、奈良のシカ死なせた吉井勇人の5ch情報をまとめてみた。




■目次

奈良のシカ死なせた犯人は吉井勇人
奈良のシカ死なせたのは犯罪?
奈良のシカ死なせた犯人の吉井勇人の顔写真

奈良のシカ死なせた犯人は吉井勇人



奈良のシカ死なせた (3)

記事内容


奈良市の奈良公園で国の天然記念物に指定されているシカに刃物をたたきつけて死なせたとして、三重県の23歳の男が逮捕されました。


文化財保護法違反の疑いで逮捕されたのは、三重県松阪市のとび職・吉井勇人容疑者(23)です。吉井容疑者は2月7日ごろ、奈良公園でシカ1頭に刃物をたたきつけ、死なせた疑いがもたれています。瀕死のシカを見つけた通行人からの通報をうけて、警察が捜査していました。吉井容疑者は警察の調べに「突然シカが車に体当たりしてきたので、斧で力いっぱい切りつけた」と容疑を認めています。


JNN



目次にもどる

奈良のシカ死なせたのは犯罪?




奈良のシカ死なせた (1)




奈良の鹿は、江戸時代までは、春日大社や興福寺の加護のもと、旅の客から餌をもらうなど、今と似たような状況であった。


明治維新後、奈良県令に着任した四条隆平が、廃仏毀釈の名のもとに、奈良公園の鹿を「邪魔者」とし、絶滅寸前になり、鹿を700頭も狭い「鹿園」に閉じ込め病気で死なせたり、食べたり、酷使して、38頭にまで減ったという。



もし、奈良の鹿を「飼っていた」といえる時期があるとしたら、この時期。

四条隆平が退任後、鹿の数はまた増加していき、鹿を押し込めるための鹿園は、春日大社の管理となり、今は「鹿苑」として。病気や怪我の鹿、産前産後のメスや子供を保護するための施設として後継されている。



奈良公園の鹿は、「奈良のシカ」という国の天然記念物で、日本国民の共有財産であり、危害を加えると罰せられる。



文化財保護法

第196条
(第1項)史跡名勝天然記念物の現状を変更し、又はその保有に影響を及ぼす行為をして、これを滅失し、き損し、又は衰亡するに至らしめた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は30万円以下の罰金に処する。

第197条
次の各号のいずれかに該当する者は、20万円以下の罰金に処する。
1.第43条又は第125条の規定に違反して、許可を受けず、若しくはその許可の条件に従わないで、重要文化財若しくは史跡名勝天然記念物の現状を変更し、若しくはその保存に影響を及ぼす行為をし、又は文化庁長官若しくはその権限の委任を受けた都道府県若しくは指定都市等の教育委員会の現状の変更若しくは保存に影響を及ぼす行為の停止の命令に従わなかつた者

2.第96条第2項の規定に違反して、現状を変更することとなるような行為の停止又は禁止の命令に従わなかつた者



参照wiki

鹿以外でも、愛護動物を死傷させると罰則は5年以下の懲役・禁固、または20万円以下の罰金で、動物を損傷させた際の刑罰としては最も重いとの事。






目次にもどる

奈良のシカ死なせた犯人の吉井勇人の顔写真



奈良のシカ死なせた (4)

5chでは、犯人の吉井勇人の特定作業が行われているが、現時点では顔写真や住所などの特定はできていない。



おそらく吉井勇人は20万の罰金を支払えばすぐ釈放となるだろう。

なぜ、マスコミが犯人の吉井勇人の顔写真を公表しないのか?と疑問に思う人がいるだろう。犯罪者の氏名を公表する際に問題になりそうな(名誉棄損など)のはマスコミは避けるが、「公共の利害に関する事実に係るもので、専ら公益を図る目的であった場合」は免責されている。




つまり警察が発表した情報であれば、報道しても良いと判断される。
なので、名前公表は警察の判断であり、顔写真などはテレビ局の判断では、公表していない。警察がわざわざ写真を撮って公表はしないし、ニュースとかで流れている容疑者の写真は、それぞれのテレビ局が自分たちで探し出してる。




社会的制裁と言われるものは、本来あってはいけないもの。

名前を公表されてるのだからこれ以上の罰を増やす必要はない。報道時に顔と名前を出す事は事件を世間に知らせるという公益性があるが、テレビで再度顔や名前を出す行為は公益性があるとは言えない。





日本の警察は、アメリカのように常時会見をしない。
日本には記者クラブ制度というのがあり、選ばれた特定のマスコミ数社が独占的に警察に詰めていて、警察官から非公式に(公務員の守秘義務に違反するのでおそらく違法)、情報をもらって独占し、どれを流すか、流さないかを彼らで勝手に決めている。




だから、彼らが流さないと決断したら、国民には永遠にわからない。

つまり、「記者クラブマスコミ」を通して以外に、一般の国民には犯罪事件を知る権利というのが許されていない。



結果的に、現在の犯罪報道は、マスコミの身内びいき・えこひいきのやりたい放題で、気に食わない相手なら、詳しく調べ上げて何もかも公表している。(日本では弁護士が異様に渋い顔で対応するので名誉毀損で訴える習慣があまりなく、勝訴しても賠償金はスズメの涙の判例が確立しているので、報道は完全にやりたい放題)


5chでは、在日だから公表しないのじゃないか?と一部で噂になっているが、それは関係がない。




実際問題として、警察は犯人の公表にはあまり積極的ではないので、これ以上の情報は5chなどから特定情報が報告されることを待つしかないだろう。



スポンサーサイト