アナンド 予言 最新 (2)
3月3日(水)放送、TBS系「ワールド極限ミステリー」




2020年の新型コロナウイルスを予言的中させたという天才インド少年・アナンドくんの最新予言を特集。



アナンドくんは、2020年にコロナウイルス(正確には強力なウィルスでパンデミックとなる)と予言した。感染後数時間で死に至り、インドや中国に止まらず世界中に影響を及ぼし、どんな薬も効かず予防法もないと言っていた通り、世界中はコロナで多くの死者を出した。



そんなアナンドくんの2021年の予言とはなにか?


今回は、5chによるアナンドくんの2021年の予言についてまとめてみた。




■目次

アナンドくんの予言とは
アナンドくんの予言は嘘?
アナンドの2021の予言最新

アナンドくんの予言とは


アナンド 予言 最新 (3)



アビギャ・アナンドくんとは、インド人の天才占星術師。
14歳で占星術をマスターし、2019年11月から中国の武漢市で発生したコロナウイルスの感染拡大に関して、YouTubeでかなり正確に予言していたことで話題となった。


インドでは占星術は学問とされており、インドで占星術を能くする人達は、ある程度の占星術を理解している。(インドの裁判で、インド占星術が学問がいなかが争われたが、結局のところ学問ということで結論が出ている。現在では、学会もできて、大学で教えている。)




ただ、導き方がたくさんあり、人によって答えが異なる。
また、導いた後に解釈をするのが難しく、解釈は個人の能力がかなり影響する。 。なので、インド占星術でも、ある人は当たり、ある人は当たらないということになる。



そんな中、アナンドくんの予言は今回の新型コロナウイルスについてかなり的中させており、世界中の経済や航空関係など様々な分野で困難にきたすことを明言。さらに2020年5月29日から減少し始め、コロナは7月末にはいったん収束。9月に完全に収まるという予言だったが、状況が各国違うので完全にハズレだったというわけでない。


しかし、次のパンデミックは2020年12月20日に発生し(実際はコロナ感染者が増加と原因不明の謎の肺炎患者が見つかっている。肺炎にかかるとわずか数時間で亡くなる)経済や航空関係など様々な分野で困難が継続するそうだ。



そして、アナンドくんは、「2021年2月以前に、複数の惑星の遭遇によって引き起こされた災害がゆっくりと明らかになる。2021年11月まで、木星は土星を離れ、山羊座を離れてみずがめ座に入ると、世界は新しい出発点に入り、これらの天文現象によって引き起こされた災害は徐々に消えていく」と2021年の予言をしている。





目次にもどる

アナンドくんの予言は嘘?



アナンド 予言 最新 (1)



アナンドくんは確かに、まだコロナが出始めていない昨年8月に、昨年12月からウイルスでパンデミックが起きると予言した。 コロナが流行ってから「コロナを予言していたといった」というような自称占い師は多いが、この少年は、きちんと昨年の8月に投稿したものが残っている。



しかも、かなり詳しく予言されていて、あまり占いを信じない管理人も驚いた。 なので、2021年の占いもまた当たるのでは?と思ってしまう。




5chでは、アナンドくんの予言は嘘と決めつけている人もいるが、占星術にはマンデーンという手法があり、これは何もインドに限らず、中国や西洋、中東にも同じような技術がある。(有名なのが、ハレー彗星が出たときに災害が起こるというようなもの)



占星術の範囲は、そういう経験から、天体に特別な事象が起きると、特定の事象が起きやすいと考えられてきた歴史がある。マンデーン占星術を使った投資ファンドなども昔からあるので、一定の予言はできるのではないか?と推測できる。



アナンドくんの予言をあまり日本では信じる人が少ないし、99.999%の大外れを伴い、0.001%の偶発的一致があるは確率論で解けば当たり前。 でも、その0.001%をまるで100%かの様に刷り込まれてしまうのも人間のサガなのかもしれない。






目次にもどる

アナンドの2021の予言最新


アナンド 予言 最新 (4)



アナンドくんは、「2021年2月以前に、複数の惑星の遭遇によって引き起こされた災害がゆっくりと明らかになる。2021年11月まで、木星は土星を離れ、山羊座を離れてみずがめ座に入ると、世界は新しい出発点に入り、これらの天文現象によって引き起こされた災害は徐々に消えていく」と自身の動画で2021年の予言をしている。



この予言の解釈は難しいが、現状のコロナ渦が改善されるのではないか?と解釈する人が多い。


日本では30歳以下で、重症化、死亡した例は稀有であり、いずれも思い既往症があった人。つまり、「ほぼ死なないしほぼ重症化しない、高熱もほぼ出ない」ということ。




感染者数は30歳以下で結構いるが、みんな自然免疫で撃退している。
10歳だろうが1歳だろうが、撃退できているので、インフルとはワケが違う。 「他の人に移す」行為は、ウィルス量が多くなければそうそう移さない。それは自然免疫で対応できるし、ワクチン打ってもその自然免疫がやることを代わりにやるだけなので、何も変わらない。




新型コロナワクチン以外のワクチンでも一定数、重篤な副反応がでている。

感染の後遺症にも取返しのつかないような重篤なものがあり、感染による後遺症と副反応のリスクの不安を比べて、ワクチンを信用する前に、自分の自然免疫を信じたほうがいいというのが、アナンドくんの予言の解釈でいいのかもしれない。










スポンサーサイト