赤堀恵美子の洗脳方法や旦那 (2)


5歳の男児に十分な食事を与えないよう母親を洗脳し、その母親の子供を〇させるという、人間の皮を被った悪魔・赤堀恵美子の子供や夫の特定作業が5chで行われている。




この事件は、実に痛ましい事件であるものの、法律だけ見たら赤堀恵美子の〇刑は難しい。
それが日本の憲法であり、法律。大人たちのエゴにより、またしてもいたいけな子供が犠牲になってしまった。赤堀恵美子が〇刑になろうがなかろうが、虐待に類する行為で、自己防衛のできない多くのいたいけな子供たちの命が奪われていく事実の方が、遥かに許せない。



今回は、赤堀恵美子の夫や子供の5chによる特定情報についてまとめてみた。





■目次

赤堀恵美子と碇利恵の逮捕
赤堀恵美子の洗脳
赤堀恵美子の夫や子供の特定

赤堀恵美子と碇利恵の逮捕



赤堀恵美子の洗脳方法や旦那 (1)



記事内容


福岡県篠栗(ささぐり)町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)とともに逮捕された知人の赤堀恵美子容疑者(48)が碇容疑者からだまし取るなどした金の総額が1千万円を超える疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。


県警は一家の生活困窮につながったとみて調べている。  
県警によると、赤堀容疑者は碇容疑者から生活保護費など計約200万円を詐取したなどとして起訴されている。碇容疑者の三男、翔士郎(しょうじろう)ちゃんが死亡した後もだまし取ったことがあったという。捜査関係者によると、碇容疑者の通帳を管理して金を引き出し、車を売却させた疑いもある。




碇容疑者が「赤堀容疑者から『言うことを聞かないと、離婚した夫の元にヤクザを送り込む』と脅された」と話していることも関係者への取材で判明した。





産経新聞






目次にもどる

赤堀恵美子の洗脳


赤堀恵美子の洗脳方法や旦那 (3)




報道によると、赤堀恵美子は旦那ぐるみで、犯人となってしまった碇利恵容疑者とお付き合いをしていて、のちに架空の浮気をでっち上げて離婚させている。



おそらく騙してお金を吸い取るのに、その旦那さんが邪魔だったのだろう。

碇容疑者が赤堀容疑者に家庭の不満や子育ての不安を打ち明けたり相談に乗っていたので、赤堀容疑者が親身に相談に乗るふりをして、マインドコントロールしていったと考えられる。




大抵、人間関係の距離を極端に狭めてくる人は大体太めの人が多い。
そして、関係の距離を縮めてくる理由は金銭目的が多い。管理人も経験があるが、初対面から身の上話(不幸な話、元カレがモラハラ・父親が女癖悪い等)が多い人は相手に同情させて、より親しくなるのが目的。




赤堀容疑者は碇容疑者より10才近く年上なので、碇容疑者も反発しにくかったのではないか?


いずれにしても亡くなった男の子は帰ってこない。しかも、子供がなくなったことで事件が発覚したので、発覚しないまま現在進行形だった可能性が高い。過去には太宰府の主婦監禁事件も、死んでしまうまで警察も取り合わなかった。




目次にもどる

赤堀恵美子の夫や子供の特定


赤堀恵美子の洗脳方法や旦那 (1)



現在、5chでは赤堀恵美子の子供や夫の特定作業が行われている。


赤堀恵美子が住んでいた住所は福岡県の篠栗町とすでに特定されており、子供が幼稚園ということも判明していることから、篠栗町にある幼稚園が3つまでに絞られている。そして、報道されている幼稚園の映像から篠栗町立勢門幼稚園ではないか?ということまでは特定できた。

fgfgf



篠栗町立勢門幼稚園は自然が豊かで、先生も評判が良い幼稚園。

まわりが住宅街でなく、車の通りもないので安心して子供をあそばせる事ができ、非常に地元では有名な幼稚園だそうだ。しかも、子供たちの自立に力を入れている模様であり、積極的に子供達が考えたことは実施させた教育方針のようで、子供達も自信に満ちている。



赤堀恵美子は2016年から福岡県の篠栗町に引っ越してきて、子供がすぐ生まれているそうなので、地元で評判がいい篠栗町立勢門幼稚園を選んだと考えられるだろう。赤堀恵美子の夫については、確定情報がまだないが、夫が真光文明教団の可能性出ている。




真光文明教団については、あえてここで詳しく書かないが、真光系は一度マインドコントロールされると終わり。自力で抜け出す人もいるが、殆んどの信者は〇ぬまで真光~真光~手かざし~オキヨメ~お導き~と言い続ける。

dfdfdf

5chでの報告では、朝から晩まで道場にいるので家の中は汚いし、水回りはカビだらけ、家の外もゴミが放置され雑草が生え放題。拭いたことが無い鏡やガラスはまるで曇りガラスのよう、キッチンの布巾は雑巾のように真っ黒。食事の支度もなるべく時間が掛からないものやお惣菜に手かざしをして食べるとか。



「私は真光にお仕えしているから」という言い訳をして、やるべきことをやらずにまず真光という人が多い。




厄介なもので、正論で説得しようとしても聞く耳を持ってくれない。

1番の被害者は知らずに真光信者と家族になってしまった人や家族が真光信者になってしまったという人なので、真光信者は自分が悪いとは思っていないし、 カルト信者だということを恥ずかしいとも思っていない。



良いことをしていると思い込んでいるので、人を傷つけていることがわからない。




こんな洗脳のプロが身近にいたら、簡単に洗脳されてしまう。 洗脳する人も占い師も心理学をよく学んでいる 。赤堀恵美子もトーク術があったそうなので、追い込まれている人間がいたら、我にもすがる思いで人に依存してしまう。




シンママも一人で果敢に人生に挑める人もいるだろうが、やはり悩みは多い。
ただ、それはシンママに限ったことじゃない。一見すると普通の家庭に見える人でも、悩みを抱えている人は少なくない。その隙を突いてくる人間は、そう言う弱みを嗅ぎつける能力があるのだろう。今回の事件で洗脳にあっていた人が、一人とは思えないし、他にも余罪がある可能性も十分に考えられるだけに、この事件については注目する必要がある。


スポンサーサイト