スッキリ脳みそ夫のアイヌ差別発言動画
3月12日、日本テレビ系「スッキリ」でアイヌの番組を取り上げ、最後に脳みそ夫という芸人が「アイヌ」と「あ、犬」をかけた言葉遊びが差別発言とネットで大炎上している。





この言葉遊びは昔から実際にアイヌへの差別用語として使われていた。

音の響きと共に毛むくじゃらであるという蔑視を込めた意味合いで使用されており、実際に「あ、犬」というアイヌに対する差別的表現が行われていた。



歴史的なこの事実を知ってる人が現在どのくらいいるのかは不明だし、教科書に載っているわけでもないので、「一般的に生きてきて」知らなかった人も多いかもしれない。



しかし、少し調べれば誰でもわかること。
ただ、歴史的な事実を知っていようといまいと、そういうアイデンティティに関わるような名称を「あ、犬」というようなギャグとして扱うのは大変失礼だと言うことは誰でも分かるはず。




今回は、スッキリに差別発言で今後どうなるのか、5ch情報をまとめてみた。




■目次

スッキリのアイヌ差別発言とは
アイヌ差別の歴史
スッキリの差別発言問題の今後

スッキリのアイヌ差別発言とは


スッキリ脳みそ夫のアイヌ差別発言動画 (2)



記事内容

日本テレビは12日、同局系の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があったとして、同日のニュース番組内でおわびした。


問題の発言は、動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組を紹介するコーナーであった。アイヌ女性のドキュメンタリー「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」を紹介した後、お笑い芸人の脳みそ夫さんが「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬」と謎かけをした。番組の放送後、SNS上などで「本当に許されないこと」などと批判の声が多く上がった。





北海道大学アイヌ・先住民研究センターの北原准教授によると、民族名に「犬」という言葉をかけて、侮蔑することは昔から続いてきたという。「放送を見て、集中力が下がって仕事が手につかなくなった。前後の説明を見れば、好意的に紹介しようという意図があったことは分かるが、長年多くの人々のトラウマとなってきた言葉が流れてしまったことは重大だ」と指摘。「本来は多様性の大切さを扱った映像。この件が大手メディアが国内の重要なトピックに対して大変鈍感であることの問題として取り上げられることを望む」と話した。




日本テレビは取材に「当該コーナーの担当者にこの表現が差別に当たるという認識が不足しており、放送前の確認も不十分でした。その結果、正しい判断ができないまま、アイヌ民族の方々を傷つける不適切な表現で放送してしまいました」と説明。「アイヌ民族の皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫(わ)び申し上げるとともに再発防止に努めてまいります」などとコメントした。



朝日新聞




目次にもどる

アイヌ差別の歴史




「本土日本」の先住民は「縄文人」。アイヌ民族は、日本人の祖先の一つである縄文人に極めて近い集団だが、若干違いがあり、縄文人とアイヌ民族は、古代に、中国大陸のどこかで分かれた「別集団」と推定されている。



また、アイヌ民族は、おそらく本州方面にも、一時的に入ってきたものの、その後、北海道方面へ引き上げていったと考えられている。つまり、縄文人とアイヌ民族とは、明確に別人類集団で「彼らは日本人ではない」と差別を受けてきた歴史がある。




アイヌの差別問題は、北海道が蝦夷と呼ばれた過去から始まっている。

特に、明治政府はアイヌ同化政策と称してアイヌ語を禁止し日本風の苗字を強制し独特の文化も禁止した。保護の名のもとに貧しい地域に強制移住させられ、研究という名目でお墓から遺骨を勝手に掘り出され、現在も返還されていない遺骨があるそうだ。




差別は、無知から生まれることも多い。
今回のスッキリの差別もそうだが、学校などで、性格や外見などが違う個に対してイジメが起きるのと同じ出発点の場合もある。肌の色や宗教、国籍の違いによる差別は、世界的な問題になっているが、同質のもの。


失礼と分かるはずのことを、相手がいやがるのを承知の上で、多数の日本人が繰り返していたと言うことが、すなわち差別の歴史。



目次にもどる

スッキリの差別発言問題の今後





世の中には、おおくの差別が存在している。
だが、その事はほぼ世の中に出てこない。今回のように、世の中で騒ぎになるのは、ほぼマスコミが事を大きくしている。


例えば、ソフトバンクのCMの「お父さん」が犬であることも日本に対して大変差別的な表現という見方をすることもできる。対して、日本人がソフトバンクに謝罪を大体的に求めたことはない。それどころか、日本人は「犬かわいい」とか言って、差別表現されてることを説明しても、そんなのは考えすぎだと笑ってすます。



今回も、歴史的に差別用語になったことを批判するほど常識をもった日本人はあまりおらず、民族を動ネタにしてギャグを言うのは失礼、ふざけてるところに不快感があったという、共通認識があった上で、少数の知識者が差別用語を主張したところに、乗っかっていっただけのこと。



理由を上手く説明できなくても、失礼だと思うなら、その思いを主張すればよいのだが、大義名分がないと自分の意見を主張せず、また、大義名分があれば、それを利用してとことん主張する傾向がある。


普段から埼玉県を「ダサイ玉」と呼んだり、仙台など日本の三代ブス地区を決めつけたり色々あったのを、いちいち気にしてたらキリがない。差別だ~差別だ~と騒ぎ立てると妙な特区が生まれかねないので、そっちのほうが注意が必要だろう。








スポンサーサイト