吉田美和 声出てない
3月24日放送、日本テレビ系「Premium Music 2021」
19:00 〜 22:54






プレミアムミュージック2021に嵐、ドリカム、Mr.Childrenが生歌を披露。



しかし、予告の動画でドリカム吉田美和さんの声出てないと話題になった。声が出ないのは前からなので、そこまで気にならないという意見もあるが、体力的なものなのか、とても心配する人もいる。


今回は、吉田美和の声出てない理由、5chでの病気の噂についてまとめてみた。



■目次

Premium Music 2021とは
吉田美和が声出てない?
吉田美和の声出てない理由は病気?

Premium Music 2021とは



L5e-_tyr44g82r85wC1a9gkIjfJscP4Cjbd10ewjgy0


3月24日放送の『Premium Music』は、生歌唱アーティストとして、AKB48、KAT-TUN、ジュディ・オング、Sexy Zone 、DA PUMP、NiziU、乃木坂46、平原綾香、Little Glee Monsterが出演する「震災から10年。コロナ禍の日本にパワーを送るプレミアム応援歌」としてのスペシャル企画。  




音楽番組初MCとなる亀梨和也と、『NHK紅白歌合戦』なども務めた松下奈緒がMCを担当。秋元康、小林武史、小室哲哉、筒美京平、松本隆など数々の名曲を生み出したヒットメーカー達のNo.1曲をオンエアする「ヒットメーカーヒストリー」、青春時代がよみがえる「合唱ソングヒストリー」、多くの伝説を生んできたジャニーズの“史上初”を結集させた「ジャニーズ史上初ヒストリー」などを予定している。




公式サイト






目次にもどる

吉田美和が声出てない?




吉田美和 声出てない (2)



吉田美和が声出てないと話題になったは、ドリカムのワンダーランド2019がきっかけ。


SNSでは、曲が終わるごとに、掌を膝に付いたり、曲の間の演出がとても長かったり、MCでも息切れしていて、参加した多くの人が吉田美和がとてもキツそうだったという感想が多い。

DzIRd-vUUAETM7x



「そういう風に歌っているのかな?」とも思ったが、それでも、声が出ないなりの歌い方をしてるところはさすがプロ。しかし、突き抜けるような歌声が大好きなファンにはがっかりだったようだ。



吉田美和 声出てない (1)



人間だから体力的な衰えはあるのだろうが、歌っても途中で声が出なくなってしまうなどは、毎回ベストパフォーマンスを目指して力を注いでいる以前のドリカム吉田美和ではありえないこと。



今回のPremium Music 2021の予告でも、吉田美和の声出てないので心配と5chでも話題になっている。




目次にもどる

吉田美和の声出てない理由は病気?




吉田美和 声出てない (3)


昔の吉田美和と比べ、声が出てないのは何らかの病気なのではないか?


5chでは病気というより、やはり他の器官と同じように、声帯も年齢とともに潤いがなくなっているのではないだろうか?



吉田美和に限らず、老化は誰しもある(特に女性の場合はホルモンバランスの崩れによって声も老化する)が、吉田美和の場合は、加えて、若い頃からの喉の酷使のし過ぎが原因。





吉田美和は、若い頃から独特の地声の高音が魅力的で、ファンもずっとそういう歌い方(歌声)を求めてきた。




吉田美和は末田健の離婚が正式に決定し、翌年に20歳も年下と再婚。 こういった経緯があったため不倫、略奪婚と批判を浴びたことはいうまでもない。





実際は略奪じゃなく、妻子がいるのを隠し、独身ということで付き合ってて、それを週刊誌に妻子持ちであるとすっぱ抜かれ、事実を知った吉田美和は当時相当落ち込んでいたらしい。



未入籍なのは、吉田美和が自分の資産が夫に行くのを嫌がったからだそうで、正確にいうと吉田美和の稼ぎで元妻子の慰謝料やら生活費に養育費を払うのが嫌だったとか。また実際は財産を守る為、吉田美和の周囲が反対したらしい。 真相は当事者のみぞ知るが、色んな不倫略奪愛の顛末を見ると、この騒動がきっかけで歌から離れている期間が長かった。



どんな優れた歌手でも声を使わない期間が長いと、声帯周辺の歌で使う筋肉そのものが衰えてしまうので、そのせいで、年を取ってきつくても歌い方を変えられず、長年、無理して歌い続けて来た事が原因ではないか?と考える人が多い。




そこからもと通りの歌が歌えるレベルまで回復させるのは、当然若い頃よりは大変。また女性の場合、閉経期のホルモンバランスの変化によって、声が低くなってしまうそうだ。そうすると、それまでと同じフォームで声を出しても、実際に出る音が1~2音下がってしまう、ということが起きる。



どの程度変わるか?は恐らく個人差のあることだと思うが、ボイトレでなんとかなる部分と、ならない部分はやはりあるのだろう。



今は、無理のない音程で、無理のない歌い方になっているので、そういうことが起きた時は、『より味のある歌を歌えるように』みたいな意識改革は必要なのかもしれない。




スポンサーサイト