島田紳助上原美優
元モデルでハーフタレントのマリエが、島田紳助から枕営業を強要させられていたと暴露し、ネットで話題になっている。




マリエのインスタライブ動画を見る限り、売名目的ではなくおそらく事実。 「誰がなんと言おうが真実」「明日には紳助さんの団体に殺されるかもしれない」と酒に酔った勢いでポロっと話すような軽いものではなく、かなりリスキーな内容。



「枕営業を断ったら芸能界で干されてしまう」
今回は実名が出たから騒がれてるだけで、枕営業が芸能界に実際にあるという話は、普通によく聞く話なのだから珍しくはない。 しかし、気になるのは、好感度の高い出川に対して世間がどう反応するか?


今回は、自〇した上原美優も島田紳助に枕営業をしていたという噂もあるので、5chの情報をまとめてみた。




■目次

マリエの島田紳助の枕営業強要事件とは
島田紳助は上原美優にも枕営業を持ち掛けた?
マリエの島田紳助枕営業の話は本当?

マリエの島田紳助の枕営業強要事件とは


島田紳助上原美優 (2)

記事内容


レプロエンタテインメント公式サイトより 4月4日、インスタグラムのライブ配信で島田紳助に「枕営業」を持ちかけられた過去を暴露したモデルのマリエ。


この衝撃告白にネット上や業界内には激震が走っている。
マリエによると、当時番組収録前に島田に挨拶に行けないことがあり、そのため別日に呼び出され指定の場所に謝りに行ったが、そこで肉体関係を迫られたのだという。しかし、マリエはそれを拒否。



もう島田と一緒の現場は嫌だと事務所に相談したが、スタッフからは「今後、仕事なくなるよ?」と脅しのようなことを言われたのだという。



「マリエは島田だけでなく、その場にいて煽った芸人のやるせなすや出川哲朗にも怒りを滲ませていました。インスタのライブ配信は酔った勢いで行なっている感じもあったものの、強い口調で『だから今のバラエティ見てるの嫌いなの』『出川さんがテレビに出ているのも大嫌い!』と叱責していたので、積年の恨みがあったのだと思いますよ。島田は芸能界を引退しているから雲隠れも可能ですが、一番痛手なのは出川でしょう。マリエと共演していた15年前こそ出川は“抱かれたくない芸人”として、嫌われ役だったが、今は好感度も抜群で契約CM本数も多いですから、ダメージは計り知れない」(芸能記者)



さらにネット上ではマリエが所属している芸能事務所・レプロエンタテインメントの対応に疑問を抱く声もあがっている。枕営業を強要され、助けを求めたマリエに対して庇うどころか「(枕営業を)断ると今後仕事はなくなるけど、それでいいんだな?」と言い放ったというから、心証は最悪だ。レプロは過去にも所属タレントとのトラブルが幾度も取り沙汰されてきた。



「のん(能年玲奈)や千眼美子(清水富美加)など、将来有望だった若手女優と契約問題で揉めたのは有名な話です。千眼は過去にエッセイで『本当に社長のことを殺したいって思ったりします』と社長に殺意を抱いていたことを告白していました。さらに、マンガ家の西原理恵子のエッセイマンガで、夫の高須克弥が芸能プロから“枕営業”の誘いを受けたことを描いているのですが、“西原理恵子にそっくりな19歳の女性”を紹介されたというネタで、これが清水富美加なのではないかと憶測を呼んだのです。レプロは枕営業を推奨しているのではないかと、当時大きな話題になりました」(同)



現在も新垣結衣や内田理央など、人気者を多く抱えるレプロだが、マリエの暴露によって図らずも“枕営業推奨疑惑”が再び浮上する形になってしまったようだ。



サイゾー





目次にもどる

島田紳助は上原美優にも枕営業を持ち掛けた?



島田紳助上原美優 (2)



上原美優のwikiには、自〇する直前の上原美優の行動が書かれている。




2011年5月11日23時頃、東京都目黒区のマンション自室で交際中の一般男性と過ごしていたが、「2時間程1人にして欲しい」と彼を外出させたという。その後、外出先の男性の携帯に死をほのめかすメールがあり、折り返し電話をかけても彼女が出なかったため男性が上原宅に向かったところ、自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っており、5月12日午前3時37分に病院で死亡が確認された。24歳没。遺書はないと報道されているが、解読不明のなぐり書きのようなメモを残していた。



参照wiki




上原美優のこの事件の裏には、島田紳助が関係していると文春が報じており、一部抜粋すると「周囲が警戒して近づいてこないのに、紳助は接近してくる。二人が親しい仲に発展していったことは、テレビ界では有名でした」という。



実際、上原美優は「島田紳助からの高価な腕時計とかを贈り物としてもらっていた」と週刊アサヒに書かれている。 その記事には、紳助が共演者に手を出すことは業界では有名だそうで、番組のキャスティングに口を出していたそうだ。ひな壇に座るキレイどころなら、『あの子で頼むわ』という一言で決まり。

島田紳助上原美優 (1)


もちろんトークの面白さというある程度の基準があったかもしれないが、そういった権限を持っていたことから、芸能事務所含め「島田紳助に媚を売る」という関係性ができていた。




一例をあげると、親睦会と称し、食事に誘い出し、自宅に招くというのが口説きのパターン。そして、親密な仲になると、自宅高級マンションの近くに住まわせる。 かつて島田紳助と上原美優は、なんと真向かいのマンションに住んでいた。

tyytyty




文春によると、上原美優はモノのように扱われることに悩み、次第に精神的に不安定になってしまった。 そのことを上原美優が親に打ち明け、遺書の中に上原美優が残した走り書きには、紳助の名前が書かれていたという。




上原美優が亡くなった今、真実はわからないが、後追い取材をした週刊文春の記事にも「紳助の名前が書かれていた遺書」の画像が掲載されている。



なので、これが事実であれば、島田紳助と上原美優の間には特別な「親密な関係」があったことがわかる。また島田紳助の引退理由にも謎が多く、暴力団との関係で引退というのはあくまできっかけで、上原美優のことも含め既に引退せざるを得ない状況にあったのでは?という見方もされている。







目次にもどる

マリエの島田紳助枕営業の話は本当?


島田紳助上原美優 (1)


管理人個人としては、マリエの発言は信用してない。

彼女は東日本大震災の時に「世の中チャリティーかよ。くだらね」(要約すると)とTwitterで吐き捨てて海外に行った。そんな人間性の発言を全て真に受けるのもどうだろうか。


ghhghgh

発言が真実であって、出川がその場にいたのだとしても、出川の発言は「今後の仕事に影響するから、波風たてない方がいいよ?」というニュアンスだった可能性もある。そもそも、何もせずに帰れてる時点で、強要というほどのものだろうか?。




すんなり帰れない状態を作ってての話なら別だが、無事に帰れているので、 彼女の人間性、何もせずに帰れたという点、現在メディアでの需要がない点、この3つを並べると、話題作りのような気がしてならない。




しかし、枕営業があったことは否定しない。
事実、女優やグラビアは、テレビ黄金期まで当たり前のように枕営業はあったし、現在でも声優業界などではあるそうだ。


グラビアアイドルや声優などは、給料がめちゃくちゃ安いから、普通にやっていては生活もままならない。グラビアで人気になった橋本マナミクラスでも、月給30万円とかだから、 売れないグラビアアイドルなんて月給10万円もない。これでは、家賃もまともに払えない。


グラビアアイドルで高級マンションに住んでいるなんて人は、 パパ(パトロン)がいるか、実家がとんでもない金持ちかどっちかであることが多い。



女性歌手でも、 すごい歌唱力がある歌手はともかく、某アイドルグループは有名だった。ちょっと前に 解散したアイドルグループが解散した理由というのが、枕営業をするかどうかでもめて解散したとのこと。(グループのあるメンバーは 枕営業してでも売れたいと言ったが、ある人は絶対嫌だと言い、もめにもめて解散したと、テレビで暴露していた)



ちなみに枕営業といっても、必ず行為をするとは限らない。 アイドルグループなどは、大手スポンサーの飲み会にいかせて、お酌をさせたり、楽しくおしゃべりして大手スポンサーを喜ばせたりとかも営業に含まれる。




今回のマリエの発言について、管理人個人的にはまだ静観という感じ。出川から何かしら声明があるのか、真実であった場合、もしくはスルーした場合、マリエ側の主張はある程度信憑性があると取れる。そうなると今後、もうテレビで出川は同じような活躍ができなくなるだろう。







スポンサーサイト