ママ友 洗脳 占い師 
4月20日放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」
21:00 〜 22:54




今年3月に起きたママ友から洗脳5歳児餓死の事件。
この衝撃的なニュースが報じられた時、なぜ、そこまで洗脳されてしまったのか?そもそもおかしいと思わなかったのか? 子供犠牲にしてまでママ友にお金を貢ぐというおかしな状況が世間を騒がせた。




ヨーロッパでも一流大学にイスラム過激派が潜入し、学生が洗脳されて過激派に協力する事例が幾つもあって社会問題になっている。 日本でも新左翼やオウム真理教など頭がいいとされる一流大学出の人間を洗脳しテロをさせた例はあり、 洗脳されるかどうかは頭の良さには関係無い。




恐らくこの母親は子育てに苦労していて、その心の隙をつかれてしまった。

更にカルト教団やインチキ商売に多大な金をかけてしまった人間が「これを辞めたら今まで出した金が無駄になる」と言う事で信じ続け、ますます傷を深くしてしまったのだろう。




今回は、同じくママ友を洗脳した事件が仰天ニュースで報じられるので、事件の概要をまとめてみた。





■目次

ママ友洗脳とは
ママ友洗脳事件とは
ママ友 洗脳 占い師は誰?

ママ友洗脳とは




ママ友 洗脳 占い師  (3)

恐怖のマインドコントロール


ある女性が一冊の有名女性誌の広告を見ていた。 それは、電話占いの広告だった。
相談料、20分4200円。延長も可能。 しかし実は、この電話がきっかけで わずか2年半の間に1億円以上の金を占い師に奪われてしまう! その信じられない手口とは... "占い師との出会いが人生を変えていく。



彼女は、2人の子どもを持つシングルマザー。
この先、1人で子育てする自信が持てず、その不安を解消したかったという。 その後もあの占い師に電話した。 親の愛情を受けずに育ったと思っている女性。頼れる友達もいないという。 占い師はただ耳を傾け、話を聞いてくれた。 そんなある日、占い師からお菓子が届いた。 同封されていた手紙には彼女を励ます言葉が書いてあった。 気になっていた男性よりも、占い師の存在の方が日に日に大きくなる。



その後も、週2回ほどの電話相談とほぼ毎日のメールが続く。
相談料で月8万円を超えることも。 "家族を捨て占い師の元へ" 一方、生活は荒んでいく。 占い師との電話中、お腹がすいてせがむ子どもを怒鳴りつける女性。 占い師との時間はかけがえのないもの。 それだけに、占い師との時間を子どもが邪魔していると思うようになっていった。 そして、電話相談を始めてから10か月が過ぎた頃。 占い師はとんでもないことを言った。 「あなたと子どもは相性が悪い。このままだと、いずれお互い不幸になる。」 だから「離婚した元夫に親権を譲った方がいい」と。


さらに、占い師は子どもと離れて自分の近くへ引っ越してくるよう勧めた。 確かに先生の言う通りかもしれないと考えた女性は、 なんと子どもと離れ、占い師のもとへやってきた。



公式サイト





目次にもどる

ママ友洗脳事件とは




ママ友 洗脳 占い師  (1)

今年3月に発覚したママ友を洗脳してそのママ友の子供が餓死するまで横領し続けた事件。 報道ではこの洗脳した女は、何年か前に結婚して旦那の名前で消費者金融に借りまくり行方不明だったとか。



ママ友 洗脳 占い師 


赤堀恵美子は、角田美代子、松永太に並ぶサイコパスであり、ママ友として屋らしく近づき、マインドコントロールし、子供を死に追いやった。 生活への指示のみならず、1200万円程の金額を巻き上げていたそうだ。その為に、母親は借金までしていたという。



なので、男の子を間接的に〇したのも赤堀恵美子。

普通の神経ならば、子どもがやせ細って死んでいくのを見ると、物凄い嫌悪感に苛まれる。 それを感じないのは、サイコパスであり、母親も加害者ではあるがが、普通の虐待事件とは大きく異なり、被害者でもある。



本物の悪は、赤堀恵美子。
母親は逮捕後、亡くなったお子さんについて「後悔しきれない」と話しているそうだが、生きているうちになぜ?きづかなかったのか。当時何を思ったのか、裁判の中で語るだろうが、管理人個人の推測だと、「本当に亡くなる」とは思っていなかっただろう。




洗脳下にあり、判断力がほとんど無くなっていたので、「赤堀に言われたとおりにしていれば大丈夫だ」と思っていた。人間誰でも、自分で考えない方がラク。構図としては、北九州監禁殺人事件の松永太と緒方純子の関係にも似ていて、マインドコントロールの怖さがよくわかる。






目次にもどる

ママ友 洗脳 占い師は誰?



ママ友 洗脳 占い師  (2)


仰天ニュースが報じるママ友洗脳した占い師は、上記の洗脳事件とは異なるものの、マインドコントロールする点においては非常に近い。




この占い師も「あなたと子どもは相性が悪い。このままだと、いずれお互い不幸になる。」 だから「離婚した元夫に親権を譲った方がいい」と告げ、占い師は子どもと離れて自分の近くへ引っ越してくるよう勧めている。




洗脳とはこういう小さなきっかけから始まる。
例えば占い結果が良ければ、占い師は「ほら、私の言った通りでしょ」と言い、悪い結果になれば「貴女の迷いの心が成功を邪魔した。私の言う事を正しく実行しないからだ」と責任を巧みに転嫁し、また開運の為に別な品物を買わせる。



オウムの麻原にせよ、オセロの中島を洗脳した自称占い師にせよ、騙される人のパターンは決まっている。疑り深い人、付き合いに慣れていない人、本当に心を許せる家族や友達がいない人など。本人が過ちに気付くまで、この女性も搾取されていく。




家賃は月々27万円、その他の生活費をアルバイトで稼ぎ、消費者金融を利用。

家賃と相談料も支払うために毎月40万円の借金。挙句に言葉巧みにだまされ、風俗店にまで働かされてしまう。それで毎月働いても借金が膨らむばかりで、普段のアルバイトでは返せない事、 自分への相談料が数百万になっていることでようやく弁護士に相談。 物証がなく不利な状況ではあったが、弁護士は力になることを約束する。




5chでもこの占い師の特定はできなかったが、占い師によってマインドコントロールされていた事実を 法廷が認め、総額1億円にも及ぶ被害金額の返金命令が出ている。これはあくまでも民事裁判なので、弁護士は女性に刑事告訴をすすめたが、 被害者は「もう忘れたいからと、刑事告訴はしなかった」そうだ。



そのため占い師は、罪に問われていない。

管理人も占いに利用し、占い詐欺にも合いそうになったことがあるが、結論から言って、親しく近づいてきたり、物を買うのは典型的な占い商法。 確かに、中には占いには無縁で「占いや縁起額良い」だけで押し付け商法している悪徳業者も多い。


が、中には素材元が分かり、成分、効能、効果が得られる販売先もあって、 その差は業者先がちゃんとルートを提示出来るかどうかで判断出来る。





よく例え話で、売れっ子タレントは、高い家賃に引っ越したり、マンション購入すると「ステータスアップ」と言われる。あれは確かにそのタレントの運勢年やモチベーションが上がっているから、自然に高価品が集まる現象である。しかし、何か問題に直面すれば、すぐになくなるのも摂理。



占いや縁起物、スピリチュルに逃げたい気持ち痛い程分かるが、本人が痛い目見れば分かることであっても未然に防ぎたい。占い観点から言えば、高級品、アンティーク商品など「業者先が見えてない販売先での購入」は推奨できないので、洗脳と思っていいだろう。





スポンサーサイト