キッチンDIVE(ダイブ (1)
6月1日、キッチンDIVE(ダイブ)亀戸店で、恫喝する客の映像が報道され、ネットで話題になっている。




キッチンDIVE(ダイブ)は、美味しそうな弁当や惣菜が売りなのに、この恫喝している客はマスクしないで怒鳴り散らしている。出かける際は、マスクちゃんと着けるのがマナーなのに、2人の男性客は店員に対して紙幣を投げつけ大声で罵倒、その最低な行動に批判殺到している。




今回は、5chで特定作業が行われているので、現在の情報をまとめてみた。





■目次

キッチンDIVE(ダイブ)の恫喝客とは
キッチンDIVEダイブ亀戸店の客の顔写真
キッチンDIVEの犯人を5chが特定?

キッチンDIVE(ダイブ)の恫喝客とは







弁当店で店員を怒鳴りつけ暴言を吐く、あごマスク姿の2人。
未明の弁当店に現れた2人の客。 FNNが独自に入手した映像には、男性客2人による弁当店での身勝手な迷惑行為が捉えられていた。 5月25日午前3時すぎ、弁当店「キッチンDIVE」に現れたスーツを着た男性と灰色の服を着た2人組の男性。







この時男性たちは買ったお惣菜を温めるよう希望した。
しかし「感染対策から店内での電子レンジの使用を控えている」と店員が伝えると、男性たちの態度が一変する。 男性客: 誰がしたんじゃこらぁ!オレお前の年収1ヵ月でもうけてるからクズ。 店員に向かって大声で暴言を吐き始めた。


男性客: 出てこいや!こら! 店員: 営業妨害なのでやめてもらっていいですか? 男性客: 警察呼んでじゃあ今すぐに。何時に終わるのお前待っとくわ。 店員に暴言を吐きお金を投げつける 男性たちの恫喝ともとれる発言はますますヒートアップ。




迷惑行為はまだ続く。
来店から5分ほど経ち、店員に向かって勢いよく投げつけたのはお金。 男性客: 置いてきゃいいんだろ!金払ったら客だろうが! 店員: 払ってもらってないです。投げただけです。 男性客: 投げたよ一緒だろ? 店員: 全然違います。 男性客: 最初にまず払っただろうがや! マスクをずらしたまま怒鳴り散らす男たちは泥酔状態だったという。



接客していた店員(20代): お札と一緒に小銭も投げたのでこっちに小銭だけが飛んできた。耳あたりに当たった形になるんですけど、目とか入ったら本当に危ないくらいの勢いで投げられたので。 一歩間違えれば大きな怪我にもつながりかねない危険な行為、弁当店の店主も怒りを隠せない。


キッチンDIVE・伊藤慶店主: 店員のことを怒鳴りつけて、どう喝するような態度だったり、すごく残念ですし、許せない気持ちがあります。 店側は被害届を提出。警察は事実関係を調べている。



FNN





目次にもどる

キッチンDIVE(ダイブ御徒町店の客の顔写真




キッチンDIVE(ダイブ (2)


現在、「キッチンDIVE」YouTubeチャンネルでこの恫喝している男性客の映像がモザイクなしで公開されている。






酔っ払いによる迷惑行為は、通称・酔っぱらい防止法、酩酊防止法、トラ退治法、めい規法(酒に酔って公衆に迷惑をかける行為)になるので、店員自身がその場で「現行犯逮捕」し、警察に引き渡すべきだった。





現行犯逮捕できなかったのであれば、警察も現行犯以外は逮捕できないので、逮捕は無理。緊急逮捕というのがあるにはあるが、とり急いでの危険性がない限り行なわれない。それ以外は裁判所の許可を得た上で逮捕状を得て逮捕しないいけない。



逮捕は「あなたを酔っ払いによる迷惑行為の現行犯で逮捕します」と相手に告げるだけで成立する。警察には「逮捕しましたので身柄を引き取ってほしい」といえばいいだけ。




業務妨害罪は、どのような業務についてでも適用される。

ただし、犯人の「犯意(業務を妨害しようという意思)」と「業務を妨害する行為」がなければならない。



例えば、駐車監視員(公安委員会から委託を受けた民間の社員)が放置駐車の処理をしようとしているときに「違反処理するな。〇すぞ!」と言えば、公務執行妨害になる。



これが、民間の業務であれば「威力業務妨害罪」になる。

例えば「お前の会社に爆弾をしかけた」と言って、客や従業員を避難させるようにして、業務を停滞させれば「威力業務妨害」。 で、ややこしいのが「暴行や脅迫」によらず、公務員の職務を妨害すれば、民間の業務を妨害した場合と同じ「偽計業務妨害罪」になる。



恐喝・恫喝などは、やはり証拠となる映像などがあれば起訴ができる。
刑法第234条には、「威力を用いて人の業務を妨害した者も,前条の例による。」とあり、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されるということ。



しかし、映像があっても現行犯じゃないので、犯罪者を取り逃がしてしまった現状では、逮捕まで至らないかもしれない。














目次にもどる

キッチンDIVEの犯人を5chが特定?





現在、5chでは、威力業務妨害で逃走中犯人の情報を公開されているので、特定作業は行われている。



特徴は、関西弁で深夜3:28分にスーツとスウェットの二人組ということで、すでに有識者が「典型的な夜の店のスタッフと呼び込みファッション」だということも判明。この近隣にある夜営業フィリピンクラブの経営者などで間違いないだろう。







コロナ=夜の街感染病。
大人が深夜迄、夜遊び(外飲み、居酒屋、キャバクラ、フィリピンパブ、ホストクラブ等)で飲酒をしながら長時間の会話や接触で感染、 その後、感染者の家庭や職場で感染拡大、そして病院クラスターへと繋がっている。



キャバクラは箱が小さく全てのお店を把握が厳しい。

おそらく、この犯人たちが特定されれば、間違いなくこのお店は大バッシングを受け、営業停止になる。




ただ、犯人逮捕まではとても難しい。

ホリエモンもマスクをめぐってそういうやりとりが入店に関してもめごとがあったが、その事実を歪曲しているわけではないので営業妨害にならなかった。



マスク未装着入店拒否についてネット上で私見を述べて相手(餃子店)と論戦するというのはまったく問題のないこと。



表現の自由、思想の自由。
例えば、その店の餃子にゴキブリが入っていたことが事実で、それをネット等で公開して、その結果、店の売り上げが落ちたとしても営業妨害にはならない。



あくまで事実か虚偽かが問題。

あと、最近流行の誹謗中傷も同様で、今回の場合はネット上ですでに顔写真が公開されてしまっている。もちろん、犯人たちの行動は許せないが、本当に逮捕してほしかったのなら、公開すべきではなかった。



視聴者は、感情論で片付けようとするので注意しないといけない。 多数派の同調圧力は分かり易いことにしか反応しないので、犯人を本当に逮捕させたいのなら、特定せずに静観するのがベストだろう。






スポンサーサイト