江頭の病気
6月6日、体調不良のため活動を休止していた江頭2:50が、自身のYouuTubeチャンネル「エガちゃんねる」で復帰を報告。



しかし、病名は明らかにしなかったこと、引くような病気で療養されていたことで、とかえって病気が何だったのか?気になる人が多いようだ。実際、復帰した江頭は封筒に紙を戻す時、手が震えていた。5chではその様子を察するにストレスからくる甲状腺の病気、パーキンソン病などが予想されている。





今回は、江頭の病気や病名はなにか、5chの情報をまとめてみた。






■目次

江頭の復帰
江頭の病気・病名はなに?
江頭の病気は鬱病ではない?

江頭の復帰

江頭の病気 (2)




記事内容

体調不良のため活動を休止し、休養中だったお笑い芸人・江頭2:50(55)が6日夜、自身のYouuTubeチャンネル「エガちゃんねる」を更新。全身金粉まみれの姿で1カ月ぶりに登場し「完全復活しましたぁ!」と復帰を発表した。



入院時の心境については「一瞬、芸人人生が終わるかもしれないって絶対考えちゃいけない事が頭をよぎった」と告白。病名は明らかにしなかった。
動画公開1時間後には再生回数が約25万回に達した。 



江頭は雄叫びを上げながら登場し「久しぶりのエガちゃんです!おまえら~待たせたな~!完全復活しましたぁ!頭のおかしいおまえら、心配かけてゴメンな!」と第一声。「めでたいって言えば金粉だろ。だから全部、金にしてきたんだよ。この顔色、いいだろ?」と自画自賛した。




快気祝いとしてスタッフの「ブリーフ団」から花束とアイスキャンディーを贈られた後、「江頭2:50から頭のおかしい奴らへ」と題した手紙を読んだ。 「頭のおかしいお前ら!俺の復活を待っていてくれてありがとう!俺が病気になって入院した時、ブリーフ団には『エガちゃんねる』はもう終わっちゃうかもしれないって心配をかけてしまった。そして病院にも付き添ってもらったり…。食わして行かなきゃいけない立場の俺が、こんな事になってしまった。情けない!そして頭のおかしいお前ら!1人でも悩んでる奴を、苦しんでる奴を笑わせることができればって始めた『エガちゃんねる』なのに、逆に俺が励まされてしまった!ごめん!ありがとう!」とファンに感謝。



実は入院した時、一瞬、芸人人生が終わるかもしれないって絶対考えちゃいけない事が頭をよぎった」と打ち明け「けど、今まで俺は何度も底から這い上がってきた。だから、ここで終わるわけには行かない。まだ終わらせられねぇ!今回も這い上がってやるって思って病気と全力で戦うことにした。そんな中、お前ら…」と読み進めると、絶句。「『いつまでも待ってるよ』って言ってくれたから、俺も安心して治療に専念ができたし、だからこそ、こんなに早く復活する事ができた」と涙ながらに声を震わせた。  



「正直、この回復の早さは医者もビビってる!みんなの熱い想いに、病気もビビったみたいだな。お前らのおかげだ!ありがとう!」と再び感謝。  



「今回、俺は1カ月休むことになったけど、たくさんの大事なものを得ることができた!たくさんの佐山愛ちゃんの作品を見る事ができた。疎遠になっていた、たくさんの○○嬢から連絡が来た。でも一番は、お前らの温かい思いを知る事ができた事。それが一番大きいと思う。そしてここから、新たな江頭伝説を作っていくぜ!これからも本気で、全力で『エガちゃんねる』をやらせてもらう!本気でやらないと、本気で笑えないだろ?だから、お前ら!『歳なんだから無理しないで』とか、あんまり言うなよ!手を抜いたら、江頭2:50じゃなくなっちゃうから。最後に一言物申す!辛いことがあったら、嫌なことがあったら、死にたくなったら、『エガちゃんねる』を見ろ!俺を見ろ!笑え!江頭2:50」と締めくくった。



ブリーフ団に「江頭さん、ちょっと泣いてます?」と聞かれると、思わず吹き出し「泣いちゃったなぁ」と鼻をすすった。 5月3日に休養を発表。5月10日に休養継続、5月24日にはさらなる休養延長を発表していた。


スポニチ





目次にもどる

江頭の病気・病名はなに?



江頭の病気 (1)




江頭本人から病気を公表していないので、正式な病名は不明だが、公開された動画からまとめると、


・病院に入院した(3日で退院)

・(芸人として)恥ずかしくていえない

・1週間から1カ月程度休む

・芸人としておわるかも

・医師も驚く回復ぶり

・コロナではない



復帰した江頭はもとより痩せてもないし、外傷なども見られなかったし、伏し目がちでもなかった。
「芸人として辛い」となると、ナイティナイン・岡村隆史も苦しんでいた鬱病などの精神的な病気が考えられる。



江頭は過去に「笑えなくなる病気」になったことがあるという。
ライブで語ったエピソードなのだが、その時も病名を明かさなかった。おそらく、ひきつり、上半身骨折、偏頭痛、胃がん、鬱病、栄養失調などが考えられる。




芸人は元気を売る仕事なので、それが鬱や精神病だと芸人のプライドで言いたくないのかもしれない。「そんな病気になるほど頑張りすぎてたんだ」と思われなくないだろうし、笑ってもらえなくなってしまう。そんな状況で、本人は仕事したいと言っても周りから止められるしまう。




ただ、3日で退院したということだから、5chで噂になっているパーキンソン病や重症心臓、脳の病気ではないことはたしか。休業から復帰した岡村や梶原は、今では精神的なものだったと語っているので、もう少し時間がたてば病名を明かすのかもしれない。





目次にもどる

江頭の病気は鬱病ではない?







5chでは、江頭の病気を「精神的な病気」の見方をしている人が多いが、管理人個人的には違うような気がする。




調べて見えると、精神病で入院するほどになった人の多くの治療期間は、一般的に3ヶ月から6ヶ月くらいかかる。もちろん、軽症であれば、これより短期間ですむ場合もあるそうだが、入院するほどの重症の場合や過度のストレスがかかり続けた場合はこれ以上かかることもある。



従って、あらかじめ全治何ヶ月と予測することは困難。 (ブリーフ団は当初2週間から1か月ぐらいといっていた) 治療方法は規則正しい生活を行ったうえでの薬物療法、カウンセリングが必要。大切なことは生活のリズムを崩さないことで、規則正しい生活もうつ病の治療には必要になる。



勘違いしてはいけないのが、入院したから完治するというものではなく 「病気」と診断されていなくても、気分の良し悪しがあるようにうつ病にも、病状が良い時悪い時がある。


鬱病など精神的な病気にはいろんな形態があり、原因も様々。
入院するまでの経過がわからないので決めつける判断はできないが、ただ一ついえることは、日本の精神医学は、欧米に比べると、遥かに薬物重視の治療法を行っているところが未だに多い。


管理人の知る長く精神科医に通院している人たちは、やはり多量の薬物を一度に処方されて、真面目な人ほどそれらをきちんと服用した人が多い。うつ病は、同じ「うつ病」でも症状の個人差の大きい病気なので、どんな治療がその人に適しているかも人それぞれ全く違う。



たとえば症状がとてもひどいと感じられる人でも、入院した方がいい場合と、自宅療養の方がいい場合もある。そして、「完治するまで入院する」というものでもないので(まだ本調子ではなく仕事は出来ないが、生活に支障はない、など)入院期間は人によって様々。




2~3週間の人もいるし、3ヵ月の人もいる。
もっと長く入院する人もいるだろう。 ただし、多くの病院は3ヵ月までしか入院出来ないという現状があるので、病状が全く改善しなくとも、たとえ悪化しようとも、3ヵ月で退院せざるをえない場合が多い。なので、最長3ヵ月と考えられている。





まとめると、医師が重症で入院したのに、3日で退院できると判断したとは思えない。



なので、鬱病などの精神病ではなく、甲状腺の病気かもしれない。

江頭はYouTubeチャンネルの動画内でもろれつが回っていなかった時があったし、手の震えも度々見られた。この病気なら全摘手術をした際の入院期間は2日前に入院、術後1週間で退院できる。(体調が良ければ、早期退院も可能)



なので、江頭の病気は甲状腺の病気が濃厚だと思われる。





スポンサーサイト