ココイチ 不衛生 (1)
6月14日、カレーハウスCoCo壱番屋が、従業員による不適切なSNS投稿があったとして謝罪文を公式HPに掲載したことがネットで話題になっている。






今は採用前に応募者の名前でGoogle検索をするのが一般的。
バイトテロなど名前が簡単にわかる炎上行為など、一度悪いことでネットに名前が載ってしまうと影響は確実にある。 いわゆるネットタトゥーというもので、このバイトテロ犯人もすでに5chで特定されているようだ。




今回は、ココイチ 不衛生行為バイトテロ犯人についてまとめてみた。





■目次

ココイチ不衛生行為とは
ココイチ不衛生行為の犯人を特定
ココイチ不衛生行為の犯人の今後

ココイチ不衛生行為とは




記事内容

再び目立つようになった「バイトテロ」が、今度は「カレーハウス CoCo 壱番屋」で発覚した。



まかないのカレーに「不適切行為」が  店の休憩室で、アルバイトの男性がカレーに「不適切行為」をしたものだ。運営会社の壱番屋は2021年6月14日、「お客様にご不快、ご不安な思いをさせた」として公式サイトで謝罪した。


中略



この15秒ほどの動画は、インスタグラムに投稿され、6月13日には、ツイッターで転載されるなどして騒ぎになった。  ドミノ・ピザでバイト店員がシェイクをなめる動画投稿が話題になっただけに、「またバイトテロ...」「汚い!ほんと嫌!」「なんでこういうことするんだろう?」といった声が相次いでいる。


中略



動画は、食事をしていた男性がスマートフォンのカメラで撮り、行為があった直後に、自らのインスタに投稿していた。インスタは、鍵付きのアカウントで、24時間で消える「ストーリー」に動画をアップしたため、仲間うちだけで見るつもりだったという。




それがなぜネット上で流出したのかは不明だというが、12日の深夜には拡散が始まり、それに気づいた別の店から本部に通報があったそうだ。



壱番屋は14日昼過ぎ、「店舗従業員による不適切な行為とお詫びについて」のタイトルでお知らせを出した。「従業員による不適切な SNS 投稿があったことが発覚いたしました」と報告し、「このような、店舗内の休憩室での不衛生で不適切な行為によって、お客様に大変ご不快でご不安な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。  発覚当日に店の営業を停止し、再発防止に向けた指導を行うとともに、店における衛生管理の確認や清掃などを行い、翌日から営業を再開したという。  



バイト店員2人については、「事実関係を認め、素直に反省しておりますが、弊社といたしましては規程に則って厳正な対応を行う所存」だとしている。


J-CASTニュース





目次にもどる

ココイチ不衛生行為の犯人を特定





5chではすでにCoCo壱番屋バイトテロ事件の犯人が特定されている。

このバイトテロ犯人は、九〇共立大学4年で陸上競技部所属する21歳と判明。店舗側では処分検討中の模様だが、すでに犯人のSNSは非公開になっているが、5chでは名前や顔写真はすでに拡散されている。




ココイチ 不衛生 (3)



そもそも鍵垢なのに「予期せず拡散した」ところが、やった犯人の人望のなさを現している。




拡散には、元の投稿の発信と同等の責任が発生する。

根本の投稿をした本人とリツイート等で拡散した者、両者ともに被害者(バイトテロをやられた店など)から訴えられる可能性はある。



ただし、被害者に被害を与えた者の中で『誰を訴えるか?』は被害者が決められるので、A(投稿者)B(拡散者)C(拡散者)D(拡散者)がいた場合に全員訴えられるかどうかは被害者次第。投稿者は別にして、拡散者は全員正当な個人特定が出来ない場合もある。



ちなみに以前大津のイジメ自〇が報道された際に『イジメ主犯の両親』とした誤った投稿があり、それを拡散した某芸能人が民事の賠償請求されている。



もちろん、このような行為をした人物が一番悪いのだが、ココイチ不衛生行為の犯人を特定したとしても、拡散する行為はせず、静観するほうがいいだろう。




目次にもどる

ココイチ不衛生行為の犯人の今後




実際にバイトテロに賠償金を正式に求めたケースはある。

都内蕎麦屋にて従業員が店の食洗機に入っている画像をはじめ、不衛生な画像をTwitterに投稿をしました件では、店主を含む原告側が、この行為を行った従業員たちに対して1,385万円の損害賠償請求を起こしている。当時既に、この蕎麦屋は閉店に追い込まれており、双方ともに大きな被害となった。

ココイチ 不衛生 (2)


大和ハウス工業の孫請けとして配管工事などを受注した水道設備会社の従業員2人が、福岡県志免町の同社建築アパートの受水槽内で泳ぐ様子を、インターネットの動画投稿サイトに投稿。委託先の水道設備会社は今回の投稿により受水槽の交換や入居者への慰謝料、他社から取引を停止されて損害が生じたとして、同年12月に2000万円求めて福岡地方裁判所に提訴している。



これだけ大きな被害が出ること、バイトに高額賠償請求をして見せしめが行われているのに、この犯人の大学生は問題に対する認識が甘いと言わざるを得ない。





恐らく、客が誰もいない時間帯を狙っての行動だったのかもしれないけど、動画をアップさせること自体、後でどうなるのかといったことを全く考えてなかったのだろう。それくらい、「悪い」という自覚が無いのかもしれない。



今までの不適切動画と同様、何も考えてなかったといわざるを得ない。単に閲覧数を増やしたい、注目されたい、あるいは目立ちたいと思っての行動なのかもしれないが、こんな状況が続くようでは、外食しに店に行くのも不安になるだけ。ココ壱番屋には、本当に徹底した指導と再発防止に努めてもらいたい。



スポンサーサイト