ツールドフランスで大クラッシュ (2)
6月26日に開幕したツール・ド・フランスで、観客の女性と選手が接触し、大クラッシュが発生したことを受け、ネットでは特定作業が行われている。




ツール・ド・フランスの視聴者数は、管理人が調べたところ、全てのスポーツイベントの中で、世界で3番目に大きなスポーツイベント。



1番目はサッカーワールドカップ。2番目はオリンピック。3番目がツールドフランス。 世界中で放映されるから、35億人ほどの人は注目する大イベントである。


そんな大きな大会で事故を起こしたこの女性は何者なのか?




今回は、ツール・ド・フランスの大クラッシュした犯人の特定情報についてまとめてみた。





■目次

ツール・ド・フランスの大クラッシュ事故
ツール・ド・フランス大クラッシュした犯人の女性は誰?
ツール・ド・フランス大クラッシュした犯人の女性の賠償金

ツール・ド・フランスの大クラッシュ事故




ツールドフランスで大クラッシュ



ツール・ド・フランスで何十人ものサイクリストが転倒する事故が起きた。


ひとりの観客が看板を持ってコースに出過ぎていたため、サイクリストのトニー・マーティンと接触。バランスを崩した彼が転倒すると、群れになっていた後続の選手たちも次々に転倒し、自転車の山が出来上がった。



選手が次々に転倒する瞬間。
問題の観客はまったく選手を見ていない。 事故を起こしたファンは「Allez Opi-Omi!」と黒のマーカーで書かれた看板を持っていた。これは祖父母への挨拶のメッセージだと「CBSスポーツ」は報じている。




事故の起きた瞬間を映した動画を見ると、観客は選手のほうを向いていなかった。
ツール・ド・フランスのディレクターであるクリスチャン・プリュドムによれば、レースの主催者であるASOがこの観客に対して苦情を申し立てている。だが事件の直後、ドイツ人と思われる外国籍のこの観客は行方がわからない状態になっている。




JNN




目次にもどる

ツール・ド・フランス大クラッシュした犯人の女性は誰?






ツール・ド・フランス大クラッシュした犯人の女性は、カメラにメッセージボートを見せたかったようだ。



内容は、選手応援メッセージどころか 「じーさんばーさんやっほー」という超くだらない身内へのメッセージ。大クラッシュ事故を引き起こしておきながら、現場から逃走したというので、5chで特定せずとも、大会の主催側が特定をすすめてるという。



しかし、この犯人の女性は、特定されると、へたすると〇される可能性もある。

賠償金の額は一生かかっても払いきれないレベルだし、顔バレでリンチも怖いし、地元にももう住めない。 逮捕が先か、保護が先かの状態。少なくとも身元の特定はすぐされて、村八分は確実。




それだけ、ツール・ド・フランスは注目されている大きい大会である。

ツール・ド・フランスの賞金は日本円で、5千万~6千万で配分は選手全員で均等に配分され、その中で、個別に賞(山岳賞、スプリント賞)を取った人はプラスα)がある。



ツール・ド・フランスに限らず、プロのロードレースは基本的にチームで走る。
なぜかというと、自転車競技というのは、空気抵抗を如何に減らすかが重要だから。 先頭で風を受けながら走るのと、人の後ろで走るのでは、使う力がかなり異なる。




なので、どんなに強い選手でも一人でトップを走り切ることは難しい。
各チームは勝つ可能性が一番高い選手をエースとして、その他の選手をアシスト役とし、アシスト選手が風除けの役割などをしながらエースをゴール前や勝負どころまで連れて行く。 そして、皆の犠牲の上でエースが勝負する。



そこに至る戦略や、局面局面での判断がロードレースの楽しさ。

付け加えておくと、選手には得意な局面に違いがあり、これは脚質と呼ばれる。 平坦を一定速度で走るのが得意な選手=ルーラー、短時間の速度に優れる選手=スプリンター、中程度の時間と強度を繰り返すことができる選手=パンチャー、登りに強い選手=ヒルクライマー、登りも強い上で穴が少ない選手=オールラウンダーなど。




大別するとスプリンターをエースに据え、ステージ優勝を狙うチームと、オールラウンダーをエースとして、総合成績を狙うチームに分かれる。ただ、総合成績を狙うチームでも、全21ステージでは様々な局面があるので、平坦でチームを牽引できる選手なども編成に加えており、その組み合わせなども楽しみ方の一つである。





ロードレースとサッカーや野球などスタジアムで行われるスポーツとの大きな違いを考えてみてればわかる通り、 ロードレースを生観戦するのにお金は必要ないし、その辺の道路を走っている選手らを見るだけ。



ところが、サッカーや野球などの場合、生観戦するのには観客はチケットを購入しないといけない。 なので、ロードレースの場合はスポンサーからの給料と、チームメイトが優勝や入賞して獲得した賞金を山分けするというのが基本。



そんな選手たちにとっても重要な大会をぶち壊したこの犯人の女性は、許されない行為をしたことがわかるだろう。




目次にもどる

ツール・ド・フランス大クラッシュした犯人の女性の賠償金




ツールドフランスで大クラッシュ



スポーツ大会中の事故なので、裁判になった場合にどういう判決が出るかは、海外の司法によるが(競技中だからすべての責任が反故になるというわけでもないし、逆に被害が大きいほうが常に被害者というわけでもない)ツール・ド・フランスというロードスポーツそのものが多少の危険を伴っているだけに、たとえこれらのルールを守ってプレーをしていても、必然的に起こってしまう事故もある。



このような事故の場合は、一般に法律上の賠償責任はないものと考えられる。


しかし、今回の場合は、開催地フランスなので、フランスの道路交通法?に則って適切な対応がなされるだろう。フランスにとってツールは、毎年国を挙げて行われるビッグイベントの一つ。それを初日からいきなり泥をかけられたようなもんなので、事態の大きさもさることながら面子にかけても野放しにはしない。



ASO主催者側からは。既に今回落車を誘発させてしまった犯人の女性への訴えを起こしているという話も出ているが、まずは該当の女性の身元がまだはっきりしないのでフランスの捜査または良心に従い、名乗り出るのを待つ感じなのかもしれない。



チームとしても落車による選手の怪我は、罰金や損害賠償なんかでは到底取り戻せるものではない。腹立たしいことだが、特定できたとしても、主催者側の動向を見守るしかないだろう。








スポンサーサイト