福岡双葉保育園 口コミ (2)

5歳園児バス内に置き去り事件について、5chでは双葉保育園の園長・浦上陽子への批判が多い。



そもそも、一般のバス運転手は終点に付くと最後部の席まで寝ている人がいるか、又、忘れ物は無いか確認する。小さくてバスの中で隠れやすい園児たちを、どうしてこの園長の浦上陽子は確認しなかったのか?



後方の座席にいて眠ってしまった男の子を、降りたと思って座席も確認せず、バスに鍵をかけて夕方まで放置。なぜか出席の確認すらしていない。 そもそも、この熱中症注意報が出されているこの時期だから、尚更確認が必要。 もう、これは事故ではなく、この園長が確認を怠ったがゆえの事件。



今回は、双葉保育園の園長・浦上陽子の顔写真が特定されたので、事件の概要についてまとめてみた。




■目次

双葉保育園の園長・浦上陽子のバス置き去り事件とは
双葉保育園の園長・浦上陽子の顔写真
浦上陽子の今後

双葉保育園の園長・浦上陽子のバス置き去り事件とは




福岡双葉保育園 口コミ (5)

記事内容


福岡県中間市にある認可保育園の私立双葉保育園で送迎バス内にいた園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)=同市=が〇亡した事件で、県警折尾署は30日、原因が熱中症だったと発表した。冬生ちゃんは29日朝に園の迎えのバスに乗り、炎天下の駐車場の車内に約9時間閉じ込められていた可能性があり、同署は業務上過失致死容疑も視野に調べを進めている。



また、迎えのバスは園関係者の複数体制ではなく、運転していた40代の女性園長1人だったことも同署の調べで新たに判明。母親などによると、園舎で姿が確認できなかった冬生ちゃんについて園から家庭に欠席確認の連絡がなかったといい、近隣の保育関係者から疑問の声が上がっている。



 同署によると、冬生ちゃんは29日午前8時過ぎに園の迎えのバスに乗り、午後5時10分に母親(37)が帰りのバスを迎えに行くと、降りてこなかった。午後5時15分ごろ、園の駐車場に止められていた朝の迎えのバス車内で倒れている冬生ちゃんが見つかり、約1時間半後に〇亡が確認された。


園は迎えと送りで違うバスを使用しており、朝の迎えのバスは冬生ちゃんが見つかるまで約9時間、駐車場に止まったままだったとみられる。園長は同署の調べに「(冬生ちゃんが)降りたと思っていた。自分がバスの鍵をかけた」と話しているという。



気象庁によると、29日の中間市周辺は最高で33・1度まで気温が上昇した。子供やペットの車内放置防止を呼びかけている日本自動車連盟(JAF)福岡支部によると、25日に同県宗像市で啓発イベントを実施した際、32度まで気温が上がる中でダッシュボード上の温度は67度まで上がったという。担当者は「夏場は15分で熱中症の危険域に達する」と指摘する。


中間市内で送迎バスを運行する別の四つの保育園に取材したところ、4園とも送迎は運転手と職員の2人体制で実施すると答えた。ある保育園の職員は「降ろし忘れを防ぐため」と語った。市の担当課は国や自治体の取り決めはないとしたうえで「普通は2人体制で送迎する」と疑問視した。


 
別の保育園の職員は「欠席連絡がなく登園してこなかった場合は園から連絡する。過去に他の園で家庭での虐待死亡事案があり、園児が欠席の場合は家庭に連絡して確認するようにということになった。園児の出欠確認は監査の対象だ」と指摘した。



朝日新聞




目次にもどる

双葉保育園の園長・浦上陽子の顔写真




5chでは、双葉保育園の園長・浦上陽子の顔写真は特定され、すでにSNSで拡散されている。





顔写真など浦上陽子の情報を掲載していた「ふたば保育園 ホームページ」はすでに削除されており、現在では確認することができないが、5ch情報によると、この浦上陽子はかなり怪しい人物。





労働基準法違反(保育所給料への脅し)、保育士への暴言、園児たちへの虐待のようなしつけ(雨の中なん時間も園児たちを立たせるなど)。


浦上陽子の私生活は、現在も特定作業が行われているが、家族に旦那はいるようで、4児の保護者と不倫までしていたようだ。



4545


園児たちは普段からこの浦上陽子におびえていたのか、バスに乗る時の保育園児の挨拶が妙に長くかしこまっていたそうで、「園長に気に入られないと」という園児たちの恐怖が見え隠れする。




それに被害者の園児は、朝の送迎バスで挨拶してるはずなのに、帰りに聞かれて「来てませんよ」と言った浦上陽子の証言は明らかにおかしい。



コロナ渦の現在、保育園を突然休み、発熱だとしたら怖いから休みの理由きく。それなのに、出席確認すらすぐにしなかったのは、なにかやましいことを隠しているのではないか?




とにかくこの浦上陽子の証言に矛盾しか残らない。



目次にもどる

浦上陽子の今後


福岡双葉保育園 口コミ (6)


2011年にも同じようにバスに置き去りにされた事件が起きている。

記事内容

北九州市小倉北区の無認可保育所、中井保育園(閉園)で07年、送迎車内に置き去りにされ熱射病のため亡くなった浜崎暖人(はると)ちゃん(当時2歳)の両親が、当時の園長(34)ら職員7人と市などに計約5842万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、福岡地裁小倉支部であった。


青木亮裁判長(代読・金光健二裁判長)は原告側の主張を一部認め、元園長ら5人と運営会社に計5701万円の支払いを命じた。元職員2人と市の責任は認めなかった。


判決によると、暖人ちゃんは07年7月27日午後1時ごろ、遠足から送迎車で園に戻った際、職員が人数確認を怠り、約4時間にわたって車内に取り残され熱射病〇した。
 

両親は、元園長らに対し、安全管理マニュアルがないのに、炎天下に公園に連れ出すなど不適切な園外保育をしたうえ、迅速な救命措置をしなかったなどと指摘。市についても、事故後、園側に職員を増やすなどの適切な改善勧告をしていないと主張していた。


これに対し、元園長は「直接保育事業にかかわっておらず、安全管理責任は職員にあり注意義務はなかった」。市も「具体的な危険が切迫している事情は認められず、予見はできなかった。適正に立ち入り検査して改善を求めていた」などとして請求の棄却を求めていた。


事故を巡っては、元職員2人が業務上過失致死罪に問われ、同支部は09年1月、禁錮1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。元園長については関与が薄いとして福岡地検小倉支部が不起訴としていた。


毎日新聞 2011年4月12日


今回の双葉保育園の園長・浦上陽子と似たような事件だが、もし過失なら同じように執行猶予が付く可能性がある。


だが、故意にバスの中に置き去りにしたとならば別。

酷暑といわれるの中、車の窓を閉め切ってエアコンをかけず、車中に長時間放置すればどうなるのか容易に認識できたはず。


「未必の故意」つまり「死ぬかもしれないと思ったがそれでも構わないと思った」が認められるかどうか。


結果を予見し、結果が発生しても構わないと思った(認容した)場合を、未必の故意と言い、結果を予見したものの、安直にも結果発生はないだろうと考えたのであれば、未必の故意はならないから、(重)過失致死罪にしかならない。



未必の故意か認識ある過失かは、結果発生を認容したかどうか、浦上陽子の心の中のことであり、浦上陽子がどう供述するかで決まる。





スポンサーサイト