あみち tiktok
「あみち」という高校3年生の人気tiktokerらしき人物の過去の性行為をしたリベンジ動画が流出した件について、人気配信者「コレコレ」にあみちの彼氏が出演し、流出している動画は本物だと認めたことが5chで話題になっている。



コレコレは、この不正ログインで流出させた犯人、ネット犯罪に法的処置を検討することを明言。
さらに警察に被害届を出したそうなので、捜査機関にも多数の情報を提供しているという。動画を販売している犯人は、捕まる覚悟をしておいたほうがいい。




今回は、「あみち」のリベンジ動画騒動についてまとめてみた。




■目次

「あみち」は人気tiktoker
あみちリベンジ動画は本物?
あみちの今後

「あみち」は人気tiktoker


あみち tiktok (2)



人気tiktoker「あみち」は千葉県の高校3年生。
本名は公表していないが、インスタとTwitterが「ami suzuki」になっている鈴木あみがおそらく本名。誕生日は2003年8月6日。



騒動のきっかけは、SNSで「看護学校1年生。幼い体に」というタイトルで、あみちとよく似た人物の性行為をしている動画がSNS上で拡散された。(現在は削除されている)



この動画にあみちは当初、「自分ではない」と否定。

しかし、人気配信者のコレコレに、あみちのSNSアカウントに不正ログインで流出したとことを認め、SNS上で犯人を捜してほしいことを相談した。



リベンジ動画を疑われた彼氏の「やすたか」がコレコレ配信に出演し、犯人逮捕の協力を呼び掛けた。



コレコレさんの配信に先程、出させて頂きました。今回の件で、該当する動画を所持、拡散している人並びにあみちに対して執拗な嫌がらせを続ける人には徹底的な法的処置を取ることにしました。それにあたって、悪質なスクショ等をお持ちの方は僕の方まで情報提供いただけると幸いです




彼氏もあみちと元カレの性行為をしている動画を認めたので、ネットでは「流出動画はあみち本人」ということで、現在もなお、SNS上で販売が行われている。










目次にもどる

あみちリベンジ動画は本物?






管理人は、あみちのリベンジ動画をすべて確認していないが、あみちの流出動画は存在はすることは間違いない。(事実、あみちとよく似た人物が性行為をしている画像は現在いくつも出回っている)



あみちは未成年になるので、本当にあみちの流出動画が本物なら、購入した時点で、児童ポルノの「単純所持」に該当する。



児童ポルノは、18歳以下の性的な物すべてが限りなくアウトに近い。

どこまでが児童ポルノはかなり曖昧で、児童ポルノであるという認定基準が恣意的で捜査機関の独自の判断により、「処罰の範囲か」「処罰の範囲でないのか」が決まる。


児童ポルノの購入(ダウンロードなど)は、プライベートの空間で行うため、捜査自体が困難。しかし、児童ポルノのダウンロード自体は「所持」として児童ポルノ法違反の対象となるので、たとえば児童ポルノサイト自体が摘発され購入しダウンロードした場合にサイトなどから発覚し、逮捕となる可能性はある。



また、児童ポルノ意外の罪で捕まり、捜査中に発覚する事もある。

単純所持(自己性的目的所持)で検挙される人数は年間30人〜50人くらい。児童ポルノは、18歳未満だと知らずに所持していた場合は、捕まらないが今のところ、写真の所持で捕まっている人は、SNSなどで未成年者へ猥褻な要求や画像を送信、それらを共有した人は捕まっているので、今回のあみちの件で販売者はもちろん、購入者も芋づる逮捕の恐れがある。





目次にもどる

あみちの今後





現在、あみちは、その動画に映る元彼とあみちの今彼「やすたか」が「流出させた(アカウントを不法ログインした)犯人を探している。民事裁判で訴える」と公言している。


そのうえで、あみち本人が「こんな私だけど応援してくれてありがとう」と発言をした。




5chでは、あみちの今回の騒動は、不正ログインではなく、元カレによるリベンジポルノではないか?と疑問に持つ人もいる。




だが、元カレと今カレが協力して犯人捜ししているし、あみち本人のアカウントにあった動画で「不正ログインされた」ことを認めているので、リベンジポルノの可能性は低い。



現実問題、不正ログインでは犯人の逮捕は難しい。

もちろん、不正アクセス禁止法で犯罪だし、警察が裁判所を通してTwitter社に情報開示要求し、犯人を特定することは可能だが、金銭的な被害や脅迫などがないと、不正ログイン位では逮捕要件にあたらない。(児童ポルノとは別問題)



しかし、あみちの本物の流出動画を販売している人たちは犯罪。



2017年に「るろうに剣心」の作者が児童ポルノ法で逮捕されているが、あの事件は児童ポルノ法の法改正がされる前に、イメージビデオ的に立ち姿の全裸の本を高田馬場とかで販売されていたものを所持していたから。



あの宮崎勤の幼女連続誘拐殺人事件を皮切りに、マナーを守らない一部の変質犯罪者の出現により、どんどん規制され、 石原都知事の鶴の一声によって規制された。


何が言いたいのかというと、るろうに剣心の作者のように購入してすぐに捕まらないとしても、児童ポルノは芋づる式に逮捕があり得るということ。あみちの写真や動画の所持もいつ処罰されるかわからないので、興味本位で手を出さないほうがいいだろう。






スポンサーサイト