8月11日に隕石が日本に落下 (2)
Twitterで「8月11日に隕石が落ちる」と、イルミナティカードが予言していることが話題になっている。




イルミナティカードの予言は、コロナウイルスを予言したことで有名だが、その予言はとても抽象的なものであって、先の見えない不安や恐怖は、ストレスが原因になる。大地震が起こり津波や火災旋風で死ぬかもしれないという恐怖心は、仕事や生活、人間関係等からくるストレスが要因となって、自身では思って無くても、そのような事が起こって欲しいと言う願望とも言える人間心理。



自然災害は、学者や研究者でも予測不能で、予言者気取りしている人達も当てずっぽうの事を言い、それがたまたま近い日に当たっただけ。



今回は、8月11日に隕石が落ちる予言は本当なのか?5ch情報をまとめてみた。



■目次

8月11日に隕石が落ちる予言とは
イルミナティカードの8月11日に隕石が落ちるは嘘?
イルミナティカードはただのゲーム

8月11日に隕石が落ちる予言とは





1995年発売、ネットや都市伝説で有名なイルミナティカード。


そのイルミナティカードによると、8月11日に「隕石衝突」 という不吉なカードは出ている。正位置と右に90度傾けて見ると、正位置だと中国大陸、朝鮮半島付近の位置にも見える。



つまり、90度傾けた位置だと日本の関東太平洋沿岸、駿河湾、相模湾、東京湾、九十九里沖。この3つの雲の位置が、隕石落下地点を暗示しているらしい。






ツイッターでこのイルミナティカードの結果が出回り、8月11日に隕石が落ちるという情報が出回っている。




目次にもどる

イルミナティカードの8月11日に隕石が落ちるは嘘?





イルミナティカードとは「カードゲームに使われているカード」。
「イルミナティ」という小説を80年代にカードゲーム化したもので、イルミナティ・グループ・特殊の三種類のカードとダイスを使って遊ぶゲーム。



ネットでは、 9.11のワールドトレードセンターの崩壊やペンタゴンの被害の状況がカードの図柄に似ていることから「事件を予言した」ものとして話題になった。

dffd



また、2020年には新型コロナを予言していたとして、再注目されている。





いずれにせよ、「何らかの事件・災害が起こってから当たっていたと評判になる」という大方の予言のパターンから外れるものではないので、只のゲーム用のカードと見做して差し支えない。


ちなみに、8月11日現在、いまだに隕石が落ちた形跡がない。

イルミナティカードの「8月11日に隕石が落ちる」この予言は、外れる可能性が高い。






目次にもどる

イルミナティカードはただのゲーム




erer


現在、イルミナティカードで予言だと騒いでいるのは、日本人の若い層だけ。



イルミナティカードは日本だけのものではないので、世界情勢も当然、表現として加味されている。その中で、2020年に「新コロナウイルス蔓延の予言だ」ということで、新コロナウイルスに似たカードのご提示があった。



が、インフルエンザウイルスも似ているし、インフルエンザは今世紀発見されたものではなく、だいぶ古くから発見されていた。新コロナだけではなく、歴史上、沢山の感染病が出ていて、今のようにパンデミックを起こしている。



それも世界情勢のストーリーにあってもいいはずなのに、このイルミナティカードにはそれがない。


このイルミナティカードは予言ではなく、世界で起こり得るような画像を集めて作ったのが小説・イルミナティ三部作であり、そこから出来たのが、このゲーム。雑誌「ムー」しか、このゲームを取り上げたメディアが存在しないので、それだけでその意味がわかる。
8月11日に隕石が日本に落下




5chでもイルミナティーカードの検証スレがあるが、全くの思い込みばかり。

イルミナティーカードはオカルトや陰謀論などをモチーフにしたカードゲームなので、大抵は事が起こった後に「それっぽいカードを組み合わせて予言していた」とか、言い出すだけの後付け。誰かがこのように見えると言えば、暗示に掛けられたように、他の人もそのように見える。




YouTuberの動画でも私的解釈が多いから、今回のように余計に情報が拡散されているのだろう。
SNSで見る地震のウワサは全部ウソなので無視してよい。地震が近いというと有名になれるので、ウソをついている人がたくさんいる。


もちろん、災害については事前準備すること、いつ災害に巻き込まれても大丈夫にしておいくことが重要だ。



スポンサーサイト