江ノ電自転車ニキ  (7)


撮り鉄が江ノ電の撮影時、撮り鉄を妨害し、多大なるバッシング、炎上してしまった自転車で追走した外国人が、Twitterで話題になった。



その動画での撮り鉄は「危険行為に対して注意」と言うならアリだが、自分の撮りたい被写体に「被る」から罵声を浴びせ、人としての品性を疑う行為。


しかも撮影時、深夜であることを考慮すれば、罵声だけでも十分に「批判」されるべき行為。それを自覚して、辞を低くしているのであればまだしも、撮り鉄は自分らの犯罪行為を正当化しようとした。



勝手に「押し掛け」て、邪魔されて、罵声を浴びせる。
しかも、深夜の公道で大声での罵声は、どう見ても「正常な神経」の持ち主ではない。



そんな撮り鉄の邪魔をした外国人のインスタが特定され、経営しているタコス屋が大繁盛しているそうなので、今回は事件の概要についてまとめてみた。








■目次

江ノ電自転車ニキとは
江ノ電自転車ニキに罵声を浴びせた江ノ電撮り鉄
江ノ電撮り鉄の特定

江ノ電自転車ニキとは



江ノ電自転車ニキ  (5)

記事内容


江ノ電の撮り鉄を妨害し、多大なるバッシングを食らってしまい炎上してしまった男性が話題となりました。動画内では、非常に高圧的な態度で罵る撮り鉄を前に、何も言い返せない男性が映っておりました。しかし、その男性、実は今「江ノ電自転車ニキ」なる名前でネット上でブレイクしているのです。その理由は、なかなか意外なものでした。



「江ノ電自転車ニキ」とは、8月5日に話題となった動画の男性の愛称。
動画内では、男性が自転車で江ノ電と並走し、どうしても写真を撮りたい「撮り鉄」を妨害し、高圧的な態度で罵られるという内容。その後ネットに動画が拡散し「撮り鉄の態度が悪い」「妨害行為が悪い」など、様々な意見がぶつかり合う炎上騒ぎに。



通常であれば、その時点でもう二度とこのようなことをしない……と誓うのですが、この「江ノ電自転車ニキ」、只者ではありませんでした。


なんとメキシコ料理屋を経営されている事が発覚。

更に今回の騒動をネタにし、インスタに動画のキャプチャーなどを掲載しているのです。





ニコニコニュース





目次にもどる

江ノ電自転車ニキに罵声を浴びせた江ノ電撮り鉄





現在、5chでは江ノ電撮り鉄の特定作業が行われている。

※確定情報が見つかり次第、公開します。



そもそも江ノ電の撮影を邪魔された撮り鉄は、なんの罪もない民間人の江ノ電自転車ニキ個人情報を勝手に特定した上で、「試運転の妨害をした」などと大ウソを吐き拡散。お店に低評価付け、風評被害を垂れ流しまくった。



しかし、ネットで撮り鉄の罵声など一部始終が公開されたのを見た多くの人が、「江ノ電自転車ニキは悪くない」の意見が大多数を占めた。


そもそも、道路を通行止めにする権利が撮り鉄にあるわけない。

これは撮影時の運の悪い出来事のひとつ。たしかに、映像の車両は、昔の車両で今も走ることができる唯一の車両だったようだ。撮影者達の気持ちは分かるが、こればかりは仕方の無いこと。



結果、江ノ電自転車ニキのお店は商売繁盛で良かったが、撮り鉄はどうなったのか?


恫喝、恐喝、道交法違反、偽計業務妨害、どこまで適用されるか分からないし、取り返しの付かない事態に陥っていたかも知れない。



しかも、撮り鉄達の言動は異常。
問題はニキに罵声をあびせ取り囲み、『金だろ、金』と言ってる連中。己れの欲望を満たす為に、他者を傷つけても構わないような行為などは撮り鉄が嫌われる要因には充分だろう。



目次にもどる

江ノ電撮り鉄の特定





管理人が調べた結果、江ノ電撮り鉄の中にいた人物だと思われる書き込みがヤフー知恵袋にあった。
江ノ電自転車ニキ  (1)
江ノ電自転車ニキ  (2)



吊りアカウントかもしれないが、自分たちの犯罪行為を正当化する意見を述べている。
あの場なら集団心理で、撮るのに夢中に成っているのかもしれないし、一部とは言えない状態が普通に有る。


また、撮り鉄が考えるマナーと一般人が考えるマナーが異なる場合が多いので、撮り鉄が取り鉄のマナーを守っていても、一般人からはマナー違反と言うのはごく普通。取り鉄の言うマナーは仲間内に決め事なので、一般的ではない。




写真を取ると言うこと自体多くの場合、他人に迷惑を掛ける行為。
駅であれば混雑するホームを占拠する行為だし、線路で撮る場合も私有地や公共の道路等で有り無断で使用できない所が殆どだが、それを無視して撮り鉄のマナーは構成されている。


少人数が一寸した時間であれば見逃してもらえるが、大人数で長時間占拠すれば当然それだけで迷惑行為。これはマナー違反ではなく犯罪行為。



撮り鉄は昔、子供が多かったから見逃してもらえる場合は多かったが(子供だろうがマナー違反はマナー違反)そのまま大人になってしまったような言動はいただけない。




何度もいうが、写真を撮ること自体が迷惑行為なので「迷惑にならない撮影」は不可能。

もちろん、撮るなと言っている訳ではなく、迷惑を掛けているけれど、許される範囲で撮影する事がマナー。私有地に無断で立ち入って三脚などを立てれば「不法侵入罪」、道路でも通行の邪魔になれば「往来妨害罪」、運転士に向けてストロボを焚けば「威力業務妨害罪」に「列車往来危険罪」など、罪に問われる事案(事件)となる場合もあることを理解しないといけない。





スポンサーサイト