「ありすてぃん」の緊急搬送された (1)
人気TikTokr「ありすてぃん」が8月14日、意識不明の状態になり、緊急搬送されたことがネット上で話題になっている。




「ありすてぃん」といえば、過去に多くのアンチから誹謗中傷を受けていた。

しかし、その誹謗中傷にありすてぃんがキレて「なんの努力もせずアンチばっかしてる一重に人権がない」的なことを言って炎上した経緯がある。




今回も「ありすてぃん」の炎上商法ではないか?とみる人もいるが、実際に病気なのか?


今回は、「ありすてぃん」の病気について、5ch情報をまとめてみた。



■目次

「ありすてぃん」とは
「ありすてぃん」の緊急搬送された経緯
ありすてぃんは炎上狙い?

「ありすてぃん」とは



「ありすてぃん」の緊急搬送された (2)



「ありすてぃん」とは、大須のコンカフェで、リーダー兼マネージャーやっている18歳の女子高生。TikTokで16万人のフォロワーがいたが、現在は凍結。現在は、インスタとTwitterで活動を報告している。




目次にもどる

「ありすてぃん」の緊急搬送された経緯





8月14日、ありすてぃんが緊急搬送された。


事の経緯は、8月12日に自身の生誕祭を終え、彼氏とのお祝いを自身のSNSで報告していたが、彼氏と揉めてしまう。その際に、もともと服用している精神安定剤を多量接種し、さらにお酒を飲んでしまったことで、様態が悪化。



翌日の8月13日、ありすてぃんの親友である「こはくぶちょー」(みっきーの未成年淫行疑惑の相手)が、「ありすてぃんと連絡が取れなくなった」ことを報告。


ありすてぃんの知人がスマホアプリの位置情報で自宅にいることが判明し、こはくぶちょーが駆けつけると、ありすてぃんが意識不明の状態で発見された。


ちなみに、摂取した薬とは、ブロチゾラムやフルニトラゼパムなどの睡眠薬導入剤。この薬は、副作用なのか、適量だったとしても「もうろう」とするような状態になるようだ。


この不眠の薬のほかに、トラゾドン塩酸塩やクエチアピンなどのストレスや不安等の症状を改善させる精神安定剤も一緒に服用していたそうなので、ありすてぃんが鬱病だったことがわかる。







心療内科の医師の判断だから量は問題ないのかもしれないが、ありすてぃんの場合はお酒と一緒に摂取しているので、意識不明になってしまうのは当然のこと。自業自得としかいえない。





目次にもどる

ありすてぃんは炎上狙い?



「ありすてぃん」の緊急搬送された (3)



過去にありすてぃんが炎上したのは元々、酷い誹謗中傷を受けていたのがきっかけ。


「整形は甘えだ」など誹謗中傷を受け、それに対してキレたありすてぃんが「努力もなんもしないアンチなんかに人権はありません」と言ったら、部分的に切り取られ、アンチに拡散されて炎上した。


反論をまとめると

・一重で悩んで何にもしない人は人権がない
・ニキビがある人は汚くて近寄りたくない
・50キロ以上ある人はデブ、隣歩きたくない
・男性器が小さい人は人権ない
・これらに当てはまる人は生きてる価値ない


いくらアンチに対してとはいえ、人権という言葉を軽々しく使うべきではなかった。


その炎上に対して批判していた人は、「アンチに言った」ことを知らなくて、炎上。16万人もフォロワーがいたアカウントも凍結されてしまう。しかし、本当のことを知った人は「ありすてぃんは何も悪い」ということで、支持を得た。



なので、炎上商法を最初から狙ったわけではない。



管理人個人としては、ありすてぃんの緊急搬送は、5chで言われている話題作りや炎上商法だとは思えない。ただ、「人の嫌がることを言うと嫌われる」のは事実。だからTikTokアカウントも凍結になってしまった。




SNSという誰でも見ることのできる所で発信したから炎上した。
「一重に人権がない」これを言うと嫌な思いをする人もいるし、「良くない言葉だ」と普通の人は考えて、思っていても口には出さないもの。


それに、こはくぶちょーも「パパ活をしていた」というのも有名。

交友関係はやはり社会では、人間同士のつながりが一番重要だと思うので、どれだけの人と知り合えるか、よりも、どれだけ人のために考え、動けるか、心を働かす事が出来るか、そっちの方に気を向けるべきだったのかもしれない。




スポンサーサイト