女子高生不明 5ch (4)
東京都墨田区の女子高生・鷲野花夏さん(18)行方不明事件の犯人が、「バ美肉」と呼ばれるバーチャルユーチューバーだったことが判明し、5chで話題になっている。




「バ美肉」とは、画面の中のイラストを動かす技術によって画面の中の世界で美少女イラストを動かして、そのキャラクターになりきること。これをユーチューバーとかけて「Vチューバー」と呼ばれている。





なぜ、「バ美肉」の中の人が犯人となってしまったのか?



今回は、鷲野花夏さん行方不明事件の犯人について、5ch情報をまとめてみた。


■目次

鷲野花夏さん事件の犯人は「バ美肉」
鷲野花夏さん事件の主犯は小森和美
鷲野花夏さん事件の真相

鷲野花夏さん事件の犯人は「バ美肉」






5chでは、鷲野花夏さん事件で逮捕された犯人の報道を受け、特定作業が行われた。その中で個別のツイッターアカウントのほかに、「バ美肉Vtuber」 藤桜華月(漆桜華月)(小森章平)とアルクマーシャ(小森和美) のTwitterアカウントが特定された。

小森章平 (1)


バ美肉殺人事件 (1)
バ美肉殺人事件 (2)




チャンネル登録者は100人未満で現在、動画はすべて削除されている。

なので、Twitter上で「アニメ好きの20代新婚夫婦」がトレンド入り。一部、メディアでアニメ好きの夫婦の犯行と報じ、物議を呼んだ。





ちなみに「バ美肉」は、「カメラの前に立っている人が手をあげたら機械が部屋の明かりがつくようする」みたいなことができたり、自分の体の動きと連動させることができる。



それを更に応用させて「画面の中にいる人形をリモコンのボタンをおして操作しているように自分の手を上げると手を上げたり、首を曲げれば同じ用に首を曲げる」みたいな操作ができるようになる。



このモーションキャプチャの技術を使えば、自分の動きを真似る人形のように画面に自分の顔の動きを真似するイラストを作ることができる。




別に中の人がどんな人(性別や年齢など)は音声ボイスチェンジャーで加工もできるので、実際には美少女でもなんでもない人が美少女のフリもできる。




この界隈では、演者のことを「魂」、キャラクターの絵や3Dモデルのことを「肉体」と呼んでいて、絵や3Dモデルを購入したりして手に入れることを「受肉した」という設定になっているそうだ。



元々は、男女問わず企業企画ではない単独のvtuberのこと言ったらしいが、男性限定に変化した。また、「魂」の性別の隠ぺいはないそうなので(できないけど)そこがネカマと違うところ。




ちなみにVtuberは、YouTubeの中で、そのイラストのキャラクターになりきってYouTube動画の世界で活躍している人たちのことを指すので、鷲野花夏さん事件の犯人夫婦もVtuberだったということにもなる。






目次にもどる

鷲野花夏さん事件の主犯は小森和美



小森章平 (2)




小森章平容疑者と鷲野さんはTwitterで2年近く繋がっており、趣味も合って話が合うようだったから、和美容疑者が嫉妬してアカウント消させた上で連れまわして犯行に及んだという報道がされている。




だから、犯行の主犯は、小森和美容疑者で間違いない。

小森和美の生い立ちや過去も文春などで報じられているが、その行動や知り合いから聞く人格、さらにあの容姿からして一回離婚してるし、「この旦那他に取られたらもう後がない」と感じてたそうだ。




文春の記事などを読んだ限りでは、この小森和美容疑者はかなりのサイコパスを感じがする。旦那もこの和美と結婚したことで、とんでもない泥沼にはまり込んでしまった。



小森和美容疑者がサイコパスだとすれば、 夫は「心理的に支配されていた」ととれる。その結果、常軌をいっした行動をするところまで突き進んでしまったのではないか?




一方、被害者の鷲野花夏さんは結婚する前からやり取りしているしの自ら車に乗ってる事、旦那の方には警戒心は無かった感じから、何度か会ってた気もする。



あくまでも憶測だが、最初は独身だと思っていてドライブや食事、映画鑑賞などしたが、やがて身体の関係になり「卒業したら結婚するつもり」でいたかもしれない。




夫の方はバツイチのぽっちゃり妻より、若い女子高生を選ぶ可能性は十分にあった。
ところがその関係を妻に知られてしまい、話し合うために夫婦で会いに行った。卒業前に会った事を考えると、妊娠していた可能性もある。夫は妻と別れて女子高生と結婚すると言ったとたん、妻は逆上し犯行に及んだ。



すべての出来事を黙ってみていることしかできなかったから、夫は犯行を止めれなかった。
普通、不倫相手(女子高生)と妻を会わせたりしないし、SNSで男と知り合う女子高生なら一時の感情だということもわかっているはず。




現時点では、被害者と容疑者(夫)が、恋愛関係にあったとは断定されていない。

これまで実際に会ったことがあったのかどうかさえ不明。 単にTwitter上で交流するだけの友人のような関係を、小森和美容疑者が邪推した可能性も十分ありえるが、〇意を抱くほどジェラシ―を抱くのはやはり異常である。







目次にもどる

鷲野花夏さん事件の真相




5chでは、妻の嫉妬で犯行に及んだという報道に違和感を感じている人が多い。

管理人の私的には、「妻の嫉妬で」というより「夫の浮気で」の方がしっくりくる。



2年前にSNSで知り合っていたなら、SNSだけの関係ではありえないし、「浮気」だと被害者にも非があるようになってしまう。なので、「嫉妬」なら被害者の名誉は保たれるので、被害者の名誉を守るためにも「嫉妬」という報道がされていると思われる。




今後、事件の動機については、警察が捜査して裁判で明らかになるだろうが、被害者が女子高生だし、SNSで知り合ったのは事実なのだから、プライバシー保護のために明確な動機を報道発表するかは不明。



それでも世間は興味本位で動機を知りたがるだろう。
確かに、嫉妬心で人を〇すのはあってはならないことだし、もちろん悪いのは悪いが、それ以前にやはり旦那の方が原因を作ったことを忘れてはいけない。




旦那が結婚するまえからTwitterでやり取りし、しかも女子高生と繋がっていなければこんなことにはならなかった。



いつまでも旦那に不倫をされていたら、不倫相手の女性に矛先が向いてしまう気持ちもわかる気がする。昔読んだ心理学では、女性の多くは浮気相手の女性に、男性の多くはパートナーに矛先が向くそうだ。(もちろん〇すのは論外だが)



Twitterのやりとりだけで、不倫が成立したら、職場で仲のいい異性と飲みに行ったら不倫確定になってしまう。


おそらく「自分に似た」、「若さ」には絶対勝てない相手だったということで感情のやり場がなくなってしまったのかもしれない。 小森和美容疑者も「最初は話し合いで済ますつもりが気持ちの整理がつかなくなった」といいつつ、立派にナイフを用意しているところはさすがにサイコパス。




これが嫉妬からくるものなら、世の妻帯者は女性と会話できないし、やはり不倫関係にあったとみるのが事件の真相としてしっくり来てしまう。













スポンサーサイト