ガクト病気の嘘 (3)
9月8日、歌手のガクトが病気による神経系疾患の発声障害により無期限休止を発表した件について、5chでは「嘘」ではないか?と話題になっている。




公式ホームページでガクトは、「突発性の発声障害のような状態になってます。 簡単に言うと、声がうまく出せず話すことが困難」と明かしたが、実際は「意識なかったのは1日だけで、その後は意識あるのに10キロ落ちた」という末期癌患者並みの状態、しかも「食事も食べれてない」というのに、自宅療養中という無理な設定にあることが挙げられる。




本当にガクトは病気なのか?




今回は、ガクトの病気「神経系疾患」について5chの情報をまとめてみた。




■目次

ガクトの病気とは
ガクトの病気「神経系疾患」とは
ガクト病気の嘘と胡散臭い理由

ガクトの病気とは





記事内容

歌手のGACKTが、神経系疾患と重度の発声障害のため、芸能活動を無期限休止することを発表した。



GACKTの日本エージェント事務所によると、GACKTは仕事のため滞在していた地中海のキプロス島から8月6日に帰国。その後、「体調が悪い」と訴え、しばらくして容体が急変したという。「幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥りました。体調が悪化した状況が数週間続きましたが、体重は10キロほど落ちたものの現在の容体は安定しております」と説明した。



しかし、重度の発声障害を併発。「現段階では声を発する仕事の続行は不可能と医師からの判断がございました」とし、無期限活動休止を決断した。



現在は自宅で療養中。今後は「主治医がいる海外に戻り、持病及び発声障害に関する精密検査をした後、活動再開に向けて治療に専念する予定」とした。


スポーツ報知




目次にもどる

ガクトの病気「神経系疾患」とは





ガクトの病気は、「神経系疾患」と公表されているが、詳細な病名までは発表されていない。


公式HPには「幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥り体調が悪化した状況が数週間続き、体重は10kgほど落ちたものの現在の容体は安定」しているという。



まず、重度の発声障害を併発、声を発する仕事の続行は不可能ほどの神経系疾患の病気というと、神経系の一部または全体が侵された結果起こる症状。



神経系は、非常に多くの身体機能を制御しているため、該当する症状は多岐にわたる。 色々な種類の痛みが含まれ、筋肉の機能、感覚、特殊感覚(視覚、味覚、嗅覚、聴覚)、睡眠、覚醒(意識障害)、精神機能(認知病)、頭痛、痺れなどが現れる。




これらの症状で考えられるのが「てんかん」

軽い「てんかん」の症状の時は説明が本当に難しいが、突然意識を失ったり、倒れたりするし、てんかんは人によって症状が違う。



睡眠中、急に踏切音のような幻聴とミラーボールが光るような幻覚、体が冷えた感覚で目が覚める複雑感覚な発作。手や足先から冷えと震え、吐き気、稲妻見え、急に転倒の二次性強直発作がある。



この発作があり、意識を失った後、目が覚めたら失禁したりする。

また、ガクトは糖質(米、パン、麺、芋など)を極端に制限した食生活を続けて、健康や集中力をキープしていたそうだ。バランスが悪い食事生活は、重度なてんかんを引き起こす可能性はあるので、考えられる病気は「てんかん」しかない。





目次にもどる

ガクト病気の嘘と胡散臭い理由


ガクト病気の嘘 (4)



5chでガクト病気の嘘といわれる理由は、Flash10月5日号によると活動休止当日に、スピンドル被害者からGACKTに対して直接抗議の連絡がらあったとの事。




GACKTはスピンドルの広告塔及び、取得スピンドルの上場時の売り逃げで17億の利益を上げたとあり、その後マレーシアに移住していた。 プレセールでの購入者には、ロックアップと言って、上場一か月後でないと売却出来ない制限を掛けていたにも関わらず、GACKTを含む運営が「上場時に全て売却する行為は、詐欺罪に該当する」そうだ。






つまり、ガクトは「詐欺の捜査から雲隠れするために、ウソの病気で活動休止した」というのが5chで見かける見解だ。




ガクトは過去にも胡散臭い悪行報道がされている。


・4億円集めて2億円しか寄付していない義援金詐欺報道
・事務所脱税逮捕報道
・仮想通貨違法営業及び詐欺報道
・マレーシア逃亡報道
・筋肉アプリ詐欺商法報道
・パクリドレス報道


ガクト病気の嘘 (1)




昔から違法行為を繰り返しており、その都度報道されていた。

これは詐欺ではないのかもしれないが、2007年の新潟中越地震の際には、チャリティーグッズ販売で数千万円の利益を出しながら、200万円しか寄付しなかった件があり、今回も疑惑の目が向けられている。




ガクトは「コロナ渦で外出するなんて狂ってる」などと言っていたが、その後は金に困ったのかコロナ渦に三回も日本に入国しては、詐欺まがいのビジネスをやろうとした。しかも、税金は日本には申告していないので国賊。


ガクトの病気が本当なら気の毒ではあるが、これだけ胡散臭い嘘がある人物だということは忘れてはいけない。


スポンサーサイト