小室圭が逮捕された理由 (3)

9月24日、秋篠宮家の長女・眞子様と婚約が内定している小室圭が、滞在先のアメリカで突撃取材を受け、長髪になっていることが5chで話題になっている。



週刊女性などの週刊誌によると、眞子様と小室圭の結婚には、日本国民の9割が反対しているそうだが、世論調査は (最低2000人に聞く必用あり) 国民の命に関わるような重要なことならともかく、どーでも良いような内容の質問など真剣に回答するとは思えない。




なので、適当に9割と言ってるだけで根拠などないのだろうが、ネットでは反対する意見が多いのは確か。




それでも眞子様の結婚は、ご本人が意思を明確にご表明されたので、時期はともかくご結婚なさることは決定事項。


眞子さまは、すでに盲目状態になってしまっている。
国民の信頼を取り戻すには身を引くことだし、国民の皇室離れや皇室への不信感を与えるような結婚はすべきでない。



今回は、5chで噂になっている小室圭の逮捕、小室圭の経歴詐称などについてまとめてみた。




■目次

眞子様と小室圭が結婚へ
小室圭が逮捕?
小室圭の経歴詐称問題

眞子様と小室圭が結婚へ


小室圭が逮捕された理由


記事内容


FNNのカメラが捉えたのは日本時間の午前5時頃、小室圭さんがアメリカ・ニューヨークの路上で歩いているところで、黒のスーツ姿にマスクをしていて、髪は後ろで結ぶほど以前よりも長くなっていました。


小室さんは病院から出てきたところで、帰国に向けてPCR検査を受けたとみられます。小室さんは携帯電話で誰かと話したりしていましたが、我々の質問に答えることはありませんでした。


関係者によりますと、小室さんはニューヨークから9月27日にも一時帰国するとしていて、小室さんの帰国は、2018年8月の渡米以来、およそ3年2カ月ぶりで、帰国後、2週間の隔離期間を経て眞子さまと再会する見通しです。



眞子さまは、儀式を行わず、10月中にも婚姻届を提出して結婚し、小室さんとともに記者会見を行われる方向で調整が進められています。宮内庁は近く結婚について正式に発表する見通しです。




FNN





目次にもどる

小室圭が逮捕?



小室圭が逮捕された理由 (2)


5chでは、「小室圭が不正入学と特別奨学金詐取で、NY市警により逮捕されていた」という情報が出回っている。




文春の報道によると、小室圭はロースクール授業出席回数はゼロ。

なので、「学位不正に取得した疑いがあるためにNY市警が逮捕へ向けて捜査を開始したために、しばらく行方をくらませていた」という5chでの噂のようだが、実際に逮捕されて、身柄を拘束された可能性もあった。




詐欺や不正については、アメリカの方が厳しい。
妬んで通報する人もいておかしくないで、実際にありえること。そもそも、アメリカの弁護士資格なんて、日本のdvb自宅で受験勉強したら取得できるレベル。留学なんて必要なかった。 小室圭の留学は、日本のメディア等から逃げることが第一目的だったので、もし逮捕・送検されていたら、留学は中止になる。なぜなら、逮捕=破談なので、いま支援している者は全員が手を引かざるをえない。





しかし、管理人が調べた結果、小室圭がNY警察に逮捕されたというニュースは見つからなかった。




なぜ、小室圭が逮捕という情報が出回ったのかというと、小室圭が「学位不正に取得した疑い」をユーチューバーによるYouTube解説動画が原因だと思われる。このニュースはフェイクだったが、 成績最優秀者が選ばれるはずの返済不要の奨学金を頂いていることから、他の学生から疎まれていることは間違いない。



その辺りから告発でもされた可能性はあるので、授業に出なかったのかもしれないし、そのおかしな状況が「小室圭が逮捕された」という情報になったと思われる。





目次にもどる

小室圭の経歴詐称問題







dfdfdf


週刊文春が報じた小室圭がニューヨークで法律事務所への就職活動で経歴詐称(内容を盛った)してしまった問題。


記事の詳細は文春の記事を読んでもらえれば分かるが、「電通へ就職していない」とトップの上司が証言しているので、履歴書を盛ったことは間違いない。しかし、メディアは400万問題以外の年金不正、疾病手当疑惑、経歴詐称疑惑などは一切報じていない。






日本でもアメリカでも、経歴詐称はよくあること。
そして、雇用主(会社)が問題ないと言えば問題はない。バレた際に何かしらのペナルティを受けたり、極端な場合解雇される、損害賠償を請求されるなどの可能性もあるが、それも含めて会社の判断になる。


だが 「虚偽経歴書」は、自分をよく見せるためなら嘘もつくということ。


そうなるとやはり長文28ページにも自分の正当性の為、嘘があるという見方をされてしまう。一連の借金問題を説明した所謂小室文書に気遣いの気持ちは一切綴られておらず、眞子様への愛は感じられなかった。 これだけバッシングされても余裕で居られるのは、小室圭に企みを託す者達が居て、応援されているのだろう。




今回の帰国は、普通に考えれば就職活動が一段落し、あとは司法試験の結果を待つだけになったからのと、婚姻届など結婚に関わる事務的な手続きもあるので帰国して不自然ではない。だが、文春にをすっぱ抜かれた経歴詐称その弁解も会見で話すのか、注目される。少なくとも、小室圭が発表した28枚に渡る文書に書いてある内容には矛盾する点も多かった。



「借金を踏み倒そうとした人だと思われることを切実に名誉の問題」と考える人が、ほとぼりが冷めるまで高飛びしているようにしかみえないタイミングで留学。少なくとも何かしらの声明を発表してから留学しそうなもの。



そもそも名誉の問題を懸念する人が、金銭トラブルについて複数の弁護士へ相談して、誰一人として事情はどうあれ金銭をお支払いして事態の解決を図るという策を提示しないことには違和感しかない。



しかし、眞子様との結婚を控えている身であることを考慮すれば、それが最善手。


少なくとも国民が祝福できるような会見にはならないことは確実。
下手すれば更に反感を買うことになり、それは猛烈な皇族への反感につながる恐れもある。眞子さまは自分たちさえ良ければそれでいいと思っているようだがいつものように自分勝手な話をして皇室と国民を失望させることだけは避けてもらいたいものだ。







スポンサーサイト