ほん怖 2021 事故物件 (2)
10月23日放送、フジテレビ系・土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話」2021特別編
21:00 〜 23:10



実録心霊ドラマ「事故物件A」の予告動画が公開され、5chで話題になっている。



事故物件に住みます芸人・松原タニシの実体験した「事故物件」は、本当に怖い思いをし、死にかけたこともあるほどの恐怖体験をしているが、何とか現在も生存されている。タニシの芸人魂の強さのお陰で乗り越えられているのかもしれないが、いくら事故物件の幽霊が頑張って祟ろうとしても、全て「ネタになる」「本が売れる」と切り返されてしまっては祟り甲斐がないのかもしれない。



今回は、住み続けたら命を落とすことになると言われた事故物件Aはどこの場所なのか、5chの情報をまとめてみた。




■目次

事故物件Aとは
ほん怖2021の事故物件Aの場所はどこ?
事故物件の心霊現象は存在する?

事故物件Aとは




ほん怖 2021 事故物件 (1)


山崎が主演するのは、ドラマパートの一つ「事故物件A」。“事故物件”に住んでしまうサラリーマン・野々村陽介役を務める。



急な転勤を命じられ、あまり深く考えず、安価で空いていたマンションに引っ越した陽介。妹の良美(堀田真由)と一緒に部屋の片付けをしていたとき、良美は机の上に置いてあった“物件案内”をふと目にしてしまう。そこには“心理的瑕疵(かし)あり”と書かれた文字が…。



出社初日、慣れない仕事に疲れて帰ってきた陽介は、家に帰るとなぜか冷蔵庫の扉が開いていて、満タンだった麦茶のボトルが半分に減っていることに気付く。その後も、何度棚に戻しても落ちる時計、そこには壁から押し出されたかのような、この世ならざる人の顔のようなものが見え…。さらには、苦しくて眠れない夜に目を覚ますと、着物姿の女がおなかの上にたたずんでいたりと、次々に部屋の中で奇妙なことが起きる。




心配した良美は陽介におはらいや浄霊を勧めるが、「今は仕事に慣れることが大事」と言い張って、あまり真に受けていない様子の陽介。しかしその夜、ついに女の霊が現れ…。恐怖におののく陽介は、霊能力を持つという雑貨店の女店主(山村紅葉)の力を借りて浄霊してもらうが、「その場しのぎにすぎない。今すぐにでも引っ越さないと、最悪命を落とすことになる」と言われる。すぐさま引っ越しの準備をする陽介だが…。最凶最悪の“事故物件”で起きた悪夢の13日間が、陽介を最大の恐怖へと追い込む―。



公式サイト





目次にもどる

ほん怖2021の事故物件Aの場所はどこ?


537008




ほん怖2021の事故物件Aは、ストーリーの内容から松原タニシが住んでいた大阪ミナミにあるマンション。映画「事故物件 恐い間取り」にも登場する「赤い女」から、おそらくこの実話をドラマ化したと思われる。


その事故物件では、部屋で赤い服の女と大きな黒い死神のような影を見るようになる。

実は、赤い女など心霊現象がマンションで目撃されていて、更には忌まわしい殺人事件も起きたことで有名なマンションだったそうだ。


後輩芸人を自宅に招待したときには、「ニット帽を被った男性」が背中にくっついてきたそうで、後ろにいるのは誰?と聞いた瞬間にいなくなったという。もちろん後輩芸人は気配すら感じていなかった。



一人暮らしなので、部屋には誰もいないのに、電話の相手には「女性の歌声が聞こえる」といわれたり、部屋でくつろいでいると肩が異様に重く感じたり、浴槽でシャワーを浴びていると突然「シャンプー」という空耳のような声が聞こえたかと思えば、その後シャンプーを使おうとすると中身が空になったりと、心霊体験もしたそうだ。


ある日には、喫茶店に入ろうとしたらお店の人に「女性を背負って入店しないで」と言われた事もあったそうだ。



当時のタニシは事故物件や恐怖になれていなかったので、恐怖のあまり夜に怯えて逃げると、道路に飛び出して車にはねられてしまい、全治2週間の重症を負ってしまった。






その事故物件の場所は、大阪ミナミにある本来8階建てだが実際は10階建てマンション。

2005年に殺人事件が起きていたそうなのだが、現在では事故物件として説明することもなく、現在もなお住民の方はいる。





目次にもどる

事故物件の心霊現象は存在する?




事故物件とは、物理的心理的瑕疵がある物件のことで、告知義務を怠って販売・賃貸したら後から損害賠償を請求されたりする。



例えば、世田谷一家殺人事件のあった家なども事故物件になるのだが、事件からもうかなり経つのに未だ犯人が捕まらないため、事件が忘れられないように(風化しないよう)事件後のままにしていた。



そういった事故物件に実際に住んでいるのが、松原タニシ。



事故物件は実在するが、心霊現象ははっきり言って信じ難い。

最近では、幽霊の類は電磁波に近い性質を持つという説を唱える人が多く、その性質で電子機器に干渉して音声や映像を残すという。カメラのフィルムや記録媒体も人間の肉眼とは感じる光の波長が異なる事も要因の一つだと考えられる。(例えば、赤外線は人間には見えなくてもデジタルカメラには写るなど)



また、磁場の乱れている場所には霊的現象が多いとも言われており、科学者の中には逆の見方から異常な電磁波が電子機器や人間の脳に影響を与えて、霊的な現象に思える錯覚をもたらすという説を唱える人もいる。



実際に事故物件に住んでいたから、こういった鮮明なエピソードになるのだろうが、普通の事故物件では通常、心霊現象は起きない。


もちろん廃病院の霊安室のあった場所とか、心霊スポット、パワースポットと言われて話が大きくなった場所では、ラップ現象や、心霊写真などの現象が起きるとか「気配がある」という『設定にしたい人』という煽り屋が多く存在する。


普通は起きないが、人間は錯覚する動物だから、実際に行って恐怖を大きく感じると幻覚を見たりする場合ある。


例えば、脳が起きた状態で身体がレム睡眠に入ってしまい、目は開いてるのに金縛りになってしまった場合、脳が誤動作して夢を見はじめる場合がある。これは、金縛りで変な声が聞こえてくる時はそういう状態。管理人も何度か経験したことがあるが、これは極限状態で幻覚や幻聴を見るのは別に不思議な事ではない。



脳の一部の機能が緊張から誤動作してるだけ。



ただ人は「錯覚」するとどんどん深みにはまる。
通常は何も起きてないが、その人自身にとっては『確かにあの時何かがあった現象』の出来上がり。なので錯覚なので、本来は何も起きてないというのがオチだ。





スポンサーサイト