あみち tiktok

あみち流出動画の件について、Twitterアカウント「動画保存ランキング」が、あみちの動画をフルで公開し、5chで大きな話題になっている。



あみちの流出動画は、いままで動画のサムネイルだけだったので、動画の内容については真偽不明だったのだが、動画保存ランキングというアカウントでは、Twitter上にあみちの動画をフルで公開したことにより、「あみちの動画は本物だった」と大きな反響(RTやハート)を呼んでいる。



もちろん、未成年の動画を不特定多数に公開することも犯罪行為。
警察が開示請求すれば、アカウントからスマホやパソコンの契約者を特定するのは簡単なので、「動画保存ランキング」がアカウントを削除したところで逃げるのは無理。刑事事件として訴えることはできなくても、スクショなど情報が集まれば、それを証拠に民事で訴えられる。




今回は、あみちの流出動画を公開した「動画保存ランキング」についてまとめてみた。




■目次

あみち流出動画騒動とは
あみちの動画を公開した「動画保存ランキング」
「動画保存ランキング」の動画をダウンロードしてしまった場合

あみち流出動画騒動とは



あみち tiktok (2)



あみちとは、17歳女子高生で人気TikToker。
現在、大学生「やすたか」と交際しており、インスタとTwitter「ami suzuki」名義で活動している。



7月30日、SNSであみちとよく似た人物の性行為をしている動画がSNS上で話題となり、拡散された。(最初に公開されたアカウントは、現在削除されている)



この動画の反応にあみち本人は当初、「自分ではない」と否定。

しかし、騒動が大きくなってしまったことで、人気配信者のコレコレに相談。あみちは、SNSに残してあった元カレとの行為の動画を、誰かに不正ログインされ、流出したことを認めた。現在の彼氏「やすたか」も、配信者「コレコレ」の配信に出演し、あみちと元カレの性行為動画が売買されていることを相談した。


あみち tiktok (1)


やすたかによると、販売しているツイッターアカウントはいくつか特定し、警察に相談したが、警察は動いてくれなかったという。コレコレは、動画を売買しているアカウントに慰謝料を請求するように助言し、やすたかも現在進行形で拡散者の情報収集を呼び掛けている。



だが、コレコレ配信に出演したことで、「あみちと元カレの性行為をしている動画を認めた」ことにより、余計に動画の売買が拡大。



そして、Twitterアカウント「動画保存ランキング」が、その売買されているあみちの動画をフルで公開し、5chでは「やっぱり動画は本物だった」と大きな反響を呼んでいる。






目次にもどる

あみちの動画を公開した「動画保存ランキング」





ddsd



管理人が調べたところ、この「動画保存ランキング」というアカウントは、「あみちの流出動画無料プレゼント」と称し、動画を不特定多数の人に公開しているので、売買や収益を目的としていない。(ブログの「動画保存ランキング」というサイトが存在するが、このツイッターと運営者は別のようで、こっちのブログは収益を目的としている)






なぜ、このような動画を公開しているのかというと、いろんな動画を集め、公開してフォロワーやリツイート数を増やすことを目的とした、趣味の範囲のようだ。



フォロワー集めは(いいねした人にDMでお得な内容を提示して他のサイトを踏ませようとしているかもしれないが)注目されることが一番早い。





Twitterを利用する理由は人それぞれだが、例えば自分が立ち上げた店(飲食店など)の宣伝をしたいなどの宣伝目的でTwitterを利用する人や、将来の為に就きたい仕事の関係者に自分を売り込みたいと積極的にアピールする場として利用する人、またアフィリエイトのURLを貼り広告収入を得てる人もいるし、youtubeやニコニコ動画のチャンネル所有者が自分のチャンネルを宣伝し自分のチャンネルのページに誘導して再生数や広告収益を得る目的などで使用している人もいる。




「動画保存ランキング」は販売を目的とはしていないが、公然わいせつ図画(漫画含む)猟奇な物、特に児童ポルノや隠し撮りなどは、Twitterの規約違反である。


厳密にいうと、ゲーム音楽などもアウトなのだが、音楽は著作権者の親告次第といったのが現状。未公開映画や放送打ち切りのアニメ、全国放送以外のローカル局のアニメなどを公開していたアカウントは、かなり積極的に摘発されているし、違法なファイルを入手し、投稿して逮捕された事例もある。



捕まった場合、そこから押収されたスマホPCからファイルのやり取りを辿られて芋づる式に摘発されたりという事例もある。




なので、「動画保存ランキング」のあみちの動画はダウンロードしないほうがいい。





目次にもどる

「動画保存ランキング」の動画をダウンロードしてしまった場合





単純所持だけであれば、余罪がなく初犯であり、反省の色が見えればほとんど間違いなく厳重注意処分で済むこともあるが、公然陳列、提供までも行なってしまうと厳重注意処分で済むケースは珍しい。



これは、逮捕事例もある。

第七条(児童ポルノ所持、提供等)
自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者(自己の意思に基づいて所持するに至った者であり、かつ、当該者であることが明らかに認められる者に限る。


この要件を満たせば、あとで削除しても、罪は消えない。
もっとも、現在の捜査実務では、捜索などのときに削除してあった画像や動画については、起訴・有罪にはしない。(実際の判例にある)


また、あみちの件は、警察の捜査はもう少し先になる見通しなので、すぐにどうこうということは無いと予想される。


昨年から児童ポルノに関する捜査は急激に強化しているし、大規模な児童ポルノ事件が発生したのが原因なので、今後数年間は「捜査の可能性が十分にある」と見て良い。


一般の人が児ポで被害届を出した場合、全員に処罰は難しいかもしれないが、今回の件は視聴者が10万人以上いるコレコレ配信にとりあげられてしまったこと。ここまで大きくなってしまった以上、警察も本腰入れて捜査を始めるのしかない。



実際、児童ポルノ事件は数年後に事態が動くことの方が多い。
「動画保存ランキング」のケースでは、リツイート数を条件に公開した。 過去の事例でリツイートによる拡散で捜査を受けた人があったが、起訴されたり前科がついた事例はない。



仮に提供元「動画保存ランキング」が捜査を受けた場合、芋づる式で拡散者も捜査を受ける可能性があるが、せいぜい厳重注意処分で終わる。家族には知られてしまう可能性はあるが、そればかりはやってしまったのこととして受け入れるしかない。



スポンサーサイト