弥富市立十四山中学校事件の中3男子生徒名前 (1)

11月24日、弥富市立の中学生が刺され現行犯逮捕された事件で、どこの中学校なのか、5chで話題になっている。


ニュース報道では「愛知県弥富市教育委員会によりますと、生徒たちはこの後、給食をとって帰宅する予定だということです。」とあった。つまり、犯人の生徒は、事件の直後に給食を食べていたということになる。



このニュースの一番サイコパスなのは、生徒はもちろん職員もどこかずれている気がする。



今回は、弥富市立の中学校が特定されたようなので、5ch情報をまとめてみた。



■目次

弥富市立の中学校事件とは
弥富市の中学校は十四山中学校
弥富市立十四山中学校の対応

弥富市立の中学校事件とは




記事内容


24日朝、愛知県弥富市の中学校で、14歳の3年生の男子生徒が同学年の14歳の男子生徒に包丁で刺され、病院に搬送されました。



24日午前8時すぎ、愛知県弥富市の中学校から「生徒どうしのトラブルで生徒がおなかを刃物で刺された」と警察に通報がありました。 警察などによりますと、校舎内でこの学校に通う3年生の伊藤柚輝さん(14)が、同学年の14歳の男子生徒が、病院に搬送されました。


2人は現在は別のクラスですが去年は同じクラスだったということ
で、逮捕された生徒は調べに対し「私がやったことで間違いありません」と容疑を認めているということです。




事件を受けて、市の教育委員会が会見を開き、2人の間にトラブルがあったかはわかっていない
としたうえで、第三者委員会を設置して原因の究明を進めることを明らかにしました。 弥富市教育委員会の会見は、24日午後2時すぎから市役所で開かれ、奥山巧教育長が「生徒、保護者、市民に深くおわびします。命の尊さをあらゆる場面で展開してきたつもりですが、力及ばず申し訳ない」と述べました。



教育委員会などの説明によりますと、2人は中学2年生の時に同じクラスでしたが、いまは別のクラスで、2人の間にトラブルがあったかどうかはわかっていないということです。 教育委員会は第三者委員会を設置し、原因の究明を急ぐことにしています。 また事件後の学校の対応としては、3年生の生徒を別の教室に移動させ、保護者には午前11時50分ごろに事件について連絡をしたということです。 学校は、25日は予定していたテストを取りやめて授業を行い、愛知県に対しスクールカウンセラーの増員を要請して生徒の心のケアにあたるということです。



JNN




目次にもどる

弥富市の中学校は十四山中学校



弥富市立十四山中学校事件の中3男子生徒名前 (2)

愛知県弥富市の中学校は、5chやネットを記事を見る限り、十四山中学校の生徒で間違いない。



ニュースでは、中3男子生徒名前の名前などは未成年のため公表していないが、5chではすでに名前や写真が出回っている。 情報元は同級生などがフルネーム、顔写真を事件の内容といっしょにSNSに掲載したのかもしれないが、まだ確定情報ではないし、このサイトでは掲載しない。





また、ニュース記事のコメントを見ると、被害者への可哀想という声があるが、5chでは「加害者の中3男子生徒がいじめを受けていた」という書き込みがあった。




これまでいじめによる事件の例は後を経たず、またいじめの延長での事件が多いが、今回の事件もいじめの可能性が非常に高い。




もし、5chの情報通りいじめが原因だった場合は、大人社会、証拠主義、推定無罪の法則、刑事被告人の人権(弁護士と付ける権利など)でいじめの立証は難しい。




あの旭川の件も証拠不十分、山形明倫中学マット事件も刑事裁判で証拠不十分となっている。





いじめ裁判は、ほとんどが無罪。
例えば、木下富美子元都議弁護士の言う様な都議会に出席した時に他の都議が議会ボイコットしたのは、木下に対するイジメでもある。法的根拠もなく木下都議を都議からやめさせようとした人達もいじめも罪なるのか?というとならない。



あの旭川北星中学の関係者は、ネットで実名を書いて追及している連中を逆イジメで被害届を出しているが、一向に進展がない。



いじめをした奴の実名をネットで晒すのもいじめ。


いじめの悪を懲らしめるのもいじめ。
いじめは人間社会の性でグレーな案件も多い。よって刑事罰でなく教育罰でやらないと色んな問題が出て来てしまう。



そういった意味でも今回の弥富市立十四山中学校事件を未然に防ぐことが難しかったのかもしれない。




目次にもどる

弥富市立十四山中学校の対応





5chでは、弥富市立十四山中学校の職員が、加害者の中3男子生徒が事件後に給食を食べさせていたということに、驚きの声を上げている。



個人的には弥富市立十四山中学校の先生に関してはかなり不満もあるし、一刻も早い真相究明を望むが、それとこれとは話が別。



実際問題として、職員たちはトラブルのマニュアルを結構細かく行われている。

今回は事件の起きた時間が給食時間だったため、落ち着かせるために食事をさせたのは職員の対応が悪いとは思えない。



今回の問題は、いじめがあったかもしれないのに、担任が対応をしていなかったんではないか?というほうのが問題。




対応方法なども決まって居たのに対応されていないなら、担任については違法行為という事で、懲戒処分になる可能性が濃厚。



あの旭川の事件では、警察が捜査の上で、加害者10人中9人は罪は無く、残り1人は証拠不十分で不起訴となっている。警察が捜査の結果、罪に問われない事が確定した10人の加害者の情報を公開する事は出来ない。日本中の弁護士の大半も、加害者10人は罪には問えない。という認識なので、その観点では間違っていない。



ただし、弥富市立十四山中学校の場合、監督責任は問われて担任が何らかの落ち度(いじめを報告していなかったなど)は、懲戒処分が発生する可能性が高い。


もしそうなら担任の職務怠慢が濃厚。
いじめ防止に関する法律などは、2013年に制定されているので、知らない教員が居ても確かにおかしくはないというのは事実。とはいえ、法律などの制定から8年過ぎているので、10年に1度の更新を偶然まだ受けていないなどの可能性もある。


いずれにしても、現時点では弥富市立十四山中学校の加害者だけを責めることはできない。その上で、「何か出来ること」というのが、まさに今度の改正の部分で、どんな研修などが実施されるかが重要だ。












スポンサーサイト