キッチンdive(ダイブ)御徒町店の万引き犯人 (2)


12月7日、24時間営業の弁当店「キッチンdive 御徒町店」で万引き犯の動画が公開され、5chで特定作業が行われている。



たしかに万引きは犯罪だが、「キッチンdive 御徒町店」は万引き犯人の顔写真をモザイクなしで公開している。「キッチンdive 御徒町店」のみならず、キッチンdiveは全店舗でYouTubeで24時間、全ての客の顔映すなど問題行為していることも批判されている。



今回は、キッチンdive御徒町店の犯人の動画公開は問題ないのか?



5chでの万引き犯人の情報などまとめてみた。






■目次

キッチンdive 御徒町店の万引き犯人とは
キッチンdive 御徒町店の万引き犯人を5chが特定?
キッチンdive御徒町店の炎上商法

キッチンdive 御徒町店の万引き犯人とは





記事内容



24時間営業の弁当店に現れた、パーカーを着た男性客。手には、この店の弁当を2つ持っています。

時刻は6日午前0時50分ごろ。店の中にいるのは、従業員2人と男性客だけで、他の客はいません。さらに、商品を選ぶ様子の男性客。しばらくすると、今度は総菜を手に取ります。すると、代金を支払わず、そのまま店を後にしました。万引きです。




弁当2つ、総菜1つの合わせて1500円分が盗まれました。

被害に遭ったのは、東京・台東区、JR御徒町駅のすぐ近くに店を構える弁当店です。  この店は、店内の在庫を客がいつでも確認できるようにするため、店の中の映像をインターネットで24時間配信しています。  


今回の被害は、この配信を見ていた視聴者が店に知らせたことで発覚しました。


bandicam 2021-12-07 17-39-41-592

「キッチンDIVE御徒町店」店長:「来店した時に、大きなモニターとか、ライブ配信している告知を見ているとは思う」


ライブ映像は、店内のモニターにも表示されているのです。自らの犯行が目の前に映し出され、ネット中継されるなか、堂々と盗みを働いたということになります。  


「キッチンDIVE御徒町店」店長:「生配信されているなかで、(万引きが)行われてしまうというのは、本当に意外でしたし。例え、どんな事情があっても、きちんと購入して頂きたいという気持ちは、本当に強い」  店は今後、被害届を提出する予定です。


ANN




目次にもどる

キッチンdive 御徒町店の万引き犯人を5chが特定?






現在、5chでは、キッチンdive御徒町店の万引き犯人の映像を元に、犯人の特定作業が行われている。


※確定情報が入り次第、更新します。



しかし、犯人が特定できても、万引き犯人を逮捕できるのか?というのは別問題。



窃盗罪で「現行犯逮捕でない」場合は、その被害品の現物の発見、処分したならその処分先の特定、確実に窃盗行為を行ったことの証明ができれば、後日検挙(場合により逮捕)という手段をとれる可能性がある。



例えば、家屋内に侵入して泥棒行為であれば、室内から家人以外の指紋がとれれば少なくとも住居侵入容疑で容疑者を引っ張ることは可能になるが、万引きの場合は、店内には誰が入ることも可能なため、まずは確実な窃盗行為の証拠が必要になる。


今回のように防犯カメラに疑わしい画像が映っていたとしても、そのまま物品を外に持ち出したか?までは分からないことが多い。(別のところに商品を置いて帰ったという可能性もある)




その場合であれば、疑わしい行為が映っているところにあった物品がレジを通っていない、さらにはその物自体が犯人の自宅やリサイクルショップなどで発見され、かつ、その持ち込んだ人物と防犯カメラの人物が一致しているなどの証拠が集まれば、裁判官も窃盗の犯人に間違いないとして逮捕状を発付することになる。




しかし、お弁当の場合は、その証拠が難しい。

食べてしまったら、証拠は残らないし、お弁当の容器だけでは同じものがいくつも存在する。


この「一連の流れ」が揃うことが難しいことから、万引き犯は現行犯でないと扱うことが難しいといわれる所以となる。特に、量販品であると、窃盗の被害品なのか?どこかで購入したものなのかの判断ができないそうだ。




なので、たとえ5chで犯人を特定できたとしても、警察が逮捕できるか?というとかなり難しい状況。犯人が今回の騒動で、キッチンdive御徒町店に謝罪に来れば話は別だが、現状では特定できてもどうすることもできない。





目次にもどる

キッチンdive御徒町店の炎上商法




キッチンdive(ダイブ)御徒町店の万引き犯人 (1)


キッチンdiveは2021年6月2日にも、「客だろがコラ」と恫喝をし、お店とトラブルを起こした犯人の顔写真をモザイクなしで掲載し、物議を呼んだ。



確かに酔っぱらって暴言を吐いたお客は問題だが、そもそもキッチンdiveの店員が、この二人に対し、失礼な態度で煽りまくっていた。それで、その犯人は酔った勢いで嫌がらせに走ってしまった。実際は「無理やり怒らせた」 ので、「一般人をおちょくって怒らせた結果」と言うタイトルでYoutubeにUPしてるのと何ら変わらない状況だった。



経営者はテレビのインタビューに対して「謝罪に来ても許すつもりはないし示談も受け付ける予定は一切ない」と表明していたが、店員やオーナーの対応も学生同士の口喧嘩レベルなんでちょっと大人気ない感じで物議を呼んだ。



もちろん、暴言はどんな場合も良くない。

だが、今回の万引き犯人も表面上のことだけで物事判断できないことをある。
万引きの大半が私服警備員による現行犯逮捕で、警察に引き渡された後に悪質な犯行で無い場合は即日釈放されているのが実情。仮に被疑者が特定できたところで、累犯や悪質な場合以外は逮捕状を請求してまで逮捕する事はない。


それなのに、キッチンdive御徒町店は顔写真を公開してネットニュースに取り上げられることを狙ったとすれば、やはり炎上商法といわれても仕方がない。



もちろん、万引き犯人を許容するのではないので、犯人逮捕が望ましいが、キッチンdive御徒町店の炎上商法のようなやり方は5chでも批判される要因だろう。






スポンサーサイト