しゅんじ結婚相手の嫁インスタ (1)

12月8日放送、日本テレビ系「石田さんチの大家族」2021孫が誕生3時間SP
19:00 〜 21:54 




石田さんチで1番のヤンチャだった末っ子のしゅんじ君が結婚、そしてパパになっていく様子に完全密着。



前回の放送では、長男のたかゆきさんは、マイホームを建て幸せな家庭を持ったものの、七男の隼司くんと六男の有志くんは仕事を辞めてしまう。石田さん家のおばあちゃんは、アルツハイマー型の認知症になり施設へ。お母ちゃんもお父ちゃんと別居し、離婚状態。




前回の放送は、石田さんちの大家族それぞれ人生の壁にぶつかっていた。


今回は、七男の隼司くんが結婚をした様子が放送されるが、5chでは嫁がかなりやばいと噂になっている。



結婚して間もないのに、離婚の噂も出ているので、今回は石田さんちの現在についてまとめてみた。




■目次

石田さんちの大家族2021
石田さんちの大家族の現在
隼司の嫁インスタがやばい?

石田さんちの大家族2021





しゅんじ結婚相手の嫁インスタ (1)


記事内容


7男2女一家11人の大家族・石田さんチに密着した日本テレビ系『密着24年!孫が誕生3時間SP大家族 石田さんチ~君が、パパになるなんて…~』3時間SPがきょう午後7時から放送される。



1997年からなんと取材24年。約1年ぶりの今放送では、取材開始時1歳のよちよち歩きだった石田さんチ1番のヤンチャな末っ子・隼司(しゅんじ)君。少年となり、思春期を迎え夜遊びが増え、絵に描いたような反抗期を経て就職、結婚、そして父親に。コロナ禍に翻弄された25歳の若い夫婦の向き合った、結婚、妊娠、愛おしい命の誕生のリアルに完全密着する。



当時は外資系化粧品の凄腕営業マンだったお父ちゃんの晃さん、定年退職してからは美容業界の未来を思って奔走中。話術は健在。子育てを終えて自分の時間を満喫する千惠子さん、現在の趣味はフラダンス教室。かつて壮絶な兄弟げんか、青春のモヤモヤがあふれていた石田さんチはすっかり静かに…。  


いまや隼司くんはすっかり孝行息子。“大人”になっていく様子を見守り続けたスタッフたちが、彼が“父”になっていく様子を追う。変化し続ける社会の形の中でたくましく頼もしく生活をしていく大家族石田さんチの“家族の絆”を届ける。



オンラインニュース




目次にもどる

石田さんちの大家族の現在



ddd



・石田さんちのお父ちゃん・晃(あきら)
外資系化粧品会社ロレアルの元営業部長で、定年退職を1年間伸ばし、契約社員として務めてたが、2016年に退社。


退社後は再就職を目指していたところ、脳梗塞に襲われ、入院。退院後、しばらく療養生活を送りながら、千葉の美容室チェーンで経営などをアドバイスする「顧問」として再就職。水害で被害にあった実家も新築し、お母ちゃんとも別居生活を送る第二の人生をスタートさせたが、突然の解雇。コロナ渦の中、再就職を目指している。






・石田さんちのお母ちゃん・千恵子(ちえこ)
限られた家計でやりくりし、子供たち全員高校卒業させた大家族の肝っ玉母さん。
7男で末っ子・隼司くんの壮絶な反抗期で手を焼いたが、隼司くんも社会人となり、親としての役目を終えた。今後は、実母の認知症介護に専念。お父ちゃんと別居生活がスタートし、現在は一人暮らしを満喫中。






・長女・奈緒子(なおこ)
栄養専門学校卒業後はドコモショップ店員として勤務。 その後、ネスレの工場に転職。近年テレビに姿を見せていない。お父ちゃん曰く、テレビに出ない理由として「交際している彼氏と同棲中のためで、関係が悪化しないようにしている」そうだ。ちなみにまだ結婚したという報告はされていないが、2020年の時点で同棲しているそうなので、事実婚の模様。







・長男・孝之(たかゆき)
IT企業にシステムエンジニアとして勤務。
石田さんちのお父ちゃんを助ける重要中心人物。既婚者で妻・洋子さんと娘・穂華ちゃんがいる。鬼怒川決壊の実家が水害にあった際に、父ちゃんの代わりに家族のために長男としてサポート。

念願だったマイホーム購入し、幸せな家庭を手に入れたが、現在でも両親の夫婦関係悪化している状況に板挟みの状態ながら、長男としてパイプ役を務めている。



・次女・芽衣子(めいこ)
市役所の臨時職員として勤務。現在もお父ちゃんと一緒に新築した実家で暮らしている。本人いわく、結婚願望がまったくない模様。新築した実家でも芽衣子さんは同居してままで、これまでに浮いた話は一切ない。





・次男・和寛(かずひろ)
高校卒業後、自衛隊に入隊。
婿入り結婚し2児の父。実家にほとんど帰らず、テレビにも出演しないためか、ネット上で離婚の噂が出ているが、実際に離婚したわけではないようだ。おそらく、自衛隊という仕事柄かテレビ出演は控えている模様。





・三男・光央(みつお)
専門学校卒業後、カメラマンを目指し製作会社に入社するが退社。その後、仕事もつかず、無職のまま、現在では行方不明の状態となっている。2020年の放送で、お父ちゃんたちは居場所は把握している様子だったので、心配はしていないようだ。







・四男・智広(ちひろ)
鉄工所勤務。 パソコンとパチンコが趣味。 一人暮らしをしていたが、鬼怒川決壊で家族の避難所として、住まいを提供。愛されるキャラクターで、実は石田家で一番ファンが多い。彼女と交際中だったが、その後の進展は不明。







・五男・元基(もとき)
大学院卒業後、IT企業へ就職。 しかし、仕事に馴染めず、入社してすぐに退社。2回ほど転職をし、六男・有志と仲良く共同生活していたが、現在は一人暮らし。






・六男・有志(ゆうじ)
長く取材拒否の状態が続いていたが、美容師になってからはテレビ出演を再開。
美容室に勤務し、アシスタントの修業を終え、一人前になるカットデビューを果たす。仲が悪かった七男の隼司くんとは、同じ美容師を目指していることから和解。現在は美容師として、夢であるお店を持つため、日々精進していたのだが、隼司くんが美容師を辞めてしまうと後を追うように退職。

五男・元基と一緒にルームシェアをしていたが、性格が真逆な二人はちょっとしたことで揉めしまうことが多いため、それぞれ独立。現在は、ダイソンに再就職し、百貨店などで商品をプレゼンしている。




・七男・隼司(しゅんじ)
美容師専門学校卒業後、世田谷の美容院に就職し一人暮らしを開始。
ようやく大家族から離れることができた喜びもつかの間、「社会の辛さ」が身に染みていた。朝は6時に起きて出勤し練習、先輩に厳しく指導され、居残りシャンプー練習で帰りは22時過ぎ。美容師になるための厳しい修業していたのだが、美容師を目指すことをあきらめ退職。

しばらくフリーターで、インスタやSNSの更新も少なくなっていたが、2020年の放送では、会社員として勤務していること、そして同棲している女性と結婚を発表した。

しゅんじ結婚相手の嫁インスタ (2)

嫁の顔出しはNGだそうだが、結婚相手の名前は「マイさん」で、年齢は隼司と同じ24歳の会社員とのこと。 交際期間4年目で結婚し、現在は一緒のマンションで同棲しているという。





目次にもどる

隼司の嫁インスタがやばい?



5chでは、隼司が結婚した嫁のインスタがやばいと話題になっている。


しゅんじ結婚相手の嫁インスタ (3)

しゅんじ結婚相手の嫁インスタ (2)



5chでは、隼司の結婚相手「マイさん」のインスタが特定されおり、そのインスタアカウント「mai kato」のインスタストーリーなどで隼司との交際を匂わせる内容もあった。



5chは、インスタ映えしたがる女子は嫌う傾向にある。

マイさんは、東京・新宿にあるENVYM(アンビー)というアパレルショップのショップ店員をしており、モデルもしていたそうだ。 お店は2021年7月に閉店し、現在は会社員とモデルを両立して活動しているようだが、石田さんちの大家族で有名となった隼司と結婚したことをアピールしてように見え、「売名行為」に受け取っている人が多い。



隼司との結婚は、モデルの時では得られない反響の大きさだった為に、別の部分で話題にしてもらい注目を呼ぼうとしている=売名行為と見られている。



これは白雪姫の「鏡よ鏡」の魔女と全く同じ心理。
本来は常に自分に自信がなく気弱、それでいてプライドは無駄に高い、でも自分で自分を認められない、心の隙間が埋まらないという寂しさ、弱さ、そういったコンプレックスの拠り所、吐け口なのがインスタグラム。



そのはけ口として他者を巻き込み、「いいね」してくれる人(といいねを欲する者たちは思っている)を利用し、話題提供することに事故満足感を得ている。



本当に自分が好きでやっていることは本来自分でして満足、自己完結するものだし、人はそういった人間に本当の「いいね」つまり信頼とか、友情、愛、共感、憧れといった目に見えない部分のプラスの影響を受けるもの。



商業目的や芸能人の売名及びファンへの懐柔以外で、完全に個人でやっている人間がフォロワー欲しさ、いいね欲しさに躍起になっている姿ははっきり言って批判される。なぜなら非プロレタリア層(セレブやブルジョアと呼ばれる人々)はリスクを負ってプライバシーを自ら公開することは決してないから。インスタ中毒の人間はそういう矛盾や当たり前にすら気づかない。



本当に好きなことをやっている人間は目を見れば一発でわかる。
本当にインスタを楽しんでいる人の目は凛として澄んで、生き生きして輝きがある。それに対し、インスタでいいね欲しさに何かを自慢している人間はなぜか目に光が灯っていない。笑っている写真であっても目は笑っていないというか、淀んだ目をしている。



だが、5chでいう売名とは少し違うような気がする。

2020年11月に「石田さんちの大家族」放送後、マイさんのインスタには「隼司くんとの結婚おめでとう」というコメントも多く寄せられていた。そのコメントに対して否定せず、 反応もしなかった。売名目的なら、これをきっかけに手っ取り早くモデルもしているとアピールすれば、売名行為は解消する。しかし、それに反応していないので、単純にいいねをもらって周りから共感されたり認められる目的でインスタをしているだけだろう。



管理人個人的に好きだったシーンは、隼司くんの思春期の場面で、ディレクターが隼司くんに「親に申し訳ないと思わないの?」と軽く聞いた時に「申し訳ないものなんじゃない?この年齢だと。」という返答。確かにそうだし、本当に頭のいい子 。現在の隼司くんは東京で会社勤めをしているそうなので、幸せな家庭を築いてもらいたいものだ。










スポンサーサイト