菖蒲まりん重大な契約違反の理由 (1)



12月12日、NMB48の菖蒲まりんが重大な契約違反あったため、公式ブログで卒業発表され、5chで話題になっている。公式では契約違反について、詳しい中身は公表しておらず、5chでは重大な契約違反とは流出した裏垢が原因ではないか?と憶測されている。




今回は、NMB48菖蒲まりん重大な契約違反の内容はなにか?5chの反応をまとめてみた。






■目次

NMB48菖蒲まりん重大な契約違反で卒業
ヒカルのvalu騒動では逮捕できない?
NMB48菖蒲まりん重大な契約違反の内容は何か?

NMB48菖蒲まりん重大な契約違反で卒業




菖蒲まりん重大な契約違反の理由 (6)


記事内容



NMB48の菖蒲(しょうぶ)まりん(21)がグループでの活動を辞退することが12日、公式ブログで発表された。重大な契約違反が認められたという。卒業公演などはなく、今後はメンバーとして活動しない。


契約違反について、関係者は「詳しい中身は公表していません」とした。

ブログでは「菖蒲まりんより活動辞退の申し出があり、受理しましたことをご報告いたします。本人に事情を確認したところ、重大な契約違反が認められたため事態を重く受け止め、活動辞退を受理致しました。応援してくださる皆様にはご心配ご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした」と説明された。  


菖蒲のコメントも掲載。「このたびは、自分の身勝手で未熟な行動により、応援してくださっている皆さまとメンバーにご迷惑をおかけし、不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません。私が発した大変お見苦しい言葉遣いや発言が世に出てしまったのも、私の行動が招いた結果であり、深く反省しております」と謝罪。


「NMB48は夢を追いかけるメンバーたちが集まっている素敵なグループです。ですが、私の行動で他のメンバーも巻き込み、NMB48への疑念を抱かせてしまい申し訳ございませんでした。NMB48の活動は辞退させて頂くことにしました。私を応援してくださったファンの皆様の事を思うと大変心苦しい気持ちです。突然の発表となってしまい申し訳ございません。改めまして多大なるご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。今まで本当にありがとうございました」と思いを明かした。  




スポニチ




目次にもどる

NMB48菖蒲まりん重大な契約違反の内容は何か?





アイドルグループによる契約違反は、だいたい恋愛関係と限られている。

NMB48菖蒲まりんは、アイドルになる前から交際していた彼氏がおり、ジャニオタ(、SexyZoneのファン)だった。そのSNSは、4日程前から5chで菖蒲まりん本人の元の思われるTwitter裏垢が流出し、彼氏との写真やメンバー(元メンバーも含む)の悪口書いてる画像、アイドル活動での愚痴やファンの悪口もあった。

菖蒲まりん重大な契約違反の理由 (2)
菖蒲まりん重大な契約違反の理由 (3)
菖蒲まりん重大な契約違反の理由 (4)
菖蒲まりん重大な契約違反の理由 (5)




これが契約違反なのかどうかは不明だが、菖蒲まりん本人と運営のコメントで、裏垢のTwitterに関しては本人もみとめているようだが、肝心のどの様な契約違反なのかはハッキリ具体化していない。





ただ、5chでは流出した原因に疑問を持っている人が多い。

裏垢を共有してたのは同じNMBメンバーの仲間だけ。なので、菖蒲まりんはメンバーに裏切られた、それも現メンバーじゃなくて、卒業メンバーの可能性が非常に高い。





目次にもどる

菖蒲まりんの裏垢内容はメンバーに裏切られた可能性





SNSはユーザー名、プロフィールは誰でも見れるが、鍵付きなどにするとツイート、画像、いいねは見えない。裏垢は、「本人はばれない」と思っているのかもしれないが、フォロワーがいればフォロワーは内容を見ることが可能。そのフォロワーは大抵、親しい人物なので、その人物が裏切ったら、情報流出する。



よく耳にするのは、ツイートした内容で学校や職場で注意を受けたなど愚痴をしたりあるが、フォロー許可を出した人には見えるわけだから、その人が流出すれば鍵を掛けていないのと同じ。なので、内容が筒抜けで、その人物の関係者が悪意をもって流出させることは可能。ファンが見えないからと言い何でもかんでもツイートして良いというわけではない。



なので、NMB48菖蒲まりん重大な契約違反の内容は、この裏垢流出が原因と思われる。


ではどうやって裏垢の内容が流出したのか?



アイドルグループはどこまでかは知らないけれど、宝塚はすごいらしい。わざと靴を隠したりして、メンバーの足を引っ張ることはざら。5chでは、菖蒲まりんは美形でファン人気も高かったあったそうなので、その対象になってしまったのかもしれない。


女性同士だと人数が多ければ多いほど、皆が仲良しなんてほとんどありえないので、不仲で入れ替わり、脱退、卒業もあるようだ。




残念ながら、アイドルの契約違反は、こういった彼氏バレのケースが多い印象がある。地下までいくと、その相手がファンのトップだったという話しも珍しくない。対バンイベントとかで、運営から「メンバーの○○は、重大な契約違反が発覚したため、○月○日付けでグループ卒業となりました」なんて発表があると「またファンと駆け落ちか」と、そこにいる客同士がそんな雰囲気になるそうだ。



こういった彼氏バレが発覚した時点で「アイドル」としての商品価値は完璧に無くなる。



だが、契約に「恋愛禁止」と明記することはなく、企業や商品イメージを損なうような行為をした場合のペナルティ制限があるはず。 だから、契約期間中の交際はもちろん恋愛すら「タブーとみなされる」。



 企業との契約ではなく、所属事務所との所属契約ともなれば、それほど厳密なものではないので、「恋愛は原則禁止」は「努力目標」であり、違反すれば相応のペナルティが待っているとはいえ、それこそ「無効」なのかは曖昧。「無効」を求めて提訴した例を知らないので、卒業がベスト。これ以上つっ込みようはない終わり方だといえるだろう。









スポンサーサイト