篠原聖奈さんtwitter顔写真 (1)



12月15日、滋賀県の19歳の女子高生・篠原聖奈さんが誘拐されて薬物中毒にされた事件について、週刊文春が金城容疑者が誘い、本人が自分の意思で自ら電車で来たことを報じ、5chで話題になっている。





判断する能力が未熟な未成年者に、うまいことを言って惑わし「自分の支配下に置く」という行為は、未成年者がそのこと自体を反対していないとしても、未成年者誘拐罪に該当する。 また、未成年者誘拐罪は保護者の監護権をも保護すべき法益として守ろうとしていると考えられている。なので、文春が篠原聖奈さんの遺志で行動していたと報じても「未成年者は嫌がっていませんでした」とはならず、誘拐罪になる。



これだと篠原聖奈さんが「普段から素行が悪く、悪い仲間と興味本位に違法性のある薬物に手を出した事件」だったと言わんばかりに報道されてしまっている。



5chでは、篠原聖奈さんにパパ活疑惑まで噂になっているので、今回は5chの噂や事件概要についてまとめてみた。



■目次

篠原聖奈さん女子高生誘拐事件とは
篠原聖奈さんパパ活説
篠原聖奈さんは誘拐?

篠原聖奈さん女子高生誘拐事件とは




篠原聖奈さんtwitter顔写真 (4)


記事内容


「篠原さんは今年6月くらいに万引きをして、店のスタッフが注意をしています。その時は冷やし中華を万引きしていました。しかし、別の日も含めて防犯カメラを確認したら過去に2回ほど弁当類のお金を払っていなかったことが分かりました。警察には連絡せずに厳しく注意して出入り禁止ということになったのですが、彼女が語った謝罪の言葉が、今も忘れられません」



12月12日、滋賀県守山市内のアパートで京都市伏見区に住む篠原聖奈さん(19)が発見された。冒頭の万引き事件が起きたのは事件から6カ月前。篠原さんの自宅近くにあるコンビニの店員は、彼女の名前と顔を克明に記憶していた。そして、その際、彼女が語った言葉は耳を疑うものだったという――。



社会部記者が今回の事件について解説する。 「朝起きたらいない。廊下に倒れていた」 「12日の午前、『呼吸や意識がない人が倒れている』という119番通報があり、消防と警察が駆け付けたところ、アパート室内の廊下で篠原さんが発見されました。滋賀県警は、このアパートの住人である無職の入江公史郎容疑者(38)と、岐阜県関市に住む無職の金城え夢容疑者(21)を、未成年者誘拐の疑いで逮捕。



金城容疑者は、『朝起きたらいないので捜したら廊下に倒れていた』と供述しているようです」  調べによると、金城容疑者は12月11日15時45分頃、篠原さんを「知り合いの男の家にいるけど来ない?」と電話で誘い出し、入江容疑者の運転する車で守山市から京都市内へ向かった。3人は合流後、同日18時頃に両容疑者が篠原さんを入江容疑者の住むアパートに連れ込んだとみられている。  



篠原さんの変わり果てた姿が発見されたのは、その12時間後のことだった。 「入江容疑者、金城容疑者、篠原さんの3人は会員制交流サイトのSNSで知り合ったようです。ただ、篠原さんが入江容疑者と会ったのはこの日が初めてだった。12日11時頃、金城容疑者が、篠原さんが部屋にいないことに気づき探したところ廊下で倒れていた。消防に通報したのは金城容疑者です。篠原さんは親に何も伝えず外出していたようです」




篠原さんに着衣の乱れ、出血や外傷はなく、滋賀県警は司法解剖の結果、死因は薬物中毒だったと明らかにした。 「入江容疑者宅のゴミの中からは、抗不安剤、睡眠導入剤、咳止め薬などおよそ100錠分の空殻が見つかった。被害者の体内から検出された薬物の成分については検視結果を待っている状況です」(同前)  



事件が起きたのは家賃約5万円のファミリータイプのアパートで、入江容疑者は昨年からこの3DKの部屋に1人で住んでいた。入江容疑者を見掛けたことがあるという住人によると「挨拶をすれば返してくれた。小柄ではない」という。  



また、最近は金銭面でのトラブルを抱えていたようだ。 「仕事はカメラマンと聞いていましたが、コロナで仕事がなくなったようです。資金繰りが悪くなったからか、入江さんは家賃を数カ月分滞納していましてね。今年8月から保証会社と入江さんとの間で裁判が行われていました」(アパートの所有者)


中略




生前、篠原さんの異変を目撃した冒頭のコンビニ店員が振り返る。 「万引きを注意した数日後、彼女は1人で店に来たんです。暗い顔をして『すみませんでした』と謝っていました。しかし、犯行の理由について聞くと『あの時は、薬でラリってて、頭がおかしかったんです』と口にしたのです……。普通の女の子といった感じだったので、そのセリフが印象的で。だから覚えていました」


捜査関係者によると、篠原さんがオーバードーズを繰り返すようになったのは「半年ほど前から」だという。
依存の度合いも進み、体調も崩していたようだ。声優を夢見ていた彼女を追い詰め、オーバードーズへと追いやったものは何だったのだろうか。



週刊文春





目次にもどる

篠原聖奈さんパパ活説



篠原聖奈さんtwitter顔写真 (3)


5chでは、篠原聖奈さんはパパ活を行っていたのではないか?という噂が出回っている。


その理由は、地域掲示板「爆サイ」での書き込み。

篠原聖奈さんは金城え夢容疑者とTwitterの裏アカ同士で知り合って、「薬物を使った乱〇パーティーの翌日に〇んだ」という情報があった。そもそも今回の事件で使用された「抗不安薬や睡眠薬を大量に摂取した」とあるが、最近の薬は〇なないようにできている。なので、よほどひどい状況で放置された可能性が高い。



パパ活と言うと「ご飯食べたり、デートしたりするもの」というと、ライトに聞こえるが、これを「援助交際」と聞くと不純で汚い感じがしないだろうか?


このパパ活と援交は同じこと。

リスクとリターンは隣り合わせにある。サイコな客に当たったり、薬を勝手に使われたり、相手に盗撮されてたらどうするのか?警察に訴えても映像や顔などが世間に出回って親にも友達にもバレてしまい、人生が終わる。


基本的に、初対面の未成年を自宅に一人で来させるなんて、よく考えたら、身の危険を感じないといけない。


篠原聖奈さんパパ活説はソースは5chなので、信憑性はないが、状況が「パパ活に見えてしまう」ので、5chでパパ活説が出回っているようだ。




目次にもどる

篠原聖奈さんは誘拐?






篠原聖奈さんは金城容疑者と会員制交流サイトのSNSで知り合い、入江容疑者の自宅に自らついていった。



なぜ、それなのに誘拐になるのか?


たとえ未成年の意思で行動していたとしても、親の監護下にある未成年を見知らぬ成人自らの監視下に置けば当然捕まるし、罰を受ける。未成年の年齢次第で多少の加減はあるかもしれないが、仲が良くなったからセーフになるというものではない。




それに、警察は逮捕するには理由がいる。
裁判所が逮捕令状を出してもらうと、逮捕、拘留できるので捜査の都合いい。こういった薬物使用者は、世間と隔離しなければ捜査ができない。




また、令状を取るための逮捕理由は、本命ではない事のほうが多い。
人が一人亡くなっているわけだから、「とりあえず確実な未成年者誘拐で逮捕して 事情を聴こう」というもの。少なくとも保護者が承諾していなければ、未成年者誘拐は成り立つ。


どんなに本人の意思で面識の無い男とSNSで出会い、男の車に乗り、家に入ったとしても、それでも正常な判断能力があると証明されないと判断され、逮捕は問題無い。



ほんとに警察が知りたいのは、篠原聖奈さんが亡くなった経緯や理由。

文春の記事が事実なら、篠原聖奈さんは薬物での自〇を望んでいたのかもしれない。そうなると、自〇を手伝う目的ではなかったかもしれないが、結果的に手伝うような行為になってしまった場合、自殺幇助罪が成立する。


いずれにしても、篠原聖奈さんパパ活は風評被害でしかないので、取り調べの経緯を待ちたいところだ。












スポンサーサイト