小倉美咲の母親が怪しい理由の違和感 (4)




4月23日、2019年に山梨県道志村近くのキャンプ場で行方が分からなくなった千葉県成田市の小倉美咲さんについて、当時履いていたものが発見され、5chで話題になっている。



小倉美咲ちゃんの母親は行方不明になった事件当時、「娘の無事を願う」といいながら、 インスタで自身のサロンの宣伝をしたり、髪の毛をカラーリングしたり 、普通の人のメンタルでは絶対にできないようなことをして批判が集まった。





女性なので、身だしなみを整えることが悪いわけではないが、このインスタのせいで、多くの人がこの母親に違和感を感じてしまった。




今回は、5chで噂になっている小倉美咲の母親が怪しい理由や事件の概要についてまとめてみた。




■目次

小倉美咲ちゃん行方不明事件とは
小倉美咲の母親が怪しい理由と違和感
小倉美咲の母親が犯人説?


小倉美咲ちゃん行方不明事件とは



小倉美咲の母親が怪しい理由の違和感 (1)


記事内容


山梨県道志村の山中で3年前、近くのキャンプ場で行方が分からなくなった千葉県成田市の小倉美咲さんが当時履いていたものと特徴が一致する運動靴が28日、見つかりました。



警察はほかの遺留品も残されている可能性があるとして29日も捜索を行うことにしています。



見つかったのは運動靴の右足側でサイズは20センチ、色はエメラルドグリーンでした。
警察によりますと、経年劣化は見られますが、当時美咲さんが履いていたものとメーカーや色などの特徴が一致しているということです。また靴は骨と同じ沢で見つかっていて、場所はより上流側だったことが捜査関係者への取材でわかりました。



警察は周辺にほかの遺留品なども残されている可能性があるとして、この沢沿いを中心に29日も捜索を行うことにしています。



FNN




目次にもどる

小倉美咲の母親が怪しい理由と違和感






5chでは、小倉美咲さんの事件に違和感を持つ人が多い。




まず、事件当時の報道によると、小倉美咲ちゃんは母親や姉、友人ら約30人と2泊3日の予定で訪れ、21日午後3時40分ごろ、先に遊びに行った友人を追いかけてたまま行方がわかっていない。



警察や消防、自衛隊が1日最大約300人態勢で急斜面や沢、空き家を捜索し、村内で聞き込みも続けてきたが、10日間に延べ約1400人が投入れたが手がかりはない。




事件当時、これだけの人数が捜索して一切の手掛かりが出なかったのに、今回はあっさりと靴を発見している。



管理人もこの小倉美咲ちゃんの事件を当時から調べているが、この母親はかなり変わった行動をしている。



当時のインスタを見ると、行方不明の報道があってすぐに小倉美咲ちゃんの母親がインスタ更新し、自身のお店の宣伝ともとれるような写真を公開し、批判殺到した。

小倉美咲の母親が怪しい理由の違和感 (2)



インスタ更新がいいとか悪いとかの問題ではなく、普通の母親の立場だったとして(愛する子供の行方がいまだわからないのに)インスタ更新するような気分になるだろうか?


多くの地元の方が無償で懸命に探している(命を懸けて)状況で、お店がどうだの髪を染めただのなど、親の行動が不審を抱かれるのは仕方がないところ。



そして、捜索を続けるための募金を開始したことも批判が集まった。

捜索費用のほかに、見つかった時の美咲ちゃんの心のケア代、美咲ちゃんの社会復帰代など、内訳も不明瞭なので、何でもこじつけ可能だった。(すぐに募金を募ることはやめたが、返金はしていない)


小倉美咲の母親が怪しい理由の違和感 (3)


当時もみんなに怪しまれて、母親はおかしい、詐欺ではないか?と、警察通報者も出てきたこともあって、インスタで「台風被害に募金したお金を募金する」と釈明した。ちなみに、募金された金は『全て母親に入る』と記載されていたので、何に使おうが、母親の自由。



こういった怪しい行動が多かったために、母親が犯人説という噂まで5chでてしまうきっかけになっている。






目次にもどる

小倉美咲の母親が犯人説?





5chで噂になっている小倉美咲の母親が犯人説だが、結論から言うと、小倉美咲の母親が犯人ではない。





事件の犯人になるには、証拠がいる。



小倉美咲の母親が犯人だった場合、その証拠がない。(しかもアリバイもある)



ネットで誹謗中傷している人たちは、その対象となる方に個人的な恨みを抱くような関係など有る筈も無い。恐らく中途半端にニュースを聞きかじり、何が何でも批判しなければ気が済まない人たちによる書き込みであり、小倉美咲ちゃんの母親の行動が怪しかったので、犯人説が出回っているのだろう。




管理人もこの事件の報道を見ているが、どう考えても母親が犯人の可能性はかなり低い。



まず、身内の人が犯人なら他人が大勢居る状況で、大掛かりなことをやる意味がない。
しかも、小倉美咲ちゃんには保険金もかけていなかったようだし、犯人とバレる可能性を自分から高くするような行動をする必要がない。






そもそも小倉美咲ちゃんが出発して居なくなるまでの間、母親は他の人とずっと居た。



こんなちゃんとしたアリバイがあるのに、なぜ犯人説がでるのかが不可解。


小倉美咲ちゃんの行方不明の件で、週刊新潮に長い記事で出ていたが、ネットでの母親や旦那さんの悪評とかは事実と違う酷いデマばかりだそうで、普通に自分の落ち度で娘の行方不明させてしまい、心を痛めてる母親だった。



管理人もこの新潮の記事を読むまでは、ネットの書き込みを見て、「母親が犯人だ」と思っていた時があった。が、現在は母親に会った事も無い、現地に行った事も無い自分が、誰が書いたか分からない書き込みを鵜呑みにしたことを恥じている。



まだ小倉美咲ちゃんの犯人が捕まった訳でもないので、母親が犯人の可能性が無くなった訳ではないが、噂や憶測で書かれたネットの書き込みを規制する法の整備が早急に必要。何にしても早く犯人逮捕されることを願うばかりだ。









スポンサーサイト