かかと落とし犯人の並木正 (2)


5月7日、千葉県東金市で知人の女性の頭に「かかと落とし」をした犯人・並木正容疑者の顔写真が公開され、5chで話題になっている。




格闘家の技である「かかと落とし」を日本でメジャーにしたのは、K-1のアンディ・フグがリング上で多用したことで一般人でも多少認知している人はいるだろうが、格闘技経験のない女性相手に、まともに「かかと落とし」を受けたらどうなるか?は誰でも容易に想像できる。



1発でもまともに入れば、〇ぬかもしれない。


首の骨を折る、もしくはクモ膜下出血は確実になるので、〇ぬ可能性が非常に高い。
その辺の素人同士のケンカでも稀に死者がでる位だから、並木正が格闘技を習っていたなら、明らかな殺人事件である。





今回は、かかと落とし犯人の並木正の顔写真や住所が特定されているようなので、5ch情報をまとめてみた。


■目次

かかと落とし犯人の並木正
かかと落とし犯人の並木正の顔写真や在日韓国人
並木正の今後

かかと落とし犯人の並木正


かかと落とし犯人の並木正 (1)


記事内容


千葉県東金市で知人の女性の頭に「かかと落とし」をしてけがをさせたとして、52歳の男が逮捕されました。


東金市の無職・並木正容疑者は5日未明、自宅近くに住む60代とみられる知人の女性の家で、女性の頭などに自分のかかとをたたき付ける、かかと落としをするなどして、けがをさせた疑いが持たれています。

 
警察によりますと、並木容疑者と女性は当時、別の知人と合わせて3人で酒を飲んでいて、口論になったということです。取り調べに対して並木容疑者は容疑を認めていて、警察は今後の捜査によって容疑を傷害致死に切り替えることも検討しています。


FNN




目次にもどる

かかと落とし犯人の並木正の顔写真や在日韓国人



かかと落とし犯人の並木正 (4)


かかと落とし犯人の並木正の顔写真はすでに報道で公開されているが、「かかと落とし」なんて格闘経験しない人はまず使わないから、空手かテコンドウ経験者という情報がネットに出回っている。



犯人・並木正容疑者の自宅住所は、千葉県東金市で事件を起こしており、報道で「自宅近くに住む60代」と報じられていたので、千葉県東金市に自宅がある可能性が高い。


5chで犯人・並木正を知っている人物の書き込みでは、まったくの格闘技素人で、近隣住民へ普段から泥棒はするし、テレビを投げ捨て、自宅の窓ガラスを割るなどもめ事多いことも事実だという。

かかと落とし犯人の並木正 (3)


また、並木正は在日韓国人という情報も出回っているが、その5ch情報では日本人だそうだ。


なぜ在日韓国人という噂が広まったのかというと、かかと落としは韓国語で”ネリチャギ”という技で有名。総合格闘技でK-1選手だったアンディ・フグ選手が多用していたことで日本でもかかと落としは定着したが、日本人の格闘家は身長が低いため、あまり使用しない。



なので、韓国で有名の”ネリチャギ”を使用したから在日韓国人という情報が出ているが、おそらくデマ。


もう少し並木正の5ch情報が集まったら記事を更新するが、おそらく体格に恵まれた格闘技素人の並木正がとっさに「かかと落とし」を使ってしまったということが考えられる。





目次にもどる

並木正の今後




並木正は今後、傷害致死罪の容疑で捜査される。

法定刑は、3年以上の懲役となっているから、よほどの情状がない限り、執行猶予は付かず、実刑になることはたしか。



だが、殺人罪(最低懲役5年以上)になるかどうかは難しい。


傷害致死の違いは、殺人の故意があるかどうかのみ。
そして、殺人の故意は主観となるから、本人にしか真相がわからない。その主観を客観的事実から証明するのが検察官の役割となっている。




例えば、犯行時に「〇ね」と言ってかかと落としをしたとしても、殺人の故意が認められるわけではない。



もちろん、故意の有無の判断の一つの要素となるが、それ以外にも、使用した武器の種類、攻撃した身体の部位等も判断要素となる。



「〇ね」と言いながらガラスの重い灰皿で頭部を打撃した場合と、「〇ね」と言いながらかかと落としという打撃した場合とでは、その評価が異なる。


ニュースでもナイフで人を十数カ所めった刺しにしておいて、「〇す気はなかった。」といっても「認められない」のと同じように、「とっさにかかと落としが出てしまった」と判断されれば、傷害致死で終わる。


いずれにしても、どう判断するかは検察側なので、並木正の今後には注目だ。





スポンサーサイト