小倉美咲の母親が怪しい理由の違和感 (4)



5月16日、小倉美咲ちゃん死因が公表され、事件の可能性が高くなったことが5chで話題になっている。




道志村の山中で見つかった肩甲骨について、山梨県警はDNA鑑定の結果、小倉美咲ちゃんの母親と一致したことを発表。小倉美咲ちゃんの肩甲骨が発見されたということは、腕、肩、背中、胸など、どこかを激しく損傷したという事だから、生存しているとは考えられない、という事までは誰でも想像できる。




だが、肩甲骨はそれ自体と周囲が非常に複雑な構造になっていて、様々な筋肉と繋がっている。つまり、肩甲骨(左右1対)のどちらかが欠損した時点で、左右どちらかの腕も存在できなくなっているということ。


100キロ近い自動車と衝突したならともかく、現地の映像を見ても、滑落したからといって、そんな激しい損傷をするとは思えない。


ggggg


つまり、第三者が置いたと考えるのが正しい判断。


今回は、小倉美咲ちゃんの不可解な死因で事件の可能性をメディアも報じ始めているので、事件の概要についてまとめてみた。




■目次

小倉美咲ちゃん死因は事件?
小倉美咲ちゃん第一発見者は何者?
小倉美咲ちゃん母親の怪しい行動

小倉美咲ちゃん死因は事件?



dsdsfffgfg


記事内容


2019年9月から行方不明になった当時7歳の小倉美咲さん。5月14日、山梨県道志村の山中で見つかった“右肩甲骨”が小倉美咲さんのDNA型と一致しました。現場を何度も訪れている元大阪府警の中島正純さんは「事故の可能性が非常に低くなったのではないか」と話します。一体なぜなのか。今後の捜査のポイントを含め聞きました。




中略


今後の捜査について山梨県警は「事件・事故の両面から捜索を続ける」と発表しています。



元大阪府警刑事 中島正純さん: 警察は事件と事故の両方で捜査をしているということですが、美咲ちゃんであると判明したと聞いて、私は事故の可能性が非常に低くなったのではないかと改めて思います。


なぜかというと、まず現場がすごく険しい。小さな女の子が1人で行くのは絶対に無理なような場所です。それと、行方不明になった直後に1700人態勢で大規模な捜索が行われているんですよね。その後も5千人以上で捜索しましたが、手がかりは一切見つかりませんでした。


万が一見落としがあったと考えたとき、私も刑事の現役時代に経験したことあるんですが、遺体が白骨化していくと服の中に白骨がある、靴の中に白骨があるという、いわゆる服を着た状態で中身が白骨するという現象が起きます。



ところが、今回は靴や靴下、そして服も発見されましたが、骨の場所とは全く別のところでした。靴下の中に骨であったり人肉というものもなかった。服の中にもなかったんです。 例えばクマとか動物に襲われたということであれば、おそらく見つかった服はもうズタズタに破れてると思うんですよね。そして当然血痕もついてると思います。



でもそういうことも全くありませんでした。そして当時、警察犬の臭いはすぐに途切れているんですね。それを考えるとやはり事故の可能性は非常に低いのではないかなと思います。





中略



元大阪府警刑事 中島正純さん: 例えばナイフで刺されたのであれば骨に刺し傷が残ります。そして動物に襲われたのであればひっかき傷が残ります。いろいろなことが司法解剖でわかり、死因がわかります。今後は、DNA検査などをして全ての骨が美咲さんのもので間違いないかというような捜査もしていきます。



TBSニュース





目次にもどる

小倉美咲ちゃん第一発見者は何者?





小倉美咲ちゃん第一発見者は何者なのか、どこのメディアも報じていないのでわからないし、第一発見者が犯人か?を考えているのは警察しか分かり得ない情報なので知りえようがない。


わかっていることは、第一発見者が小倉美咲ちゃん骨を発見した場所は、何度も捜索隊が探した場所であり、地元の人しか知らない山道を使って、発見場所に向かったということ。ほかのボランティアの人たちとは面識が一切なく、この第一発見者とはどこのメディアも接触できておらず、いったい何者なのか?という憶測が広まっている。


最初に出た骨は「誰のものかを鑑定するのも無理なほどに劣化していた」のに、靴はそこまでひどい経年劣化がなかった。


そして、毎日のように捜索していたのに、この第一発見者の報告から、立て続けにみつかる服や靴下も不可解。土は骨を溶かしてしまったり、微生物が骨に入ることにより鑑定結果を出す妨げになるようだが、靴だって劣化すれば色も褪せるし傷む。


また、母親は「靴に名前が書いてあった」と言っていたのに、発見された靴には名前は見当たらなかった。そこまで劣化のない靴なのに、名前だけが消えるなんてことはありえない。



この第一発見者は、謎が多すぎる。



今後は、寝屋川の事件の時のように、当日の行動を防犯カメラからその日の行動など何から何まで調べるのが警察の仕事。自腹で捜索に参加していたそうだが、何の面識もないのに、時間がたってから参加するほうも不思議だし、他のボランティアが知らない人が偶然に発見するほうがもっとも怪しい。メディアも登山者経歴、ボランティア経歴など調べるほうが普通なのに、いまだ、一切の情報が出てこないのは隠れているのではないか?。



今後の捜索も重要だが、犯人は現場に戻ると言うし、我々が知りたいのは「発見者の経緯」だ。




目次にもどる

小倉美咲ちゃん母親の怪しい行動


5chでは現在、4月28日放送された日本テレビ系「ミヤネ屋」の中継で小倉美咲ちゃん母親の怪しい行動の動画が注目されている。





この日のミヤネ屋は、小倉美咲ちゃんの骨が発見された一報を受け、母親がキャンプ場に訪れていた日。「ミヤネ屋」の中継で放送されたのだが、小倉美咲ちゃん母親が報道陣と談笑し、人差し指を上に突き上げて軽くジャンプした後に、笑った映像が放送され、物議を呼んだ。



管理人はこの日の放送を見ていないので、5chで報告されているこの日の母親の行動をまとめると、


・捜索隊との一緒に撮影

・休憩中の捜索隊と口論?

・報道陣と談笑する様子の映像

・生きていると信じているのに、子供の私物(着替え等)は持参せず

SNS発信だけでなく、現地での行動・言動も首を傾げる事ばかりが注目された。もちろん、いくら悲しい出来事とにあったとしても、一日中泣いているわけではないし、たまたま知り合いの報道陣と会話できたから嬉しかっただけかもしれないので、この行動を批判はできないが、変に注目されているので悪目立ちしてしまっている。


我々は報道でしか現地のことを知る事が出来ないので、こういった怪しい行動がみられると、母親が変に怪しまれてしまう原因にもなる。



管理人個人としては、母親よりも第一発見者の方が非常に怪しい。


いまだに、見つかった骨や衣類もピンポイントの場所は報道されていない。警察は事件と事故両面で捜索しているそうだが、警察も当然表に出していない情報がたくさんあるはず。


滑落と安易に決めつけている人は「子供なら登れる」という簡単な見解ではなく、それには疑問符がつくような事があるから事件・事故の両面捜索になっていることを理解しないといけない。



事実、5月16日現在の報道ではっきりと「捜査関係者によりますと、骨の状態などから行方不明になってからまもないうちに〇亡したとみられるということです。死因や行方不明後の足取りは明らかになっておらず、警察は事故と事件の両面で捜索を続けています。」とあったので、警察も威信にかけて捜索を続けているはず。


この小倉美咲ちゃん事件は、事故とは考えにくいのは確かだ。











スポンサーサイト