小倉美咲の母親が怪しい理由の違和感 (4)

5月25日、小倉美咲ちゃんの事件について、発見された骨が小倉美咲ちゃんのDNAと一致したことが公表され、5chで話題になっている。






小倉美咲ちゃんは、事件なのか事故なのか色々ネットで臆測が飛んでいるが、行方不明後まもなく〇亡したと警察は推定していることから、「誰かが置いた」可能性が出てきている。
また、事件当日の母親の不可解な言動や行動にも再注目されている。



もし、この事件に犯人がいて、計画的な犯行でなおかつ土地勘があれば素早く動ける可能性はある。


今回は、5chによる小倉美咲ちゃんの事件当日の概要についてまとめてみた。






■目次

小倉美咲ちゃんのDNA結果
小倉美咲ちゃんの事件概要と不可解な点
小倉美咲ちゃん母親の不可解な点


小倉美咲ちゃんのDNA結果



小倉美咲キャンプ仲間メンバーや別に犯人がいる可能性


記事内容

山梨県道志村の山の中でみつかった人の腕と足の骨について警察は行方不明になった千葉県の小倉美咲さんとDNA型が一致したと明らかにしました。



道志村の山の中にあるかれた沢ではこれまでに頭の骨の一部や肩甲骨、それに衣類などが見つかっています。


このうち今月11日に見つかった腕と足の骨の一部について警察は、鑑定の結果3年前に近くで行方不明になった千葉県成田市の小倉美咲さんのDNA型と一致したと明らかにしました。



なお警察は肩甲骨についても小倉さんとDNA型が一致していることからすでに小倉さんは死亡していると判断しています。一方、頭の骨と運動靴と靴下、それに長袖のハイネックについては個人を特定するだけのDNA型は検出されませんでした。


道志村の山の中でこれまでに見つかった遺留品の鑑定は全て結果が出ましたが、死因は特定できていません。



警察は少しでも多くの遺留品を家族に届けたいとして捜索を継続しています。

そして事故と事件の両面で捜査し亡くなったいきさつを調べることにしています。


山梨テレビ




目次にもどる

小倉美咲ちゃんの事件概要と不可解な点






小倉美咲ちゃん父親連れ子 (1)




小倉美咲ちゃんの捜索は当時、警察、消防、自衛隊やボランティア含め、約3000人がこのキャンプ場周辺エリアを大捜査している。


当時、小倉美咲ちゃん以外の子供達が小川で遊んでいて、それを小倉美咲ちゃんが追いかけていった経緯があったので、辿り着く前に水の事故にあったのでは?と付近の小川やダムを中心に捜索されていた。と同時に、山で遭難した可能性を考慮して山狩りも行われた。



広い深い山の中を、母親の証言や心当たりを中心に何キロ範囲で捜索は行われたが、遺留品は一つも見つかっていない。



靴や骨が発見された枯れ沢は、2019年9~10月に大捜索しており、当時はその上は大人でも登りにくく、危険だったために上がってないという。その年の10月の台風で、枯れ沢は土砂崩れのため地形が変わっていた。



今回、発見したボランティアの男性は「地元民でも知らないルートで、その枯れ沢まで行き、わざわざ上り、骨を発見」した。それをきっかけに続々と骨や遺留品が見つかった。



ここからは、小倉美咲ちゃんの不可解な点だが、靴などはほとんど経年劣化が見られないのに、現段階ではスボンや下着などは見つかっていない。



クマによる被害なら遺留品は多く残るし、滑落だった場合も同じこと。

例えば、性犯罪の被害に遭ったとしても、犯人が自分の証拠が残りそうな靴などを残し、他が発見されたら都合が悪い物だけ別で処分するのは考えにくい。



・一部の骨と遺留品が見つかったがそれ以外何も出てこない

・3年近く土砂や枯葉・台風などにさらされているのに、靴が綺麗であった

・靴の中に靴下が入っていたのに靴下の中に骨が無かった


これらの状況から考えるに、小倉美咲ちゃんは誰かに連れ去られ、骨や靴などを置きに来た第三者の犯人がいると考えられる。



なので、第一発見者であるボランティアの男性にも疑惑がかかっている。



管理人個人的には、小倉美咲ちゃんを誘拐した犯人が、「何らかの理由により、それまで所持していた遺体の一部と靴を、最近になって現場に置きに来た」のではないか?と思っている。なので、ボランティアの男性は、犯人ではなく「犯人の協力者、共犯者」ではないか?と推察している。



頭蓋骨と靴が発見された場所は、もう何度も捜索隊が探しまわった場所だし、地元の人しか知らない道を数回しか参加したことがないボランティアの男性が知っているのも変だし、靴がきれいなままで見つかっているのも奇妙。



まとめると、小倉美咲ちゃん事件の犯人は、「小倉美咲ちゃんが、〇んだことにしないといけない状況にある人物」ということになる。






目次にもどる

小倉美咲ちゃん母親の不可解な点



小倉美咲ちゃん父親連れ子 (1)




ネットでは、小倉美咲ちゃんの母親を擁護する人は多いが、小倉美咲ちゃんの母親が事件当時にしっかりと情報を公開しなかったことが警察の初動捜査が遅れてしまった原因にもなっている。


だからと言って、母親犯人説はない。


その理由は状況や時間的に、あり得ないから。

だが、娘の探索中に店の宣伝したり、髪の毛脱色したりと、本当に娘がいなくなった事を悲しんでる母親に見えなかったことが世間から批判を浴びてしまっている。しかも一緒に参加していたキャンプ仲間も捜索に協力的ではない。その状況は気の毒だが、やってる事がすべて空回りしている。



事件当時の5chでは、母親に恨みをもった知人が母親への誹謗中傷を行っている。(真相は不明)
小倉美咲母親いじめ (1)
小倉美咲母親いじめ (2)



なので、5chでは「小倉美咲ちゃんの母親に恨みがあり、キャンプ場ではじめから誘拐、〇害を計画していた」身内説が多い。



また、5chで注目されてるのは、小倉美咲ちゃんと思われる「足跡」。

足跡らしきものが発見されたのは、行方不明2日後。当時、行方不明時の服装などは公開されていない頃。発見したボランティア男性は、取材で「大きさは20センチいくかいかないくらい」と答えていたが、なぜそれが美咲ちゃんの足跡と分かったのか?



ちなみに靴のサイズと実際の大きさは数センチの差がある為、20センチ行くか行かないのサイズならもっと小さい靴である事になる。そう考えると、小倉美咲ちゃんの靴ではない。



この足跡の疑問について、5chで様々な考察がされているが、やはりこのボランティアの男性は「なにか隠している」という結論に至っている。




まとめると、5chの考察スレでは「人為的な何かがあった」と考えている。


普通に迷子なら途中で警察犬がにおいを追えなくなるはずないし、 仮に台風や大雨のせいでにおいが消えたのならば途中までにおいを追うこともない。 なので途中から誰かに連れ去られたのだ。


その人物は、土地勘があって計画的に犯行に及んだのだとしたら、キャンプ場に何度も足を運んだことがあるキャンプ仲間ではないのか?




いずれにしても、小倉美咲ちゃんの母親への誹謗中傷するのではなく、キャンプ仲間を徹底的に調べ上げるほうが、事件解決の近道になる可能性が高いだろう。







スポンサーサイト