谷口光弘の会社や逮捕


5月30日、コロナ給付金を約9、6億円だまし取ったとして、谷口梨恵容疑者を含む母子3人が逮捕された。その詐欺グループの主犯格で海外逃亡中の元旦那、谷口光弘容疑者が5chで話題になっている。



昨今の新型コロナウイルスの流行を受けて事業者への給付制度を悪用し被疑者が逮捕される事件が頻繁に起きているが、グレーゾーンとも言える申請内容が警察によって半ば強引に「クロ」とされたものあった。




コロナ関連の給付すること自体は特に「詐欺ではない」が、条件に見合ってると見せかける(欺網)があり、そこに給付金の配布(財産的処分行為)を受けることで詐欺が成り立っている。



本当に、谷口光弘容疑者は詐欺を行ったのか?



今回は、5chによる谷口光弘容疑者の会社についてまとめてみた。




■目次

谷口光弘容疑者の逃亡
谷口光弘の会社
谷口光弘の逮捕

谷口光弘容疑者の逃亡


谷口光弘の会社や逮捕 (2)


記事内容


一家4人で新型コロナ対策の持続化給付金300万円を不正に受給したとして、警視庁は30日、三重県内に住む会社役員谷口梨恵容疑者(45)と谷口容疑者の長男で職業不詳の大祈(だいき)容疑者(22)、次男(21)=事件当時19歳=の計3人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。

谷口容疑者の元夫で、長男と次男の父親の光弘容疑者(47)は海外に出国したとみられ、同容疑で指名手配した。


朝日新聞



目次にもどる

谷口光弘の会社






現時点で、谷口光弘の会社名は報道されていないが、地域掲示板「爆サイ」によると、株式会社SD〇という会社の代表取締役が今回逮捕された谷口梨恵の名前が明記されていた。そして、三重県松阪市にその関連会社である有限会社ユ〇バーサ〇フードがある。

谷口光弘の会社や逮捕

この会社は、インターネットを利用した通信販売業務(DVDをスキャンして登録し販売)を業務としており、その取締役に谷口光弘の名前があったので、家族で偽装した会社を作り、給付金を申請していたとも思われる。



同姓同名の可能性があるので、この会社とはまだ断定はできないが、谷口光弘が会社の代表として給付金詐欺を行ったとすれば、約9、6億円をだまし取ることは可能だろう。






目次にもどる

谷口光弘の逮捕





我々が気になるのは、谷口光弘を逮捕できるのかどうか。


犯罪を起こした場合、逃亡先が日本国内外にかかわらず、遺留された証拠物から捜査されるので、判明しだい指名手配される。


正規に出国した場合は、記録が残るので、それをトレースできる。



時効に関してだが、海外逃亡中はカウントされない。

よって、安易に逃亡する分にはあまり国内・国外は関係ないのではない。しかし、軽々に大陸に渡って陸路で移動し、情勢不安な国々を転々とすると、逮捕することが非常に難しい。



一般論でしか答えられないが、元嫁である谷口梨恵が逮捕されたということは、共犯である谷口光弘の身分事項や犯罪事実を警察が把握しているということ。また、海外に出国して入国管理局などに照会して、ある程度の居場所も把握しているのだが、その場合、その国の警察に委ねられてしまう。、基本日本国内でも現行犯を除き、逮捕できるのは「警察官」のみが持つ資格。


残念ながらこの条約を結んでいるのは、アメリカと韓国だけ。

もっと結ぶべきだと思うのが、北朝鮮みたいに引渡条約が無い国に行くと、一生捕まらないかもしれない。



犯罪人引渡条約を結んでいない国に逃げた場合には、現地の警察に逮捕を依頼することも出来なければ、日本の警察が逮捕に向かうことも出来ない。ただし、外務省を通じて現地の警察機関と司法機関に代理処罰という制度の適用を求めることは出来るが、必ずしも現地の裁判所が日本側が要求する内容の代理処罰を執行するとは限らない。それは、代理処罰はあくまで現地の刑法に則って執行されるから。


まとめると、谷口光弘の逮捕はかなり難しい。

谷口光弘はここまでやると敵ながら天晴れな逃亡ではあるし、騙された役所に責任を通級するしかない。





スポンサーサイト