郡道美玲が病気メニエール病 (1)


6月16日、「にじさんじ」所属のVチューバー郡道美玲の中の人が自身のSNSで病気のメニエール病になったことを公表し、5chで話題になっている。



にじさんじの郡道美玲は、5chでもかなり粘着質なアンチが多い。

炎上経験のあるライバーは結構いるが、たいていが短期的に爆発的な炎上をする傾向にある。しかし、郡道美玲は緩やかながらも長期的に炎上している。



つまり郡道美玲の動画というだけで低評価を押す勢力が存在しているほど。
低評価数が目に見えて多いと新規の参入がしにくくなるので、郡道美玲は精神的に悩んでいた。



今回は、郡道美玲がメニエール病になった炎上事件とはなにか、5ch情報をまとめてみた。




■目次

郡道美玲がメニエール病を公表
郡道美玲がなったメニエール病の原因
郡道美玲のクズ発言で炎上事件とは

郡道美玲がメニエール病を公表



郡道美玲が病気メニエール病 (2)


記事内容

チャンネル登録者数42万人を誇る人気Vチューバ―の郡道美玲が16日までに自身のチャンネルとツイッターを更新。メニエール病を発症したことを明かした。



郡道美玲はゲーム実況、授業動画などで人気を博し、動画の総再生回数は7000万回を超える。



9日夜にめまいと吐き気の症状がひどくなり、救急搬送。4年前にも発症したメニエール病と再び診断されたという。
左耳が「全然聞こえてない」状態で、15種類の薬を服用しているが、今後も活動は続けていくという。



ツイッターでは「誹謗中傷はまだライン引いてあるけど、『難聴設定(笑)』とか『病気なのに何で配信できるの?嘘でしょ』とか病気への理解があまりに無く、同じメニエール病で苦しむ人の社会生活まで脅かし心苦しくさせるコメント等はどこで見掛けようが一発でライン超え認定して法的措置取りますので宜しくお願いします」と警告。



「同系統の突発性難聴などで配信諦め引退したVtuberも沢山居て、それについて未だ傷の癒えないファンも居て、配信内で『郡道は配信続けたのに〇〇は辞めたよね』みたいなコメントが絶対に嫌だとお伝えしたように病状と耐性は人それぞれだよ」とつづり、理解を求めた。





スポニチ



目次にもどる

郡道美玲がなったメニエール病の原因






メニエール病という病気は、若い女性がストレスでめまいを起こす病気であり、ストレスや精神的な不安定になると引き起こしやすい。



しかし、あくまで一定の傾向にあるだけで、実際の因果関係ではない。


医師側も説明が不十分で、ストレスが原因だと誤認させることがあるけど、謎が多い現代病の一つ。例えば「ストレスの多い方ほど、唇を噛みしめる傾向がある」というような「傾向」であれば、メニエール病と診断される。



ただし、ストレスが全く無くても本人のクセで噛みしめる方も一定数いるので、ストレスの程度と噛みしめの有無は比例関係しない。結局、ストレスが原因で噛みしめる人もいれば、ストレスとは全く関係の無い噛みしめも存在することになるので、一概にストレスが因果関係だと断ずることはできない。



ただ郡道美玲の中の人は、かなりエゴサをする人のようで、 自分についてちょっとでも良くないイメージを呟いた人は即ブロックするという事は5chで知ってる人が多い。




前に夢追「サクラ発言」で郡道も炎上した際、夢追推しのリスナーがTwitterで「最推しはここまで真摯な態度で示しているのに、なんであの人だけなにもお咎め無しなんだろう、理不尽だ(意訳)」というようなツイートに対し、郡道美玲は「このツイートについてなんですがどういう意味ですか?よければ説明します (意訳ですがこのような絵文字付き)」のような文章をdmで送っている。


郡道美玲が病気メニエール病 (1)



エゴサに引っかかるような「サクラ」や「謹慎」などのワードすら入っていないのにどこからか勝手に見つけて、わざわざ喧嘩売りにいった郡道美玲は、かなり神経質な性格。


なので、もともとメニエール病にかかりやすい性格だったのかもしれない。




目次にもどる

郡道美玲のクズ発言で炎上事件とは





にじさんじのライバーである郡道美玲は、検索サジェストに「嫌い」と出現するほど、アンチが多い。



郡道美玲の炎上に関して、は元々口が悪くて暴言とかよく使っていたのが原因ではあるが、その個性のおかげでファンも増えた。


ただ、そういったアンチに反応しやすい性格の為、アンチたちの格好の餌になっている。

また、ちょっとした発言の間違いとかを切りぬかれたりすることが多く、それがあたかも問題発言のように取り上げられてしまうことが多かった。



その代表的なのが「中の人と演じているキャラが違うのは当たり前」発言と「自分サクラやっていたことあるんですよね」発言。




どちらも前後の会話さえ聞いてれば、言葉のままには受け取らないような発言ばかりだったのだが、アンチによって発言のところだけ切りぬかれ炎上した。


サクラ発言とは、郡道美玲の中の人が「やっていたバイトはサクラ」発言問題の後に発覚した問題で、夢追いはちゃんとこの発言を謝罪して数日間の謹慎をしていたのが、郡道美玲は一切謝らず「動画を最初から見ればサクラではなくチャットレディーとサクラを間違えて言ってしまったと分かるはず」と発言し、夢追は謝罪したのにと、郡道美玲はさらに炎上した。




このように、郡道美玲が元々口悪いというのも問題ではあったが、アンチが炎上行為の謝罪等々を要求してくるアンチ並びにファンをブロック並びにTwitterで晒上げたうえで批判コメントを多数投稿し、更に炎上が膨れ上がってしまった。



その為、アンチだけではなく、一部のファンからも郡道美玲はかなり嫌われていた。


今回の郡道美玲のメニエール病を悪化させた原因が、この炎上騒動だけではないだろうが、SNSでの発言やツイートにはかなり敏感になっているので、しばらくネットから離れるのが一番いい解決方法だろう。




スポンサーサイト