ハシモトホームパワハラ課長名前は誰か (3)



6月21日、青森のハシモトホームという企業のパワハラが報道され、ネットで話題になっている。





パワハラが原因で自〇させてしまったとして、パワハラを認めない会社側の真意はわからないが、直接教える立場だったこのパワハラ課長は許されない。



パワハラとは、人格否定のいじめのようなもの。



だが、会社側は、せいぜい「労働基準法違反」。なので、社長や上司など「個人の罪」では無い。



パワハラは、「法人」の罪か、「個人」の罪か、それと「殺人罪」なのか、それとも「刑事事件」なのか「労働基準法違反」なのか。



今回は、ハシモトホームパワハラ課長名前が特定できているので、5ch情報をまとめてみた。


■目次

ハシモトホームのパワハラとは
ハシモトホームのパワハラ課長は誰?
ハシモトホームのパワハラ課長は刑事事件になる?

ハシモトホームのパワハラとは





ハシモトホームパワハラ課長名前は誰か (2)

記事内容


青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。遺族は20日、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。



原告側によると、関係会社も参加した18年1月の新年会で、男性は課長が作った「症状」と題した書面を渡された。「今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」「陰で努力し、あまり頑張ってない様に見えてやはり頑張ってない」などと書かれていた。



河北新報




目次にもどる

ハシモトホームのパワハラ課長は誰?





ハシモトホームのパワハラ課長クラスの名前は、ハシモトホーム公式ツイッターで公開されいたので、すでに5chで特定されている。


ハシモトホームパワハラ課長名前は誰か (1)


この二人は、ハシモトホームの役職ポストについたので、パワハラ課長の可能性は高い。ハシモトホームTwitter公式アカウントは非公開になっているが、このパワハラ報道以降、アカウントを非公開にしているため、どちらがパワハラをしたのかは不明。





問題は、パワハラ自〇との関連性について。
もし、この記事を読んで、パワハラで悩んでいる方がいるなら、本当にパワハラの状況が100%受けている証拠が必要。冷静に対応し、絶対必要なこと。



パワハラの内容にもよるが、損害賠償請求は絶対に必要。

ようするに「金銭解決」であり、労働基準監督署で相談し、「あっせん制度」について、監督署に足を運ぶことをお勧めする。





目次にもどる

ハシモトホームのパワハラ課長は刑事事件になる?





このパワハラは、上司が殴る、蹴る、物を振り上げる等をしていたのかどうかにもよるが、仮に会社の利益のためにおこなった行為だったとしても(暴力行為が会社の利益のためになるなんてあり得ないが)理由はともかく、傷害罪は立派な刑法犯。





パワハラは、 実際に刑事事件で裁かれることを聞くのが少ないのは、立件するのが難しいから(警察も「現行犯」じゃないと動かないと言うようなことを聞いたことがある)。




また、労働基準法違反だったとしても、事件ではないので「警察に相談してください」と言うだけで、実際にはどうしたかは追求しない。つまり、上司から暴力を振るわれケガでもしたら警察が黙っていることが出来ない。(暴力行為によるものと判断される医師の診断書でも持って行ければ良い)。





今回のパワハラは、証拠があるので、自〇との因果関係は立証するだろうが、刑事事件としては難しいかもしれない。





スポンサーサイト