静岡 下田富士屋ホテル事件 (4)


2022年7月11日放送、TBS系列「口を揃えた怖い話」



静岡にある呪われた廃ホテル「下田富士屋ホテル」の事件について特集。
静岡県の取り壊された廃ホテル「下田富士屋ホテル」は、大きな事件事故が原因で閉業したのではなく、時代の流れとともに廃れていってしまったホテルといわれているが、現在もなお有名な心霊スポットとして多くの若者が訪れるという。



放送では、あばれる君が「下田富士屋ホテル」に事件や心霊現象が起きるのか?検証されるが、下田富士屋ホテルは本当に心霊スポットなのか?



今回は「下田富士屋ホテル」が心霊スポットになってしまった事件概要についてまとめてみた。




■目次

下田富士屋ホテルとは
下田富士屋ホテルの心霊
下田富士屋ホテルの事件

下田富士屋ホテルとは


静岡 下田富士屋ホテル事件 (2)


下田富士屋ホテルとは、静岡県下田市にある廃ホテル「下田富士屋ホテル」


1960年代、東京を中心にホテル建設ブームが起きる。国際観光事業の振興をめざした政府も、政策的にホテル投資を促進し後押し「第一次ホテルブーム」と呼ばれ、「銀座東急ホテル」(1960)、「ホテル・オークラ」(1962)、「東京ヒルトン」(1963)等がこの時期開業した。


横浜には、明治の「グランドホテル」の伝統を継いだ外国人客向けホテルの名門「ホテルニューグランド」(1927開業)があり、東京にできたこれら新ホテルのネーミングにもこの「ニューグランド」の影響がある。



「下田富士屋ホテル」もこのブームにより開業した。



最盛期は予約で多くの宿泊客が訪れたが、ホテルブームの衰退、バブル景気が終わり、経営不振となり、1997年頃に廃業。


下田富士屋ホテルのオーナーは存在し、公表されていないが、現在は解体費用などが掛かるため、放置状態。当然管理者もいなく、心霊スポットとして、ユーチューバーや若者たちが多く訪れているので、地元住民の間で問題になっている。



静岡 下田富士屋ホテル事件 (3)



目次にもどる

下田富士屋ホテルの心霊



静岡 下田富士屋ホテル事件 (1)



5chなどの情報では、下田富士屋ホテルの心霊現象が多く報告されている。


例えば、下田富士屋ホテル4階に「神子元38号室」という名称の部屋から、深夜女性の鳴き声が聞こえてくるとか、 現在も置いたままにされている黒髪の日本人形の髪が伸びたり、動いたりするなど。



人の管理が行き届いている建物と、そうでは無い廃墟では、当然起きる現象も違ってくる、或いは同じ現象でも頻度が違ってくる。



それを劣化として扱うか、「霊現象」として扱うかの違い。
ただ、物理現象である場合がかなり多いだろうと管理人個人は考えているが、下田富士屋ホテルで起きたとされる心霊現象は報告されている。






目次にもどる

下田富士屋ホテルの事件



静岡 下田富士屋ホテル事件




管理人が調べた結果、下田富士屋ホテルに心霊スポットとなる事件という事件は過去に起きた記述は見つからなかった。


例えば、宿泊客が失踪したまま帰って来ない(当然死亡の可能性大。借金や犯罪逃走でのケースが多い)既にホテル内で死亡したが訪問者がなく、気付かれない。



これら事件と呼べるものすべて下田富士屋ホテルは該当しなかった。
ちなみに下田富士屋ホテルのオーナーはいるが、解体費用がないため、放置しているという。


このオーナーがいなくなったときに、相続する者が居ない。
建物や土地は借金の抵当になっているが(建物が破産に入っている場合、金になる物はオークションで金に替えて、株主債権者に分配されるが、金にならないものは放置)不動産屋に建物を備品ごと売りに出したが買い手が付かず、年月が経ってしまう。


更に建物の老朽化が激しく解体費用も捻出できない。

解体して更地にし売却しても売却益がマイナスになり、固定資産税を払い続けた方が安上がりで済む。建物に心霊現象、死等の噂が絡んでいると備品搬出の業者も付かない。




なので、オーナーもどうすることもできない状態。




おそらく、廃ホテルだったため、心霊スポットとして、youtubeや掲示板で紹介されたことが、ちょっとした心霊スポットブームになってしまっているようだ。



こういった「心霊スポットに度胸試しに若者が訪れる」ことで、事件は起きている。


数年前には富山県で心霊スポットへ行った若い女性2名が行方不明になったまま。他にも暴行された、金品を奪われたという事件も毎年、起きている。



毎年、夏にはこういう心霊スポットを狩場にしている強〇、強盗、かつあげグループも存在していた。なにしろ、今やブログ・サイトでターゲットを集める事も情報収集も簡単。だから、なるべく行かない方がいい。




ただ、一応、騒いでいるところのほとんどが廃墟系で殺人現場などはなるべく避けている傾向があるみたい。



自〇や殺人現場などの土地のほとんどはたて壊し、新たな建物が建っていたり、リフォームされて全く別室、別家になり利用されている事がほとんど。そういう訳で心霊スポットマニアでもそういう配慮がなされているケースが多い。




何が言いたいのかというと、心霊スポットに行くことで事件に巻き込まれるということ。下田富士屋ホテルに心霊がでるかどうかは不明だが、あえて行くことはやめた方がいい。






スポンサーサイト