逃走中やらせ証拠 (4)

8月28日放送、フジテレビ系「逃走中」2022猛獣の島




初の舞台化された逃走中が今夜放送。
逃走中は、限られたエリアの中で、ハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるゲーム。決められた時間を最後まで逃げ切ることができれば高額賞金が手に入る。




賞金が絡む逃走中は、毎回のように炎上する。


炎上してくれる芸人が終盤に盛り上げるため、悪態をつくなどの見せ場を作るので、ある程度は仕方がないのだが、それを「イメージ商売」をしているアイドルなどにさせるとイメージの悪化など嫌な炎上の仕方をする。



今回の逃走中2022は誰が炎上するのか?


今回は、逃走中で過去に行われたやらせの証拠や炎上原因についてまとめてみた。



■目次

「逃走中」2022猛獣の島とは
逃走中やらせ証拠
逃走中で炎上?

「逃走中」2022猛獣の島とは




記事内容

フジテレビ系バラエティー『逃走中~上陸!猛獣の島~』が、28日午後7時より放送される。



今回の舞台は、南国の雰囲気漂うリゾート地、太平洋を望む「初島」。ゲームのカギとなるのは島民たちとの協力。民家の中も逃走エリアとなり、かつてない逃走劇が繰り広げられる。さらに、突じょエリアに猛獣たちが出現し、島を巻き込んだ大騒動に発展。逃走者たちが大パニックに陥る前代未聞のトラブルが発生する。  



今回、ゲームに挑むのは20人の逃走者たち。
11人組グローバルボーイズグループ・INIから、池崎理人(※崎はたつざき)、佐野雄大、西洸人の3人が初参戦。運動神経抜群の3人がハンターに挑む。さらに、櫻坂46一期生の小林由依が普段は見せない表情をさらけ出す。  


スポーツ界から参戦するのは、2人の金メダリストたち。北京オリンピック・スキージャンプの小林陵侑と東京オリンピック・女子ソフトボールの山田恵里は、高い身体能力で攻略を目指す。


そして、お笑い界からは、注目の若手など多彩な顔ぶれが出そろった。
リベンジを狙う、おいでやす小田、『逃走中』ファンのこがけん、賞金に目がないザ・マミィの酒井貴士、本格派漫才師の和牛・水田信二、四千頭身の後藤拓実、さらに、ギャル芸人のエルフ荒川、元自衛隊のやす子と、クセのスゴいメンバーばかり。いったいどんな逃走劇を見せるのか。



また、仮面ライダーセイバーを演じたイケメン俳優・内藤秀一郎、2.5次元俳優としても再注目されている高野洸も初参戦。そして、高野と共にDream5時代「ようかい体操第一」でブレイクし、現在は女優やグラビアで活躍中の大原優乃も挑む。2人は協力し合い、“ドリーム”をつかみ取れるのか。そのほか、バラエティーで活躍する人気モデル・工藤美桜やみりちゃむ、チャンネル登録数205万人のYouTuber・タケヤキ翔も初参戦する。


オンラインニュース



目次にもどる

逃走中やらせ証拠





なぜ逃走中が「やらせ」と言われているのか?




5chでは、時間内に収まるシナリオ、カメラマンはスルーする、ターゲットが見えたときだけ反応する、という『ルール』がやらせとして見られている。



番組を盛り上げるための多少の『演出』はどの番組にもあるが、ミッション系が解けるかどうかは、番組側が操作したら「やらせ」に見られてしまう。




2020年の年末に放送された『逃走中』で決定的なやらせの証拠があった。

この時、逃走中の出演者はHIKAKIN、藤田ニコル、ラグビー日本代表の福岡堅樹を含めた18名で、東京の沿岸エリアにある巨大商業施設を貸し切って行われた。放送では、福岡選手が残り2分になってハンター3体に囲まれ確保、お笑いコンビ『ミキ』の昴生が優勝している。



しかし、この放送内で福岡選手が打ち込んだ「暗証番号」がおかしいと話題となった。


逃走中やらせ証拠 (3)

この暗証番号というのは「ハンター放出を防ぐために入力」する場号なのだが、これに福岡選手は暗証番号「896」が表示され、 福岡選手は暗証番号を打ち込んだが、表示された数字は「869」。



モニターに表示された画面と、福岡選手が打ち込んだと思われる番号が異なっていた。暗証番号が間違っているのに、ミッション成功と表示され、結果的にハンターの放出を免れた。

逃走中やらせ証拠 (2)


つまり、これは当初からこのミッションを成功させるつもりだった「やらせ」の証拠となってしまった。




他にも逃走中は、「ミッションギリギリクリアが多い」「残り10分からどんどん捕まりだす」「目玉的な逃走者は終盤まで残りがち」など、やらせと思えるような演出も多い。



番組なので、必ず台本はある。
逃走中といえば「逃走成功するシーン」が一番の見どころなのだから、それを無くしてしまう(ゲームオーバー)とやはり見る側としては盛り上がらないので、やらせをしないとそもそも逃走中の継続が危ない。




なので、「やらせ」に近い演出があるのは間違いない。





目次にもどる

逃走中で炎上?


逃走中やらせ証拠 (1)


逃走中は毎回のように自首して、逃走者に迷惑をかけるとその逃走者が炎上することが多い。昔は、とろサーモン久保田の自首やドランクドラゴンの鈴木は有名だが、別に自首してもいいルールなので何も問題はない。



2022年元旦に放送された逃走中では、春日とアンガ田中、ヒコロヒーが、復活か賞金アップかを投票するミッションで「賞金アップのために全力で動いていた」ことで炎上した。ちなみに、この時も出演していたとろさーもん久保田は炎上に懲りたのか、全く動かなかったのに一緒になって批判された。




なぜ逃走中は炎上するのか?



炎上は手っ取り早く注目を集める手段。
自虐ネタみたいなもので、特に「賞金を楽してゲットし、一人勝ち逃げしよう」という欲望をのぞかせた時に炎上する。そもそも自首を批判している人は、「芸人(実際は芸人以外にも多数出演しているが)が情けない事するな」と言う考えをもっている人たち。



しかし、逃走中出演者の中には、芸人以外でも自首をする。

また、そもそも体力に自信がない出演者は、「ある程度の金額でいいから確実に賞金を獲りたい」という人もいる。そういう駆け引きも逃走中の面白い一面であるのだが、楽して賞金をゲットするのが不快なのかもしれない。


だが、ミッションを廃止してただ走り回るだけだと面白く無くなる。

しょせんTVのバラエティ番組であって、気の合う仲間たちのちょっとした鬼ごっこ遊びじゃないから、そういう駆け引きも逃走中の面白い一面であるのかもしれない。





スポンサーサイト