富山2歳児霊視1



8月29日、富山2歳児行方不明事件について、事件発生から10日が経過した現在、一切の手掛かりが見つかっていないことから、一部メディアで誘拐の可能性があることが報じられ、5chで話題になっている。




2歳児での自力で歩ける範囲は、限られている。
だが、誰かに連れ去られたというなら簡単には見つからないのは当然。見落としてるだけで近くにいればいいが、もし誘拐なら、本人の命に関わること。




今回は、富山2歳児行方不明犯人は誰か、5ch情報をまとめてみた。



■目次

富山2歳児行方不明とは
富山2歳児行方不明は誘拐で犯人がいる?
富山2歳児行方不明犯人で母親が怪しい理由

富山2歳児行方不明とは



富山2歳児霊視



記事内容

富山県高岡市で行方不明になっている2歳の男の子についてです。行方が分からなくなって27日でちょうど1週間、地元の住人なども加わって大規模な捜索が行われました。



行方不明から1週間、地元の人々が立ち上がりました。
27日の捜索は警察や消防に地元住民やボランティア延べ500人が加わったのです。



怜音ちゃんが最後に目撃されたのは20日午後6時40分、風呂上りでした。 母親が姉の髪を乾かしていた時に怜音ちゃんがいないことに気が付くと、勝手口のドアが開いていたというのです。


近くの公園を捜しましたが見つからず、110番通報。この時、午後6時47分。わずか5分ほどの間に怜音ちゃんの姿が消えたのです。その時間、富山県には大雨警報が出ていました。




自宅周辺の防犯カメラを見ると、1時間前の午後6時ころはまだ薄暗かったものが、行方が分からなくなった午後7時ごろ、雨は小康状態ですが、辺りはだいぶ暗くなっています。



すぐに警察と消防は捜索を開始。警察犬の捜査で怜音ちゃんのにおいが自宅から約500メートルの福田神社辺りで反応したというのです。 街灯の少ない暗い夜道を2歳児が500メートルも歩いたというのでしょうか…。

 

自宅から100メートルほどには用水路もあります。
捜索は当日と2日目は自宅周辺を中心に。3日目は範囲を広げてヘリで小矢部川流域を。船でその河口も捜しました。4日目には小矢部川のほか、中川や祖父川の捜索も行われました。これまでドローンや水中カメラも投入されるなど、26日までの7日間に延べ1400人が捜索にあたったのです。 そして、27日は水道局も捜索に協力しました。

警察は引き続き捜索を続けるとともに情報提供を求めています。

テレビ朝日




目次にもどる

富山2歳児行方不明は誘拐で犯人がいる?


富山2歳児の両親が怪しい父親が犯人 (1)




富山2歳児行方不明は現在もなお、ボランティアを含めた捜索隊が結成されているが、現地のSNSの情報だと、警察は誘拐の可能性を考え、当日の情報提供を呼び掛けているという

母親




その理由は、富山2歳児は交通事故に遭ったわけでもなく、誰かが保護してるわけでもなく、一番可能性が高かった用水路から何の手がかりも見つかってないということは、冷静に考えても第三者による連れ去り、誘拐の可能性しかない。



では、誰がいったい犯人なのか?




最後に目撃されたのは20日午後6時40分、風呂上り。
れおん君がいないことに母親が気が付き、勝手口のドアが開いていた。近くの公園を捜したが見つからず通報し、それが午後6時47分。その間、わずか5分ほどの間に姿が消えた。


母親は、すぐに警察に通報し、捜索を開始。
警察犬の捜査で、れおん君の匂いが自宅から約500メートルの福田神社辺りで反応したが、防犯カメラ及び、当日の目撃情報など一切の手掛かりが見つかっていない。



捜索は2日目までは自宅周辺を中心に、3日目は範囲を広げて、ヘリで小矢部川流域、船でその河口も捜索。4日目には小矢部川のほか、中川や祖父川の捜索も行われ、最大300人態勢でこれまでドローンや水中カメラも投入される。



これだけの捜索をしたのなら、側溝や草むら、公道は、人海戦術で探しきっただろうし、消去法で考えれば、あとは近隣の私有地の中か、車で誘拐されたかのどちらかしか考えられない。




もし誘拐なら生きてる可能性はあるが、それ以外なら生存率は低い。
警察も手がかり一切なしだと規模縮小はなかなか出来ないので、近所の承諾を得て、一軒一軒地道に探す方が早い解決に近づけるかもしれない。






目次にもどる

富山2歳児行方不明犯人で母親が怪しい理由




富山2歳児の両親が怪しい父親が犯人 (3)




一週間で相当人数が捜索に加わり、屋外の人が入れる行ける場所は大体見尽くしたと仮定しても一切の情報が見つからないなら、「入れない、行ってない場所にいる」というのが自然と可能性に出てくる。


やはり、ご近所含めて再度聞きとりや敷地内か屋内も視野に入れるのも一つの手。
捜索協力で「敷地内は来るな」という人も今更いないだろうし、いたら逆に怪しい。なので、私有地の捜索も視野に入れるべき。



これは、近隣住民が犯人と決めつけるわけではなく、犯人の可能性をつぶすための処置。

母親が5chで怪しまれている最大の理由は、捜索5分程度で警察に通報したこと。もっと自分で捜索してから通報するのでは?という意見が多いが、家の裏側には柵も無い小川があり、当日は豪雨であったこと、大人でも危険川に流されたと直感で思ったのであろう。



この両親にはいろいろな説がネットにあるが、当日の天候、家付近の用水の大きさと近さと多さ、なかなか見つからないこと、警察犬の動き、付近の治安状況、から「川に流された可能性が高い」と考えるのは妥当。

なので、母親もそう判断して、警察にすぐに通報した。

5chでは誘拐説、身内犯行説等、両親の不仲説まで流れている。

管理人個人的には、至ってシンプルな事故だと思っている。当日が大雨だったこと、近くには用水路が張り巡らされていたこと、からすると、やはり用水路に落ちて流された可能性が高い。増水して流されていれば、かなりの下流を捜索しないといけない。


誘拐なら逆に生存している可能性が高くなるので、犯人捜索を優先すべきだ。






スポンサーサイト