fns歌謡祭2022嵐の放送事故2011真相 (3)


12月7日放送、フジテレビ系「fns歌謡祭」2022




フジテレビの夏の大型音楽番組「fns歌謡祭」2022が今夜放送。
「fns歌謡祭」といえば、基本的に生歌なのだが、ジャニーズや某女性歌手グループ、韓流など複数人で歌う歌手は口パクが多い。レコーディングの音もかなり修正入れたりして工夫しているそうなので、口パクは別に問題ではない。



生歌だったとしても人数多いからごまかせるだけで、グループでやってるそれなりの歌手は放送事故になってしまう。




それなのに、2011年のfns歌謡祭で嵐の放送事故はいまだに語り継がれているのか?





今回は、fns歌謡祭で放送事故となった嵐の真相について5ch情報をまとめてみた。



■目次

fns歌謡祭2022タイムテーブル
fns歌謡祭で嵐の放送事故
fns歌謡祭で嵐の放送事故の真相

fns歌謡祭2022タイムテーブル





フジテレビ系できょう7日放送の音楽特番『2022FNS歌謡祭』第1夜(後6:30~11:28)のタイムテーブルおよび全アーティストの楽曲名が公開された。2週連続放送の第1夜は、番組の象徴でもある東京・グランドプリンスホテル新高輪・飛天からの生放送が3年ぶりに復活。司会は相葉雅紀と永島優美アナウンサーが務める。


・『2022FNS歌謡祭』第1夜タイムテーブル

▼午後6時半
JO1「Last Christmas」
柴咲コウ「TRUST」
DA PUMP 「DA FUNK」
THE BEAT GARDEN「Start Over」
松平健「マツケンサンバ」
milet「Walkin’ In My Lane」
森高千里×乃木坂46「ジンジン ジングルベル」
LA DIVA(森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレイン)「Dynamite」



▼午後7時台
KinKi Kids「クリスマス・イブ」
工藤静香×水樹奈々「禁断のテレパシー」
劇団四季『美女と野獣』「ビーアワゲスト(おもてなし)」「美女と野獣」
GENERATIONS「花」
SUPER BEAVER「言葉にできない」
高畑充希「One more time,One more chance」
田中誠人×ちいかわ・ハチワレ「ひとりごつ」
DA PUMP×ガチャピン・ムック「U.S.A.」
NiziU「Step and a step -Light it Up ver.-」
秦基博「風のゆくえ」
氷川きよし「限界突破×サバイバー」
松下洸平×生田絵梨花×宮本笑里「SWEET MEMORIES」
水谷豊「カリフォルニア・コネクション」
Mrs. GREEN APPLE「私は最強」



▼午後8時頃~
井上芳雄×ジュンス「僕こそ音楽」/『モーツァルト!』、「闇が広がる」/『エリザベート』
THE ALFEE×ダチョウ倶楽部&土田晃之「星空のディスタンス」
柴咲コウ「銀の龍の背に乗って」
Snow Man「JUICY」
SEVENTEEN「DREAM」
DISH//「五明後日」
なにわ男子×ゆず「サチアレ」
乃木坂46「ここにはないもの」
森高千里×蒼井翔太「私がオバさんになっても」
薬師丸ひろ子「ステキな恋の忘れ方」
LiSA「一斉ノ喝采」



▼午後9時頃~
Official髭男dism「Subtitle」
King & Prince「ツキヨミ」
倖田來未×増田貴久(NEWS)「愛のうた」
ジェジュン×宮野真守「for you...」
高畑充希「青春の続き」
刀剣男士 team江「STARTING NOW」
NiziU「Blue Moon]
藤井フミヤ×Sexy Zone 中島健人・菊池風磨「TRUE LOVE」
三浦大知×満島ひかり「上を向いて歩こう」
水樹奈々×NEWS「絶対的幸福論」
優里「おにごっこ」
LiSA「炎」



▼午後10時頃~
KAT-TUN「ゼロからイチへ」
木梨憲武「No Limit feat.AK-69」
KinKi Kids 「Amazing Love」
工藤静香「空と君のあいだに」
KOH+「最愛」「ヒトツボシ」
J-JUN with XIA(JUNSU)「六等星」
Snow Man「勝手にしやがれ」
SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」
Sexy Zone「Trust Me,Trust You.」
秦基博「残影」
浜崎あゆみ「appears」「Who...」
氷川きよし「さよならの向う側」
Mrs. GREEN APPLE「ダンスホール」
三浦大知「Backwards」
満島ひかり×會田茂一×長岡亮介「ひこうき雲」
ゆず「RAKUEN」


オンラインニュース



目次にもどる

fns歌謡祭で嵐の放送事故



fns歌謡祭2022嵐の放送事故2011真相 (1)

fns歌謡祭史上最大の放送事故といわれているのが、2011年12月に放送されたFNS歌謡祭。


当時の司会はSMAPの草彅剛が務めるなか、人気絶頂だったジャニーズの嵐が出演するときに事件が起きた。



嵐の出演する前に、コラボ企画で葉加瀬太郎などが登場した際、歌声が聞こえないトラブルが発生。音声トラブルで、音声がものすごく小さくなってしまったことで、視聴者にはしばらく無音状態となってしまった。



しかし、映像はそのまま嵐に切り替わり、嵐は「口パクで流れるはずの音楽が流れていない」ことに気付いたのか、イヤモニ(歌手の方が歌うときに耳につけるやつ)を着けていなかった。また、マイクのスイッチが入っておらず、演奏が始まるも速かった。


fns歌謡祭2022嵐の放送事故2011真相 (2)


などの音声トラブルが原因で、嵐がまともに歌えない放送事故となってしまった。
管理人もリアルタイムで見ていたが、とてもじゃないけど放送を見れる状態ではなかった。 ネットでいう放送事故とは違い、本物の「放送事故」。



このことを受けて、5ch上では議論や検証がされた。


嵐はもともと口パクだからこういうことが起こると非難する意見もあれば、fns歌謡祭スタッフのミスとフジテレビを批判する意見、「トラブルが起こった中、嵐はよく頑張った」と擁護する意見もあった 後日フジテレビ側は正式に謝罪コメントを出したことで騒動が収まる結果となった。



目次にもどる

fns歌謡祭で嵐の放送事故の真相




週刊誌でも「この放送事故は故意に行われた人為的なもの」という記事があったり嵐のFNS歌謡祭の放送事故は「口パクのつもりが音響が流れなかったから飾りだけのマイクで歌い始めた」という記事もあった。



FNS歌謡祭は当時、「生歌が売りの音楽番組」だったので口パクはするとは思えない。嵐の歌だけが極端に聞き苦しかったようなので、音響のミスと考えるのが自然。



当時の放送事故はYouTubeにも残っているが、ちゃんと聴いてみたら、確かに声張ってて高音が出しにくそうだったし、音程を外したのは事実。実際に大野のマイクも入ってない。



これが故意ではなく、「放送事故」であるならば、事故だと認めて番組内で「音響に一部不手際がありました」という発言があってしかるべきだった。実際、嵐だけに限った事でなく、他の出演者の時にも音声のおかしい部分はあったので、それを含めて、生放送での謝罪をすべきだった。



放送後に音声トラブルをフジテレビ側が謝罪しても、最初から口パクだったという疑惑は残ってしまった。



管理人の推測だが、おそらく「迷宮ラブソング」を歌う時にもともと口パク予定だったのに、音が流れずあわてて生歌で歌って、主旋律の声のマイクが合わなかったように感じる。しかも、イヤモニ無しというのと、オーケストラの生演奏で音がとりずらい状況の中だったので音痴のように音程が取れなかった。


というのが、fns歌謡祭で嵐の放送事故の真相だろう。

ジャニーズは激しい振り付けが多く、ほとんどが口パクだし、踊りもあるし、このハプニングで頭が真っ白になっていたのかもしれない。



しかし、真相は本人や関係者たちにしかわからない。

嵐メンバーはこの放送事故について何も語っていないので、どういう状況で歌ったのか、憶測の範囲を越えるものはない。





スポンサーサイト