ゴチメンバー2022死亡や呪い (4)


12月29日放送、日本テレビ系「ぐるナイ」




ゴチメンバー2022のクビを生放送で結果発表。
今回は、クビが最大3人。その年に加入された俳優女優のメンバーがクビになるのが定番になっており、おそらく池田エライザと高杉真宙がクビ候補。残りの一人はノブ、増田、矢部の結果次第で、3人目のクビが決まる。


今回は、なぜクビメンバーが俳優や女優が定番になってしまったのか?5chで噂になっているゴチメンバー死亡や呪い、クビのやらせ疑惑についてまとめてみた。





■目次

>ゴチメンバー2022クビ候補
ゴチメンバーのクビはやらせ?
ゴチメンバー死亡や呪い

ゴチメンバー2022クビ候補





記事内容

 29日放送の日本テレビ系『ぐるナイゴチ23 クビは生放送で決定4時間半SP』(後7:00)では、「ゴチになります!23」最終決戦を行い、生放送でクビ発表する。今夜は大精算特別ルールで1位をとれば年間の自腹額がゼロに。自腹額100万円超えで最下位の池田エライザは「今日はマジで1位をとりに来てますから」と宣言する。




中略

ゴチレギュラーメンバー現在の自腹レース(12月29日放送前時点)

1位 岡村隆史17万8214円
2位 高杉真宙30万1354円
3位 矢部浩之72万381円
4位 増田貴久74万3914円
5位 ノブ74万4014円
最下位 池田エライザ100万8950円



オンラインニュース




目次にもどる

ゴチメンバーのクビはやらせ?





ごちになりますの出演メンバーは、俳優枠、女優枠が毎年のようにクビになり、入れ替わることが定番になっているため、5chではやらせ、最初からクビが決まっていた出来レースといわれている。




出演者のスケジュールを調べると、忙しさならノブがダントツの一位ではあるが、 本人の考えで、クビでなくても途中で辞めた船越英一郎、女優の二階堂ふみなど長期スケジュールが抑えられる俳優・女優はスケジュールがもともと決まっていたため、自ら辞退した。




どんな映像作品にも監督・ディレクターがいるので、ある程度の演出の範疇はあるだろうが、ゴチのクビに関してもその類は見える。




そもそも、ゴチは毎年のように最終決戦で逆転できる差になるのもおかしい。

ゴチは毎週やっているわけでないし、ゴチの収録も1日がかりで行われており、昼前くらいから、最初のオーダー・SP料理で2~3時間。それから休憩をはさみ、夕方方、残りを撮影している。(5chによるお店スタッフの情報)




ゴチは基本的に、1年間でスケジュールが抑えられているので、例えば、新メンバーだとしても、その収録時にスケジュールが合わないこともある。(その場合、代役で出演している) 普通はマネージャがその日は必ず、空けておくのだが、どうしても丸1日の撮影になると、途中で抜け出せないので、代役で対応してきた。





つまり、ゴチはやらせというより、番組自体がグルになって、「クビになるように」演出している。
ゴチメンバー2022死亡や呪い (5)



いい例が前回の本田翼で、ピタリ賞を取るほど、金銭感覚が優れていたのに、最終的にクビになってしまった。

でも、ゴチは、さりげなく、ビリになることに仕向けているので、やらせというより、最初から決まっていた出来レースの演出に近いのかもしれない。

ゴチメンバー2022死亡や呪い (3)



目次にもどる

ゴチメンバー死亡や呪い





ネットでゴチメンバーと検索すると「死亡」や「呪い」という不吉な検索サジェストが出現する。


なぜこのような「死亡」や「呪い」という不吉な検索サジェストが出現してしまったのか?管理人が調べた結果、ゴチメンバーだった大杉連氏が関係しているようだ。




ゴチメンバー2022死亡や呪い (1)

大杉漣さんは夜12時ころに腹痛を訴え、救急搬送されたものの、約4時間後にこの世を去った。公式には急性心不全と発表されたのだが、その急性心不全には謎が多かった。




ニュースでは急性心不全としか発表されていないが、重要なのはその心不全に陥った原因。腹痛が関係しているとなると、大動脈解離や心筋梗塞あたりも考えられるのだが、食中毒の場合、俳優、スタッフ陣で同じメニューを食べていた人が食中毒を起こしていない。ということを考えると、「大杉漣さんだけに毒物が入っていた」ということになるので事件性も考えられた。


また、大杉漣さんが亡くなった1週間前に、yahoo知恵袋に大杉漣の死亡をほのめかす投稿が亡くなる一週間前にあった。さらに直前には「まだ生きてる」という解答まであり、持病も無かったようなのになんでその人は死期を予言できたのか?と5chで話題となった。


ddd





その当時の5chでは、ゴチで自腹を支払った直後のニュースだったために「ゴチの呪い」という風評が出回ったことで、「ゴチの呪い」「ゴチメンバー死去」というワードが出現してしまったと思われる。




呪いが本当に存在するのかは不明だが、大杉漣さんが亡くなってから二名同時入れ替えが定番になっていることから、大幅メンバー入れ替えのきっかけにはなったのかもしれない。



スポンサーサイト