格付けチェックやらせ2ch証拠 (1)


1月1日放送、テレビ朝日系「芸能人格付けチェック」2023お正月スペシャル 





格付けチェックでやらせ証拠が新潮に報じられたGACKT復帰。
番組内でも説明されてるが、ガクトは連勝記録を伸ばしており、とても正解の信頼性が高く、そのガクトがもし仮に他の共演者と同じ部屋に入ってしまうと、その共演者の方が「これは正解なのでは?」と察してしまうほど別格扱い。




それを防ぐためにガクトだけ別室にしているのだが、新潮の記事でそのやらせ証拠を報じられたことで、ガクトは出演を辞退。真実は不明だけど、「ガクトは全部わかっていたもの」として見るのが妥当。





そして、相方を誰に選んだのか?で連勝記録が続くか注目されている。



今回は、格付けチェックやらせ2ch証拠やガクトの相方について、5ch情報をまとめてみた。


■目次

格付けチェック2023
格付けチェックやらせ2ch証拠
格付けチェック・ガクトの相方もやらせ?

格付けチェック2023




格付けチェックやらせ2ch証拠 (3)

記事内容


新春恒例のABCテレビ・テレビ朝日系「芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル」は今年も1日(後5・00~9・00)に放送される。歌手のGACKT(49)が2年ぶりに参戦。個人65連勝中だが、予告動画で「絶対に間違えないです」。未発表の相棒と記録の行方に注目が集まる。



一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感など6つのジャンルの格付けチェックに挑み、間違える度に「一流」→「普通」→「二流」→「三流」→「そっくりさん」、そして最後には「映す価値なし(画面から消滅)」とランクダウンしていく“格付けバラエティー”の決定版。


今回は初参戦が多い。上沼恵美子、西島秀俊、濱田岳、吉高由里子、EXILEのTAKAHIROとSHOKICHI、乃木坂46の梅澤美波と久保史緒里、フットボールアワーの岩尾望、ニューヨークの屋敷裕政と嶋佐和也が大舞台に挑む。

 
スポニチ




目次にもどる

格付けチェックやらせ2ch証拠



格付けチェックやらせ2ch証拠 (2)



週刊新潮が2019年にガクトの格付けにやらせがあったことを記事にしている。





記事内容

《誰が勝つか、あらかじめシナリオがあるんですよ。(中略)直接、答えを教えているということはないんでしょうけど、問題の傾向を教えていると聞いたことがあります。例えば、次回は盆栽の問題が出るといったようなことです》(『週刊新潮』'18年1月18日号)

https://www.jprime.jp/articles/-/16830





やらせかどうかは、内部(スタッフや出演者)告発でもない限り、わからないので、2chではこの関係者の証言をもとに報じられた記事がやらせの証拠になっている。



実際問題、味覚の問題に関しては、かなりガクトが優遇されている箇所が多かった。
例えば、 キャビアとトンブリとランプフィッシュの卵から、キャビアを当てる問題があったが、この3品なら食べたことがない人でもわかる。ランプフィッシュはもしかしたら間違える可能性もあるかも知れないが、問題としてはかなり簡単。




他にもワインや牛肉に関しては、良いものを食べ(飲み)慣れている人には、割と簡単な問題。


5chでも実際に松坂牛か、安い牛肉で偽装したニュースがあった時、実際に普段から買って食べた人が、味の違いに気づいて発覚している。勿論、味覚音痴な人もいるので、いつも良いものを食べているからと言って、全ての人が分かるわけではないだろうけど、経験から回答を導いているのは間違いないので、回答率も高くなるのは当然のこと。




ワイン、牛肉、演奏と、初めから出題が決まっていて、いつもおんなじ問題しか無いから、それだけで昔から出演しているガクトは有利。




他にも、和楽器と三重奏、盆栽に関しては、素人でもわかる。
すべてやらせ(答えを知っている)とは思わないが、「こういう問題が出ます」くらいの
事前情報提供はあったのだろう。なので、ガクトはある程度の知識を入れるなどの準備しているはず。専門分野・得意分野ではないところで、あの連勝はやはり不自然なので、やらせがあったと言わざるを得ない。






目次にもどる

格付けチェック・ガクトの相方もやらせ?


格付けチェックやらせ2ch証拠 (4)



2021年の格付けチェックでガクトが秘密にしてた相方は、倖田來未だった。

彼女は、全問正解したのでガクトが選んだ相方として格付けチェックの問題を突破する実力はあったのだろう。ガクトは、円形脱毛症になるほどストレスを受けながらも、ワインと牛肉は自分で特訓するほどこの番組に真剣に取り組んでいた。2022年はYOSHIKIが全問一人でこなし、一流を保ちハードルを上げてしまった。


2023年の相方探しに苦労したガクトも一人で挑戦せざるを得なくなる。



ガクトは、文春に仮想通貨トラブルなどが報じられているが、仮想通貨スピンドルの運営一味に入って17億荒稼ぎし、購入者全員には大損させた件で、無登録販売及び違法トーク問題及び、民事事件になる可能性がある。

格付けチェックやらせ2ch証拠 (1)


だが、それと格付けは一応無関係だし、その件に番組が触れる必要はない。

休止していた理由が体調不良であると発表がある以上、番組としては「休んでいた」としか言いようがない。今回の格付けは相方が誰なのか不明だが、やらせ問題より、人として全く映す価値が無い人間なのかもしれない。




スポンサーサイト